湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びはプレートを使って改善することが可能?

歯にプレートをかぶせることで歯並びを矯正する方法があります


歯並びの修正に、プレートを用いる方法はあります。

歯科医師は「ラミネートべニア」と呼ぶ方法で、元々ある歯の表面を薄く削り、その上に歯の形状のセラミックやレジンを装着する方法です。

ただ、元々ある歯をある意味そのまま生かすことになりますので、修正可能な歯並びの悪さの種類は限られることになります。

歯にプレートを当てる施術は「ラミネートべニア」と言います

歯の表面に形を整えたプレートを当てる施術法を、「ラミネートベニア」と言います。

女性の方でしたら、手の指の爪に付け爪を貼ることがあるかもしれませんが、それとほぼ似たような方法と考えていただくとわかりやすいのではないでしょうか。

ラミネートべニアを当てる際は、元々持っている自分の歯を使います。

ただ、元々の歯をそのままにしてラミネートベニアを当ててしまうと、単純に歯の厚みが増してしまうことになりますので、1mm未満という本当にごく薄く元の歯を削り、その表面にラミネートベニアを当てます。

この方法を使うと、素材によっても異なりますが、セラミックを用いると歯が白く美しくなります。

また、ご自身の歯をホワイトニングする場合と比べ、変色しにくいという利点があります。

また、ご自身の前歯の歯並びに問題がある場合、歯の削り方とラミネートベニアの形状を操作することで、歯並びを整えることも可能です。

ただし、後述しますが、すべての歯並びの問題をラミネートベニアで改善できるという訳ではありません。

また、単に歯に貼り付けるという方法ですので、常に上の前歯の衝撃を受ける下の前歯や、強い力が加わりやすい奥歯ではラミネートベニアは用いられない場合が殆どです。

ラミネートベニアで改善できる歯並びのトラブルもあります


歯並びのトラブルには、様々な種類があります。

歯並びがガタガタしている叢生や乱杭歯、八重歯や空隙歯列(すきっ歯)、前歯の真ん中の部分に隙間が開いている正中離開、このほかに、上の前歯が極端に前方に突出している上顎前突、これとは逆に下の前歯が上の前歯よりも突出している下顎前突(反対咬合、受け口)、奥歯は噛みしめているのに前歯には隙間が開いてしまう開咬などです。

このうち、上下顎前突で骨格性のものの場合には、ラミネートべニアだけでは対応が難しいといえるでしょう。

また、ひどい乱杭歯や八重歯の場合、ワイヤーを用いた歯列矯正や、クラウンといって歯を大きく削ってかぶせ物をするという施術が必要になることもあります。

歯並びのトラブルのうち、例えば前歯の生え方が横方向へ傾いている叢生の場合ですと、歯の傾きによって出っ張っている部分と歯の表面を削り、正しい方向へ歯が生えている位置にラミネートべニアを当てる施術で、叢生を改善することができるでしょう。

また、空隙歯列や正中離開の場合は、歯の表面を削り、歯と歯の隙間を埋められるようラミネートベニアのサイズを調整し歯に当てる施術によって、隙間をなくすことができます。

ラミネートベニアのメリットとデメリットを知り医師と十分に相談をして決めましょう

歯の表面にプレートを貼るというラミネートベニア、先述のように一部の歯並びのトラブルだけではなく、元々あるご自身の歯が変色してしまった場合(一部の抗生物質の服用で歯の色が変わってしまったケースがあるようです)、あるいは歯の形が悪いなどによって口を思い切り大きく開けて話をしたり笑ったりできずに悩んでいる方にとっては、短時間で施術が可能なのでよい方法と言えます。

昔と比べ、歯への施術において接着技術が良くなってきたため、歯にかぶせ物をするクラウンではなく、ラミネートベニアでの施術が可能になってきました。

良いことずくめのように思えるかもしれませんが、医学においてはどんな施術法にもかならずメリットとデメリットがあります。

ラミネートベニアでは、やはり歯の表面に張り付けているだけの状態であるため、強い力が加わると剥がれる可能性があります。

また、ごく薄くエナメル質の範囲でおさまる程度であっても、自身の歯を削る必要がある点です。

人によって、歯の厚みを調整するために、エナメル質を超えて象牙質まで削る必要が発生すると、痛みを伴う可能性もあります。

(まとめ)歯並びはプレートを使って改善することが可能?

1.歯にプレートをかぶせることで歯並びを矯正する方法があります

歯の表面を削りそこにプレートを貼る方法を、ラミネートベニアと言います。

短期間での施術が可能ですが、修正できる歯並びの種類は限られるようです。

使用する素材によってかかる金額は異なります。

2.歯にプレートを当てる施術は「ラミネートべニア」と言います

ラミネートベニアは、歯にプレートを貼ることで、歯の色や一部の歯並びのトラブルを改善することができます。

ただ、下の前歯や奥歯では、加わる力によりラミネートベニアが剥がれてしまう可能性があるため、適応にはならないことが多いようです。

3.ラミネートベニアで改善できる歯並びのトラブルもあります

様々ある歯並びのトラブルのうち、歯が真っすぐではなくやや傾いて生えている叢生や、空隙歯列(すきっ歯)、正中離開などの場合は、ラミネートべニアで歯の生えている向きやその大きさを調整することで、トラブルを改善することができます。

4.ラミネートベニアのメリットとデメリットを知り医師と十分に相談をして決めましょう

ラミネートベニアでは歯並びのトラブルの他にも、歯の色を白くきれいにしたい、歯の形が気になるのでこれを良くしたいなどの要望に対応できます。

ただし、強い力で剥がれるリスクも事前に把握しておきましょう。

1017
Return Top