湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びに小さい歯は影響するの?

小さい歯によって歯並びが悪くなることもあります


平均的な大きさよりも極端に小さい歯は、矮小歯といわれています。

小さいだけで歯が弱いということではありませんが、どうしても見た目に影響しやすくなります。

歯の生えるスペースが余ってしまうため、歯と歯の間に隙間ができてしまい、いわゆるすきっ歯になってしまう可能性があります。

歯並びが悪くなることで見た目が気になったり、食べ物を咀嚼しにくくなったり、食べかすが詰まり虫歯になりやすかったりということがあるため、状態に合わせて矯正などで治していく必要があります。

小さい歯の原因は様々に考えられますが、歯並びを悪くする影響があるといえます

一般的な歯のサイズよりも極端に小さい歯を矮小歯と呼んでいますが、その原因ははっきりとわかっていません。

矮小歯が現れやすい場所は判明しており、上の前から二番目にある側切歯や親知らずなどが矮小歯になりやすいといわれています。

親知らずは目に見えない場所ですが、側切歯は目に付きやすく歯並びにも影響しやすいので見た目に悩まされやすい歯です。

原因は明確になっていませんが、これらの小さくなりやすい歯は退化傾向にあるともいわれています。

先天的に欠如しやすい歯でもあるため、不要だから小さくなっていると考えられます。

歯が全体的に極端に小さいケースだと遺伝の影響や、成長ホルモンなどを分泌している下垂体の機能低下、歯を丈夫にするのに必要なビタミンDの欠乏などが原因として考えられます。

歯が小さいことで歯並びに隙間ができるため、見た目に影響するだけでなく嚙み合わせが悪くなることもあります。

また、小さい歯はブリッジの土台に向きません。

歯の根の大きさも小さいので、土台にすると他の歯と比べて寿命が短くなりやすいので注意が必要です。

歯に隙間ができることで良くない影響が起こります


小さい歯によって歯並びがきれいに揃わないと、見た目以外にも影響があります。

まず歯の隙間が空いている状態だと、そこから息が漏れやすくなります。

その影響により、言葉の発音が悪くなる可能性があります。

特に、前歯の隙間が空いていることでサ行の発音に影響が出やすく、英語の発音への影響も考えられます。

歯並びに隙間があると言葉の発音以外にも、食べ物が食べにくくなるというデメリットがあります。

小さい歯は前歯に出やすいので、食べ物を噛みきりにくかったり麺類をすすりにくくなったりすることがあります。

また、食べ物が歯の隙間に挟まりやすくもなります。

隙間に汚れが付きやすいだけでなく、食べ物のかけらが歯肉を傷つけてしまうこともあり、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。

小さい歯でも形が整っていて不都合が生じないこともあります。

しかしたった1本の歯が小さいだけで、自分で思っている以上の不都合が生じる可能性があります。

ほかよりも小さい歯が気になっている人は、一度歯科医で医師に相談してみると良いでしょう。

セラミック矯正などで小さい歯を矯正することが可能です

小さい歯が気になる場合、改善方法としてはセラミッククラウンやダイレクトボンディングなどがあります。

セラミッククラウン

歯にセラミックの人工歯を被せる方法で、短時間で見た目を整えることができます。

小さい歯以外にも歯並びや嚙み合わせに影響している歯があれば同時に治していくこともできます。

セラミックの人工歯は周りの歯の色と合わせることができるので、見た目の仕上がりもきれいにできます。

セラミックにもいろいろと種類があり、強度や見た目の自然さが変わってきます。

小さい歯は土台となる歯の根が小さいという問題があるため、どのように施術を進めるのかきちんと医師と相談したうえで行いましょう。

セラミッククラウンのメリットは、短時間で部分的な矯正が可能なことです。

早い段階で仮歯を入れるので、見た目をすぐに整えることが可能です。

ダイレクトボンディング

小さな虫歯の詰め物にも使われるのがコンポジットレジンによる施術です。

歯科用のペースト状のプラスチックを歯に直接盛り付けて、光をあてて硬化させることで、形状を整えることができます。

将来的に変色や劣化の可能性もありますが、簡単に歯並びを調節することができます。

(まとめ)歯並びに小さい歯は影響するの?

1.小さい歯によって歯並びが悪くなることもあります

小さい歯があると歯並びに隙間ができてしまい、見た目が悪くなる可能性があります。

見た目が悪いだけでなく、虫歯になりやすくなったり食事しにくくなったりもします。

矯正などで必要に合わせて改善していくことも可能です。

2.小さい歯の原因は様々に考えられますが、歯並びを悪くする影響があるといえます

小さい歯になる原因は明確になっていませんが、退化傾向にある歯が小さくなりやすいとも考えられています。

ほかには遺伝やビタミンD欠乏などが原因の可能性もあります。

小さい歯は周りと隙間ができてしまい歯並びを悪くしてしまいます。

3.歯に隙間ができることで良くない影響が起こります

歯並びにできる隙間は見た目の問題以外にも影響があります。

隙間があることで嚙み合わせが悪くなったり、食べかすが歯の間に挟まりやすく虫歯のリスクが上がったりすることが考えられます。

4.セラミック矯正などで小さい歯を矯正することが可能です

小さい歯を治すにはセラミックの人工歯を被せる方法や、レジンと呼ばれるプラスチックを盛り付けて整える方法などがあります。

どのように施術を進めるかは歯の状態によっても異なるため、一度医師に相談してみることをおすすめします。

1721
Return Top