湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の黄ばみが生まれつきの人が歯を白くする方法とは?

歯の黄ばみが生まれつきの人は、ホワイトニングで歯を白くすることがおすすめです


歯の色は遺伝の影響を受けることがあると考えられています。

そのため、生まれつき歯の黄ばみが目立つという方も少なくありません。
とくに、黄色人種はエナメル質が薄いため、日本人はもともと歯が黄色い傾向にあるのです。

遺伝の歯の黄ばみは歯磨きでは白くなりませんが、ホワイトニングを行うことで白くすることが期待できます。

歯のホワイトニングではもともとの歯の色を白くすることが可能といわれています

物心ついたときから歯の色が黄色かった、もともと歯が黄ばんでいたなど、悩み続けてきたという方もいるでしょう。

歯の生え方や顎の骨格、歯並びなどが遺伝の影響を受ける可能性があるように、歯の色も同様です。

そのため、生まれつき歯の黄ばみがある方は少なくありません。

しかしながら、生まれつきの歯の黄ばみは歯磨きで白くすることは難しいです。
生まれつきの歯の黄ばみを改善するには、歯科クリニックで「ホワイトニング」という施術を受けるのが有効といわれています。

歯のホワイトニングは、歯表面に専用の薬剤を塗布することで歯を白くする方法です。

健康な歯を削ったり抜いたりする必要がない点がメリットの1つです。

ホワイトニングで用いられる薬剤には、過酸化水素や過酸化尿素が含まれていますが、これらは歯を痛めるリスクが低いとされています。

歯のホワイトニングには歯科クリニックで行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。

歯垢や歯石、汚れを除去する「クリーニング」と混同されがちですが、こちらはもともとの歯を白くする目的で行われていません。

歯の色は遺伝や人種によって違いがあります


歯の色は遺伝の影響を受けることもありますが、人種によっても差があると考えられています。

白人や黒人を見ればわかるように、日本人に比べると歯が白いという印象を受けるでしょう。とくに、黒人は肌の色との色合いから、より歯が白く見える傾向にあります。

これは、人種によって歯の質が異なることが要因です。

歯の神経である歯髄の上には「象牙質」があります。
象牙質は乳白色が一般的ですが、遺伝や個人差があるため、白い人もいれば黄色い人もいます。

象牙質の表面を覆っているのが、「エナメル質」と呼ばれる半透明の層です。
その性質上、象牙質の色を透過させるため、歯の白さは表面のエナメル質の厚みに大きく影響されます。

白人や黒人はエナメル質が厚いため、歯が白く見える傾向にあります。

一方、日本人を含め黄色人種はエナメル質が薄く歯が黄色く見えやすいです。

生まれつきの歯の黄ばみが歯磨きで改善できないのは、歯の色が象牙質やエナメル質によって決定されるからだと考えられます。

歯の色はシェードガイドによって表すことができます

その人がもともと持っている歯の色を白くするためには、歯のホワイトニングが効果的です。

歯には白さ(明るさ)の基準が設けられています。
歯の白さを測定する色見本のことを「シェードガイド」といいます。

左端に歯の白さが強い色見本、右端に歯の黄色さが強い色見本になっているシェードガイドが一般的です。

シェードガイドでは、歯の白さによってアルファベットと数字の組み合わせ番号がつけられています。

歯の白い方から順に、W1・W2・W3・B1・A1・B2・D2・A2・C1・C2・D4・A3・D3・B3・A3.5・B4・C3・A4・C4とされています。

アルファベットは色の種類を表しており、Wは白系統、Aは赤茶系統、Bは黄灰系統、Cは灰系統、Dは赤灰系統に分類されているのです。

一方、数字は色の濃さを表しており、数字が大きいほど色が濃い傾向にあります。

日本人の標準的な歯の色は「A3.5」であるとされており、他人から歯が白いと認識されるのはA1以上だと考えられています。

また、もともとの歯の色はW3以下であることが大半です。

歯のホワイトニングを受けることで、もともとの歯の色から1~4段階程度白くなる効果が期待できるでしょう。

(まとめ)歯の黄ばみが生まれつきの人が歯を白くする方法とは?

1.歯の黄ばみが生まれつきの人は、ホワイトニングで歯を白くすることがおすすめです

歯の色は遺伝の影響を受けるため、生まれつき歯に黄ばみがあるという方も少なくありません。

日本人は歯のエナメル質が薄いため、もともと歯が黄色い傾向にあります。
遺伝の歯の黄ばみはホワイトニングを行うことで白くすることが期待できるでしょう。

2.歯のホワイトニングではもともとの歯の色を白くすることが可能といわれています

歯の色は遺伝の影響を受けることがあり生まれつき歯に黄ばみがある方もいるのです。

生まれつきの歯の黄ばみは歯磨きで白くすることは難しいですが、歯のホワイトニングで白くすることが可能といわれています。
歯のホワイトニングはクリーニングとは異なります。

3.歯の色は遺伝や人種によって違いがあります

歯の色は人種によっても差が出ると考えられており、日本人は白人や黒人よりも歯が黄色く見える傾向にあるのです。
その理由は、歯の色を決めるエナメル質の厚さが人種によって異なるからだと考えられるます。

4.歯の色はシェードガイドによって表すことができます

歯には白さの基準が設けられており、色見本として「シェードガイド」というものがあります。
シェードガイドではW1が白い傾向が強く、C4が黄色の傾向が強いということです。
歯のホワイトニングを受けることで、1~4段階白くすることが望めるのです。

47
Return Top