湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びが悪いとダイエットも上手くいかない?

歯並びが悪いことで太ってしまうことがあります


歯並びが悪いことは様々な原因になりますが、そのなかの1つがダイエットに関係することがあります。

歯並びやかみ合わせが悪いことで、消化吸収機能が低下し、太ってしまうことがあるのです。

また、歯並びが悪くても食べやすいものは、太りやすいものが多いためそれが関係することもあります。

歯並びが悪いことで胃や腸に負担がかかります

ダイエットをしている人のなかには、効果をあまり実感することができていない人もいるでしょう。

もしかしたら、ダイエットが上手くいかないことに歯並びが関係しているかもしれません。

下記で歯並びとダイエットの関係を見ていきましょう。

歯並びは体の様々な場所に影響するといわれています。

例えば、歯並びが悪いことで顎関節症や頭痛、肩こりが起こるといわれています。

そのなかでダイエットと関係があるのが、胃や腸への影響です。

食べ物は口で噛み砕かれることで消化しやすい形となって、胃に運ばれていきます。

しかし、歯並びが悪いと十分に噛むことができず、消化しにくい形で食べ物が胃に運ばれてしまうのです。

また、噛む回数が少ないことで唾液の分泌も十分でないため、胃や腸に負担がかかってしまします。

これにより消化吸収作用の力が低下してしまうことがあります。

また、噛む回数が少ないと満腹中枢が刺激を受けず、満腹感を得られにくくなってしまうため、ダイエット中の食べ過ぎにつながってしまうリスクも高くなります。

このように、歯並びはダイエットに関係しているのです。

もしも、歯並びが悪い人はダイエットを成功させるためにも歯並びの治療を検討しても良いでしょう。

食品選びにも注意が必要です


歯並びとダイエットの関係を先ほど紹介しましたが、かみ合わせが悪い人が陥りやすいことがあります。

この点もダイエットを成功させるためにも注意したいポイントです。

歯並びが悪い人はかみ合わせも悪いことが多いです。

そうした人では、野菜や肉類など噛みごたえがある食品を避けがちになることがあります。

これらの食品には、ミネラルやたんぱく質、食物繊維など体の代謝や排出に欠かせない栄養素が含まれています。

この栄養素が減ってしまうことでダイエットに影響が出てしまうこともあるでしょう。

噛みごたえがある食品を避けるということは、食べやすい食品を選びがちになるということです。

食べやすい穀物類の摂取量が増えてしまうといえるでしょう。

これらは太りやすい食品でもあるため、ダイエットには向いていません。

もしもこれらの食品を食べているのであれば、ダイエット中の食生活を見直す必要があるでしょう。

かみ合わせに関係する歯の位置は遺伝や発育によって決まることがほとんどですが、意識的に噛むことで咀嚼能力を鍛えることは可能といわれています。

肉類は筋肉に欠かせないたんぱく質を多く含んでおり、ダイエットに欠かせない食品です。

噛む力を鍛えるという意味でも意識的に食生活に取り入れることで、ダイエット効果の改善にもつながるでしょう。

矯正治療を受けることを考えてもよいでしょう

歯並びが悪いと胃や腸への負担が増えるため、ダイエットに悪影響を及ぼす可能性があります。

また、それ以外にも歯並びが原因となり起こる症状があります。

例えば、頭痛や肩こりといった症状の原因にも歯並びが影響しているといわれているのです。

歯並びやかみ合わせが悪いと、噛むことで顎が不自然な動きをすることになります。

この状態では顎や肩の筋肉に無理な力がかかるのですが、これが継続して行われてしまうのです。

肩や首の周りには神経や血管が集中しており、周辺の筋肉が疲弊することで神経や筋肉が圧迫されることがあります。

その結果、体全体に悪影響が出てしまうのです。

症状としては頭痛や肩こりといった肉体面に関するものから、イライラややる気が出ないといった精神的なものまであります。

こうした状態では、ダイエットを成功させることも難しいといえるでしょう。

今回紹介した症状を改善させるためには、歯並びを治すことが1つの対策となります。

大人の人でも歯の矯正を行うことはできるので、検討してみても良いでしょう。

矯正方法にはいくつかの種類があるのですが、近年では短期間で治療を終わらすことができるものもあります。

この方法であれば、働きながらでも治療を受けることが可能です。

(まとめ)歯並びが悪いとダイエットも上手くいかない?

1.歯並びが悪いことで太ってしまうことがあります

歯並びが悪いことで胃や腸に負担がかかり、消化機能が低下することがあります。

その結果、太ってしまうことがあるのです。

また、歯並びが悪くても食べやすい食品を選ぶことでも太る場合があります。

2.歯並びが悪いことで胃や腸に負担がかかります

普通の人と比べて歯並びが悪い人の場合、食品が上手く噛み砕けないことで消化しにくい形で胃や腸に食品が運ばれます。

そのため、胃や腸に負担がかかり、消化機能が低下し太りやすくなってしまうのです。

3.食品選びにも注意が必要です

歯並びやかみ合わせが悪い人では、肉類や魚など噛む力が必要なものを避けてしまうことがあります。

その場合、穀物類などを選びやすくなってしまうのですが、これらは太りやすい食品のためダイエットの効果にはつながりにくくなってしまうのです。

4.矯正治療を受けることを考えてもよいでしょう

歯並びが悪いとダイエット効果を実感することができないことがあるのですが、そのほかにも体に悪影響を及ぼすことがあります。

歯並びの治療を行うことは、頭痛やイライラの改善にもつながります。

581
Return Top