歯並び治療にプラスチックを使ってもよいの?

プラスチック材料で歯並びの修復はできそうですがセラミックに劣る点もあるようです


前歯の歯並びを整えるとき、プラスチック材料でクラウン(かぶせ物)を作り装着する方法があります。

プラスチックは保険適用内ですから比較的安価で行うことができますし、最近では微妙は歯の色も表現できるようにはなってきましたが、長期間使用していると変色したり外れてしまったりするという欠点があるようです。

歯の修復にプラスチックを使用する利点は手軽さです

虫歯で歯を削ったり、歯に強い衝撃が加わったりすることによって歯が欠けてしまった場合、歯の欠落した部分を補う必要がありますが、これにプラスチックが用いられることがあります。

プラスチック、歯科医はコンポジットレジンと呼んでいらっしゃいますが、昔のコンポジットレジンと比較して最近は材料の質が良くなり、より長持ちし、微妙な歯の色合いを表現できるようになってきています。

また、セラミックなどの材料と比較して加工が容易であるため、プラスチックを使用すると施術期間が短くて済むという点も利点として挙げられるでしょう。

最短では1~2日程度で施術が済むと言われているほどです。

それから、プラスチック材料の場合は、保険が適用されるので、自己負担額が少なくて済むのも利点と言えるでしょう。

ただし、かぶせ物(クラウン)としてプラスチックを使用する際に保険が適用されるのは前歯のみとなっていますから、ご注意ください。

前歯を修復する際、金属でできたクラウンの表面にプラスチックを貼り付けているという方法もありますが、施術を受けてから2年の間に破損などが生じた場合、その修復はすべて自己負担になる場合もありますから、歯科医師に十分相談すると良いでしょう。

プラスチック材料には欠点もあります


保険適用内で歯を修復できるので安価、施術期間も短いとなると、プラスチック材料を選択したくなるかとは思いますが、ちょっと待ってください。

プラスチック材料には、欠点もあります。

一つは、歯と接着させる際に、技術を要するという点です。

プラスチックでできたクラウンを歯に装着する際は、ごくごくほんの僅かな水分も埃もシャットアウトしなくてはなりません。

もし、接着する歯に唾液などが残っていると、プラスチックでできたクラウンの接着性が悪くなることでクラウンが外れやすくなったり、クラウンの下で虫歯になったりするということがあります。

ですから、プラスチック材料でできたクラウンを歯に接着するためには、歯科医師の高い技術力が必要になるのです。

もう一つの欠点としては、黄ばむなど変色しやすい点です。

常時口の中にある唾液や、口を通る食べ物や飲み物の水分などを吸収して、プラスチックでできたクラウンでは徐々に変色していきます。

特に前歯の場合は人からよく見える部分であるだけに、歯の色が黄ばんでくるのは気になるでしょう。

歯並びを整えるなら長期的にみるとセラミックのほうが適しているでしょう

プラスチック材料を使って特に前歯の歯並びを整えるという場合、プラスチックでクラウンを全てつくる「コンポジットレジン冠」という方法と、土台は金属で表面にプラスチックを貼り付ける「硬質レジン前装冠」とがあります。

どちらにしても、保険は適用になりやすく済ませられますが、変色してしまうために時間が経過すると歯の色が気になって大きく口をあけることがはばかられるかもしれません。

そう考えると、特に前歯の歯並びを修正するのであれば、セラミック材料の方が適しているのかもしれません。

非常に硬い素材で変色しにくく、硬質レジン前装冠でみられがちな金属アレルギーの心配もありません。

歯並びの修正となると、前歯1本だけで終わるということはなく、数本をまとめて施術する必要があります。

それらがすべてセラミックでできた綺麗な歯になれば、大きく口を開けることに抵抗は感じなくなるでしょうし、時間がたっても歯の変色を心配することも必要ありません。

(まとめ)歯並び治療にプラスチックを使ってもよいの?

1.プラスチック材料で歯並びの修復はできそうですがセラミックに劣る点もあるようです

プラスチック材料による歯並びの修正は、プラスチックという材料の特性により保険適用内で行えるので比較的安価で。

ただし、プラスチックの特性上、長く使用すると変色してしまうという欠点があります。

2.歯の修復にプラスチックを使用する利点は手軽さです

近年のプラスチック材料は、歯に近い色合いで加工しやすく、また使用に際して保険が適用されるという利点があります。

また前歯に関しては、保険適用内でプラスチックの使用が認められています。

3.プラスチック材料には欠点もあります

プラスチック材料を歯に接着する場合、接着する歯から唾液などをシャットアウトしなければいけない歯科医師の技術力が求められます。

またプラスチック材料は長年使用していると黄ばみやすい、変色するというのも欠点と言えます。

4.歯並びを整えるなら長期的にみるとセラミックのほうが適しているでしょう

前歯の歯並びをプラスチック材料のクラウンで修正すると、時間の経過とともに変色が心配になります。

セラミッククラウンでしたら、そのような心配をする必要なく、歯並びも修正しながら長期間きれいな歯を保つことができます。

2017
Return Top