湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並び矯正中のご飯の注意点は?

歯並び矯正で器具を使う場合にはご飯も選ぶ必要があります


歯並び矯正の方法にはブラケット矯正やマウスピース矯正、セラミック矯正などがあります。
ブラケットと言う器具をつけたままで長期間過ごす矯正方法の場合には、その期間中のご飯にも多少の注意が必要です。
基本的に食べてはいけないものはないのですが、固いものや色の濃いものなどは避けた方が良いと言われています。

歯並び矯正をしている期間にご飯に注意しなければならないのが辛いと言う場合には、器具を付けっぱなしにしない方法や矯正期間が長くない方法を選ぶと良いでしょう。

歯並び矯正中はご飯が食べにくくなります

歯並びの矯正をするためにブラケットをつける場合には、ご飯が食べにくくなったり発音がしにくくなったりと口を使う動作に不自由を感じることが多くなります。
ブラケットの違和感もありますが、ご飯が食べにくくなることには痛みが大きく関係しているようです。

ブラケット矯正は、自分の歯を動かして正しい位置にするというもので、長い期間をかけてゆっくりと歯を引っ張っていきます。
強い力ではありませんが、継続的にムリに歯を引っ張っているため、歯の周りの骨が動かされる痛みが起こります。
最初がもっとも痛いと感じる人が多く、その後落ち着いてきますが、痛みが全くなくなるものではなく、固いものをかんだ時など痛みを感じることがあります。

そのため、矯正中はご飯のおかずなどに注意して、矯正している部分が痛くないようにすることが大切です。
また、歯並びを整えている器具も、固いものを噛むことでずれるリスクを持っています。
自分が快適に感じられるようなものを選び、矯正器具にも影響を与えないことが必要です。

ご飯の正しい食べ方で歯並び矯正をスムーズにします


期間が長くかかる矯正中には、食べやすいご飯を選んで歯並び矯正をスムーズにすることが必要です。
主食も柔らかいご飯や麺などを利用して、噛み切らないで食べられるようなおかずを選びます。
また、矯正器具を弱らせるような食べ物にも注意が必要となります。

矯正器具を使っている時には、色の濃いものも注意が必要です。
矯正中は一時的にその部分が着色されやすくなっており、着色汚れの原因となる赤ワインやカレーなどは避けた方が良いでしょう。

こういった面倒を避けたい場合には、矯正器具を長期間使わない矯正方法で歯並びを直すことが必要となります。
ご飯以外にも器具を使う矯正は周りからの目など気になることも多いので、いろいろな方法を検討してより快適でスムーズなものを選ぶようにしましょう。

また、歯並びは普段からのご飯の食べ方によっても悪くなっている可能性もあります。
歯並びを悪くしないためには、噛み方のくせの誤りを見直すことも必要です。
片側の歯ばかりを使っていたり、固いものを噛み切る時に一度で噛み切ろうとすることは歯並びを悪くする原因となります。

歯並びを良くするためには、矯正とともに日ごろの注意点にも目を向けるようにしたいものです。

器具をつけないセラミック矯正はおすすめの方法です

歯並び矯正期間の痛みやご飯を食べにくい辛さを避けるには、歯並び矯正の方法を選ぶことが必要です。
歯並び矯正のうち、セラミック矯正では矯正器具を使わないで歯並びを整えられます。
セラミック矯正は、歯を移動させる方法ではないため、歯を引っ張る痛みがなく、長期間の器具装着の必要がありません。

セラミック矯正は、自分の歯を削った上からセラミックの被せ物をつけて歯並びを整えると言う方法です。
歯を削ることをリスクに感じる人もいるようですが、短期間で快適にきれいな歯並びを作ることができて、ご飯が食べられないといった辛さを味わう必要がありません。
また、矯正期間中は食べ物による歯の着色汚れも気になりますが、セラミック矯正では反対に汚れや黄ばみなどの歯の色の悩みも解消できるでしょう。

(まとめ)歯並び矯正中のご飯の注意点は?

1.歯並び矯正で器具を使う場合にはご飯も選ぶ必要があります

歯並び矯正のうちブラケットをつけたままにする矯正方法では、固いものを食べないなどのご飯の注意が必要です。
ご飯への注意が辛い場合にはそれ以外の方法を選ぶと良いでしょう。

2.歯並び矯正中はご飯が食べにくくなります

自分の歯を移動させる歯並び矯正中は痛みによってご飯が食べにくくなります。
痛みは徐々に落ち着いてきますが、継続的に歯を引っ張っていることの痛みで固い食べ物などが難しいと感じるようです。

3.ご飯の正しい食べ方で歯並び矯正をスムーズにします

歯並び矯正期間には、食べやすいご飯を選ぶようにします。
また、矯正器具が外れたりしないように注意することも必要です。
また、歯並びを悪くするようなご飯の食べ方をしている人はその見直しも大切です。

4.器具をつけないセラミック矯正はおすすめの方法です

セラミック矯正はご飯が食べられない辛さを味わわずに済む歯並び矯正方法です。
期間も短く済み、矯正器具を装着する必要がありません。
歯を削るリスクはありますが、快適性を求めるには適した方法といえそうです。

3387
Return Top