歯並びを目立たない方法で矯正することはできる?

歯並びの状態によって目立たない矯正方法が使えることがあります


矯正の方法は多くの場合、器具などを装着するため、矯正期間中も非常に目立ちやすいものです。
目立たない方法で歯並びの矯正を行いたい場合には、歯並びの状態に合わせて歯科医と慎重に相談することが必要となります。

歯並びを目立たない方法で矯正するにはいくつかの方法があります。
しかし、実際にその方法が使えるかどうかはその人の歯の状態や歯をどれくらい移動すべきか、またはどれくらいの範囲を矯正するかによって利用できないこともあるようです。
そのため、まずは自分が目立たない方法を利用できるかどうかを診断してもらうことが必要となります。

目立たないでできる歯並び矯正の方法は使える人が限られることがあります

歯並びの矯正方法にはいろいろなものがあり、一般的な矯正歯科で行うものや審美歯科で行うものなどから選ぶことができます。
一般的な矯正歯科でも審美歯科でも、目立たないように歯並びを整える方法はあります。
しかし、歯並びの矯正方法は自分で好きなように決めることができず、利用できる方法が限られてしまうこともあります。

歯並びの一般的な矯正方法としては、ブラケット矯正があります。
これは、ブラケットという器具を歯の表面に装着して、それをつないだワイヤーで引っ張ることによって歯並びを改善する方法です。
ブラケットを引っ張るために付けられたワイヤーは金属製となっており、前歯に装着すると目立ちます。

このブラケットやワイヤーを金属ではなく白色や透明のものにしたものを審美ブラケットと言います。
目立たないで矯正期間を過ごせますが、やや強度が弱くなると言われています。

また、ブラケット自体を使わずに行う方法としてマウスピース矯正やセラミック矯正などもありますが、実際にこちらを利用できるかどうかは、医師との相談が必要となります。

歯を動かさずに歯並びを矯正するセラミック矯正ならば目立たずに治療ができます


歯並びの矯正方法で目立たないものを選びたい場合には、歯を動かさないでできる方法も検討すると良いでしょう。

特におすすめの治療方法はセラミック矯正です。
セラミック矯正は、歯に被せ物をすることで矯正をする方法です。
歯を動かす必要がないため、長く矯正器具を身に着けておく必要がありません。
そのため、目立たないで矯正を行うことができ、口の中を傷つけるリスクも低くなるでしょう。

また、マウスピースも目立たない方法ですが、矯正の範囲が限られてしまいます。
また、ブラケット矯正で透明の素材を使うものは、目立たないと言う点では優れていますが、それなりにデメリットもあります。

ブラケット矯正では、透明なものを使っても、近くで見ればそれなりに矯正をしていることは分かります。
裏側にブラケットを装着する方法もありますが、今度は舌を傷つけたり口の中の違和感を感じることがあるようです。

しかし、セラミック矯正で自分の歯を動かさずに治療ができれば、目立たない上に矯正をしている期間も短縮できると言われています。

目立たずに治療ができれば、周りの目を気にする必要もなくなります

歯科矯正を受けたいと考えているが、やはり躊躇してしまうという方の中には、矯正中の見た目がネックになっているケースも少なくありません。

どうしても、目立つ方法での矯正は、周りの目が気になってなかなか踏み切れないのです。

しかし、前述の通り、歯並びの状態次第では、目立たない方法での治療が可能となります。

そうした矯正方法を利用できるならば、周りの目を気にする必要はありません。

何もせず諦めてしまわないで、自分が目立たない矯正を受けられるのかどうか、一度診察を受けることをおすすめします。

(まとめ)歯並びを目立たない方法で矯正することはできる?

1.歯並びの状態によって目立たない矯正方法が使えることがあります

歯並びを目立たないように矯正するためには、その方法が使えるかどうかを診断することが必要です。歯並びの状態や歯を動かす度合いなどによって、目立たない方法を利用できないこともあるようです。

2.目立たないでできる歯並び矯正の方法は使える人が限られることがあります

歯並びの矯正方法では装着すると目立つブラケット矯正が一般的な方法とされています。目立たないブラケットを使う方法やマウスピース、セラミック矯正などもありますが、これらは目立たない反面利用できない人もいるようです。

3.歯を動かさずに歯並びを矯正するセラミック矯正ならば目立たずに治療ができます

セラミック矯正は、歯に被せ物を治療法であり、歯を動かす必要がありません。
見た目も気にならないため、特におすすめの治療法です。

4. 目立たずに治療ができれば、周りの目を気にする必要もなくなります

見た目がネックになって矯正治療に踏み切れないという方もいるでしょう。
目立たない治療を利用し、まったく見た目を気にせず治療できる可能性もあるので、ぜひ一度歯科医師の診察を受けることをおすすめします。

1460
Return Top