湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

緑茶が歯の黄ばみの原因になるって本当?

緑茶は歯の黄ばみの原因になる可能性があります


歯の黄ばみの原因は内因性のものと外因性のものとに分けられます。

このうち、外因性のものには飲食物によるものも該当するのです。

色の濃い飲食物ほど色素が歯につきやすく落としにくいと考えられており、緑茶もその1つとして挙げられます。

緑茶には「タンニン」と呼ばれる渋み成分が含まれており、これが歯の表面に残ることで黄ばみの原因となるのです。

緑茶に含まれるタンニンが歯の黄ばみの原因となります

歯の色はその人の口元の印象を左右する大きな要素となります。
歯の色には個人差があるため、誰もがもともと真っ白というわけではありません。

しかしながら、一般的に歯が黄ばんでいるといわれる状態は、後天的に起こるものを指すことが多いです。
歯の黄ばみの原因にはさまざまなものが挙げられますが、その1つに飲食物によるものがあります。

飲食物による歯の黄ばみは外因性のものと捉えられており、色素が歯の表面に付着することで起こると考えられています。

色の濃い飲食物ほど色素が歯に付着しやすい傾向にあるのです。

たとえば、カレーやキムチ、コーヒー、チョコレートなどが該当します。

通常、色素は歯磨きで落とすことが可能ですが、中には落としにくい性質を持ったものもあります。
とくに落としにくいのが、「タンニン」と呼ばれる渋み成分を含んだ飲み物です。

タンニンが含まれる飲み物にはウーロン茶や紅茶、赤ワイン、そして緑茶が挙げられます。

タンニンはカルシウムや鉄など金属イオンと結びつきやすい性質があり、歯の表面に付着すると歯磨きでは落としにくくなるのです。

着色汚れは時間の経過とともに歯の象牙質にまで浸透し、歯の黄ばみとなって現れます。

タバコに含まれるタールも歯の黄ばみの原因となります


歯の黄ばみの原因として喫煙も挙げられます。
喫煙者の方は歯が黄ばんでいる傾向にありますが、これはタバコに含まれる「タール」と呼ばれる物質が原因と考えられているのです。

タバコを吸うとヤニが付着するというのは、タールが付着することを意味しています。
タールはもともと黒色ですが、歯に付着することで黄ばみとなって現れるのです。

しかも、タールは歯の表面に付着すると、通常の歯磨きでは落としにくい性質を持っています。

タバコに含まれるタールは、飲食物による汚れである「ステイン」以上に粘着力が高いといわれているためです。

そのため、タバコを吸っていると徐々に歯の黄ばみが強くなっていく可能性が高くなります。

また、喫煙者の方はそうでない方に比べて虫歯や歯周病にかかりやすいと考えられています。

これは、タールが食べカスや歯垢だけでなく、細菌をも吸着させる性質を持っているからです。

さらに、タバコに含まれるニコチンには唾液の分泌量を低下させる作用があり、これも細菌を繁殖させる原因となります。

喫煙により歯の黄ばみと虫歯、歯周病を併発することで人にマイナスイメージを与えてしまう恐れがあるでしょう。

飲食物や喫煙による歯の黄ばみはホワイトニングで改善できる見込みがあります

緑茶などの飲食物や喫煙による歯の黄ばみを改善し、白い歯に戻したいと希望される方は少なくありません。

黄ばみの気になる歯を白くする方法として、歯科クリニックで行われている「ホワイトニング」が効果的です。

ホワイトニングでは通常の歯磨きでは落とすことの難しい歯の着色汚れを落とすことが可能といわれています。

歯科クリニックでは歯のクリーニングと呼ばれるものも受けられますが、こちらは歯の表面に付着した汚れを落とす目的で行われているものです。

しかしながら、歯の黄ばみを落とすには、クリーニングでは不十分という場合もあります。

そのため、すでに黄色く変色してしまった歯を白くするには、ホワイトニングが推奨されているのです。

ホワイトニングによりもともとの歯以上の白さが実現することも見込めます。
歯が白くなることで、全体的に清潔感のある明るい印象を与えることができるでしょう。

また、歯は白い人は黄ばんでいる人に比べて若く見える傾向にあります。
ホワイトニングは歯の黄ばみで悩む人にとって、メリットの多い施術といるのです。

(まとめ)緑茶が歯の黄ばみの原因になるって本当?

1.緑茶は歯の黄ばみの原因になる可能性があります

歯の黄ばみの原因には内因性のものと外因性のものの2種類があり、飲食物による黄ばみは外因性のものと考えられています。
色の濃い飲食物ほど色素が歯につきやすく、緑茶も例外ではありません。

緑茶の「タンニン」が歯の黄ばみの原因になる可能性があります。

2.緑茶に含まれるタンニンが歯の黄ばみの原因となります

歯が黄ばむ原因の1つに飲食物による外因性のものが挙げられます。
とくに、色の濃い飲食物の色素は歯に付着しやすい傾向にあるのです。

中でも緑茶などの飲み物に含まれる「タンニン」は歯磨きでは落としにくく、黄ばみの原因になりやすいと考えられています。

3.タバコに含まれるタールも歯の黄ばみの原因となります

喫煙者の方は歯が黄ばんでいる傾向にありますが、これはタバコに含まれる「タール」という物質が原因と考えられています。

タールは粘着力が高いことから、通常の歯磨きでは落としにくく、細菌をも吸着させる性質があるとされているのです。

4.飲食物や喫煙による歯の黄ばみはホワイトニングで改善できる見込みがあります

飲食物や喫煙による歯の黄ばみを改善し、白い歯に戻す方法として歯の「ホワイトニング」がおすすめです。

ホワイトニングでは通常の歯磨きや歯の表面の汚れを落とす「クリーニング」では落とせない黄ばみを落とすことが期待できるでしょう。

32
Return Top