湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の黄ばみを保険適用で白くすることはできる?

歯の黄ばみをホワイトニングで白くする場合、保険適用とはなりません


ホワイトニングは歯を白く美しくするという審美歯科の分野になります。
そのため、保険適用で施術を受けることはできません。

しかしながら、ホワイトニングを受けると、本来の歯以上の白さを実現することも可能といわれています。

歯の汚れを落とすクリーニングと混同されがちですが、こちらは保険適用される場合があるものの、歯を白くする目的で行われていません。

歯のホワイトニングは保険適用外の施術です

歯の黄ばみを改善するには、歯の色自体を白くする「ホワイトニング」という施術が有効といわれています。
歯のホワイトニングは歯の表面に専用の薬剤を塗ることで歯の表面を漂白する施術です。

ホワイトニングを繰り返すことでより歯を白くすることが期待できます。

本来の歯以上の白さを実現できることができるため、歯のホワイトニングは審美歯科の分野に位置づけられています。

歯のホワイトニングは病気の治療が目的で行われるものではないため、保険が適用されることはありません。

以前は、神経を取った歯や歯茎の黒ずみを白くする「ウォーキングブリーチ」と呼ばれる施術に関しては保険適用可能でした。

しかしながら、2006年の法改正でこちらも保険適用外となっています。

歯のホワイトニングの料金相場はクリニックによっても大きく異なり、ホワイトニングの種類によっても異なります。
オフィスホワイトニングは30,000~50,000円前後、ホームホワイトニングは15,000~40,000円前後が一般的です。

ホワイトニングの効果には個人差があるため、通院回数も人によって異なります。
費用について詳しく知りたい場合は、クリニックに相談してみましょう。

歯のクリーニングは保険適用される場合があります


歯のホワイトニングと混同されることの多い施術に、「クリーニング」と呼ばれるものがあります。

歯のクリーニングがホワイトニングと違う点は、クリーニングは歯を白くする目的では行われていないことです。

歯のクリーニングは文字どおり歯をきれいにすることを目的に行われるもので、歯の表面についた汚れ(茶渋、タバコのヤニ、飲食物、歯垢、歯石など)を取り除く施術となります。

これらの汚れは毎日の歯磨きでは落とすことが難しいため、スケーラーと呼ばれる専用器具を用いて洗浄する必要があるのです。
歯のクリーニングは定期的に行うことが推奨されています。

また、ホワイトニングとは違い、保険適用されることがあります。

これは、歯のクリーニングが歯の歯垢や歯石などを除去することで歯や歯茎の状態を改善するという目的で行われているからです。

保険適用内の場合、3,000円程度で施術が受けられます。

保険適用のクリーニングは施術時間が短く、汚れが除去しきれない恐れがあります。

また、一度ですべての歯をクリーニングすることができないため通院回数が多くなり、結果的に費用がかさむ可能性もあるでしょう。

自由診療のホワイトニングでは、こういったデメリットは少なくなります。

歯のホワイトニングを定期的に受けることで白さを持続しやすくなります

歯のホワイトニングを受けた場合、その効果は永続的なものではないと考えられています。
歯の変色は飲食物の色素やタバコのヤニなどが原因で起こるため、完全に避けることが難しいからです。

ホワイトニングの期間中に関しても、色素の濃い飲食物や喫煙を避けることが推奨されています。

ホワイトニングの効果は、ホームホワイトニングで1~2年程度、オフィスホワイトニングで3~6ヶ月程度持続するのが一般的です。

もちろん、定期的なホワイトニングを行うことで効果を保持させていくことが期待できます。

個人差はあるものの、半年~1年間隔で施術を受けると歯の白さが実現しやすくなります。

また、ホワイトニングの施術後も色素の濃い飲食物や喫煙を控えることで、ホワイトニングの効果が持続しやすくなるでしょう。

とくに飲食物に関しては、コーヒーや緑茶、紅茶、カレー、キムチなど身近な食べ物が歯の黄ばみの原因となるため、日常的に摂取している方は注意が必要です。

(まとめ)歯の黄ばみを保険適用で白くすることはできる?

1.歯の黄ばみをホワイトニングで白くする場合、保険適用とはなりません

歯のホワイトニングは、本来の歯以上に白くなるという審美性の高い施術となります。

そのため、保険適用とはなりません。

歯のクリーニングは保険適用できますが、歯の汚れを落とす施術であり、歯を白くする施術ではないのです。

2.歯のホワイトニングは保険適用外の施術です

歯の黄ばみを改善できる歯のホワイトニングは、病気の治療が目的ではないため保険が適用されません。
ホワイトニングの料金相場は、オフィスホワイトニングで30,000~50,000円前後、ホームホワイトニングで15,000~40,000円前後です。

3.歯のクリーニングは保険適用される場合があります

歯のホワイトニングと混同されがちな「クリーニング」と呼ばれる施術は、歯を白くする目的で行われていないため保険適用される場合があります。

歯のクリーニングは保険適用で3,000円前後ですが、複数回通院しなければならず費用がかさむこともあります。

4.歯のホワイトニングを定期的に受けることで白さを持続しやすくなります

歯の黄ばみは身近な飲食物やタバコのヤニなどで起こるため、歯のホワイトニングの効果は永続的ではないとされています。

歯のホワイトニングを定期的に行うことで歯の白さを持続することが期待できるでしょう。

83
Return Top