歯並びが太る原因になるって本当?

歯並びが悪いことで食べすぎを招き、太る可能性があります


歯並びが悪いと太るといわれるのは、噛み合わせに関係しています。

噛み合わせ悪い人は食事をしっかり噛めず、早食いになってしまうことがあります。

良く噛まないで食事をすると、満腹感を得る前に食べ過ぎてしまう可能性があります。

そうすると食べ過ぎてしまうので太ってしまうということです。

歯並びが悪いと食事の満腹感が得られにくくなります

食事で満腹感を得るためには、脳の満腹中枢を刺激する必要があります。

満腹中枢は脳の視床下部という場所にあり、ここに刺激が伝わると満腹感を得て脳がこれ以上食べる必要はないという指令を出します。

満腹中枢を刺激するためには、胃にある程度の食べ物が入ることと血糖値を上げることです。

血糖値はデンプンが分解されて作られますが、その分解には唾液に含まれる消化酵素が関係しています。

ゆっくりと噛むことで唾液の分泌が増えるため、良く噛むことで血糖値が上がって満腹中枢も刺激されやすくなります。

歯並びによって嚙み合わせが悪い人は、食べ物を良く噛まずに食べてしまうことがあります。

そうすると満腹中枢が刺激されるよりも早く、食べ物の量だけを食べてしまうことに繋がり結果として食べ過ぎてしまう可能性があります。

このことが歯並びによって太る可能性があるといわれる理由です。

また、食事をするのはカロリーを摂るだけの行為と思うかもしれませんが、実はエネルギーを消費する行為でもあります。

食事における消費カロリーは1日の消費カロリーの10%近くになるといわれています。

しっかりと噛んで食事をすることは、この消費カロリーの増加にも繋がり痩せやすくなるとも考えられます。

噛み合わせは歯列矯正で改善できます


食べ物を食べるときは前歯で噛んで奥歯ですり潰しています。

ゆっくりと良く噛むのには、奥歯がきちんと噛み合っていることが大切です。

そのため、虫歯などで奥歯が欠けていたりすると食事に影響することがあります。

また歯並びがガタガタしていて上下の嚙み合わせが悪くてもものをしっかりと噛むことができません。

虫歯についてはもちろん歯科医で治すことが一番です。

歯並びについても、矯正を行うことで改善することができます。

歯並びの矯正方法としては、セラミック矯正やワイヤー矯正などいくつかの種類があります。

セラミック矯正は人工のセラミック歯を被せて歯並びを調整する方法です。

虫歯でない歯を削る必要がありためらう人もいるかもしれませんが、特別な器具をつける必要がないので器具による痛みが少ないというメリットがあります。

また矯正にかかる時間も数カ月と短く、最初に仮歯をはめた時点で見た目が整うため、時間がない・早く矯正を終わらせたいという大人に向いている施術方法だといえます。

歯並びが悪いことで痩せるケースもありますが、健康的ではありません

食べ物を良く噛んで咀嚼することで、消化吸収が助けられます。

きちんと奥歯で食べ物をすりつぶしてから飲み込まないと、消化吸収を行う胃腸にかかる負担が増えると考えられます。

これにより消化不良を起こす可能性もあります。

消化不良を起こすと栄養が十分に吸収されなくなります。

さらに腸の働きが悪くなることで水分の吸収が悪くなると、便が柔らかくなり下痢をしやすくなってしまいます。

食べたものの栄養やカロリーが身体に吸収されないことで、太るのとは反対に体重が減ってしまうこともあるようです。

胃腸の調子が悪いことで、そもそもの食事量が減ってしまっている可能性もあります。

一見すると太らないから良いようにも見えるかもしれませんが、これは健康な痩せ方ではありません。

身体に負担がかかっている状態です。

必要な栄養やカロリーを摂らないことで脳が飢餓状態だと錯覚すると、脂肪を燃やさない体質になってしまうといわれています。

つまり良く噛まずに食事をして消化不良が悪くなると、一時的に痩せる可能性はあるけれど痩せにくい体質になってしまうということになります。

健康的に過ごすためにも、良く噛んで食事をすることは大切です。

(まとめ)歯並びが太る原因になるって本当?

1.歯並びが悪いことで食べすぎを招き、太る可能性があります

歯並びが悪く嚙み合わせが悪いと早食いになりやすくなります。

早食いは脳が満腹感を得る前に食べ過ぎてしまう原因となるため、歯並びによって太ることがあるといわれています。

2.歯並びが悪いと食事の満腹感が得られにくくなります

歯並びが悪く嚙み合わせが悪いと、良く噛まずに食事をしてしまうことがあります。

それが早食いに繋がってしまい、満腹感を得るより早く食べてしまい食べ過ぎに繋がり太りやすくなると考えられています。

3.噛み合わせは歯列矯正で改善できます

歯並びによって悪くなっている嚙み合わせは、矯正を行うことで改善することが可能です。

セラミック矯正では、短時間での矯正が可能で素早くキレイな見た目を手に入れることができます。

4.歯並びが悪いことで痩せるケースもありますが、健康的ではありません

良く噛まないことで食べ物の消化吸収が悪くなり、必要な栄養素やカロリーが吸収されなくなる可能性があります。

それにより痩せる可能性がありますが、身体にとっては負担となり痩せにくい体質になってしまうこともあります。

2671
Return Top