歯並び矯正で差し歯を使用するときは保険適用になる?

保険が適用されるのは1種類、それ以外は保険適用外となります


歯並び治療(歯列矯正)で差し歯をする場合、保険が適用されるのは「硬質レジン前装冠」という方法です。

保険が適用されるので、治療費は3割負担で2千円~8千円程です。

一方、セラミックやジルコニア、メタルボンドといった材質では保険が適用されません。

そのため、治療にかかる費用は材質によっても異なりますが7万円~10万円程度と高額になります。

歯列矯正で差し歯を使用するとき、保険適用になるものとならないものとがあります

歯並びを矯正(歯列矯正)する方法の一つに、差し歯を用いる方法があります。

一般的な方法としては、自分自身が元々もつ歯を削って小さくすることで土台とし、これにクラウンと呼ばれる歯の修復物を被せるというものです。

このクラウンに使用される材質にはいくつかありますが、保険が適用される材質とそうでないものとがあります。

保険が適用される材質は、「硬質レジン前装冠」と呼ばれるもので、土台に金属冠をはめ、前側(唇側)の見える部分にプラスチックを貼り付けるという方法です。

現在の歯列矯正で保険が適用になるのは、この方法のみとなっています。

一方、保険が適用されない材質には、数種類あります。

一つは「セラミック」で、金属を土台に被せた上からセラミックを貼る方法と、金属を使わず全てをセラミックにする方法とがあります。

二つ目は、「ジルコニア」と呼ばれる人工ダイヤです。

これにも、土台にジルコニアを被せた上からセラミックを被せる方法と、すべてジルコニアでクラウンを作る方法とがあります。

最後は、「メタルボンド」です。

金属フレームの上にセラミックを被せてクラウンにする方法が一般的です。

差し歯の材質ごとにそれぞれメリットとデメリットがあります


硬質レジン前装冠は、主に前歯で使用されます。

保険が適用され、3割負担で治療できますので、自己負担額は2千円~8千円程度で済みます。

ですが、元々の材質がプラスチックで、プラスチックは多孔で水分や唾液を吸収しやすい材質のため、変色を起こしやすいというデメリットがあります。

セラミックはティーカップで使用されるものと同じ磁器の材質ですので強度に優れ、周辺の自分の歯の色調により近いものを選べるので違和感がなく、変色しないことも利点です。

ジルコニアセラミックも同様で、強度が高く耐久性に優れており、自然に見えます。

メタルボンドの場合は周辺の歯にブリッジを架けることができるので、奥歯でも治療可能です。

ですが、歯茎に金属色が溶けだしてしまう可能性があり、金属アレルギーをもつ方には影響がでることが懸念されます。

保険適用外で治療する場合は「自由診療」などと言われ、治療費用は歯科が独自で定めていますが、材質が高価であるために治療費用も高額となる傾向にあります。

セラミックやメタルボンドでは1本あたり7万円程、ジルコニアセラミックでは1本10万円程かかります。

ただ、国の財政の関係で保険適用にできないという事情もあります。

硬質レジン前装冠では2年程度で変色するともいわれ、前歯の見た目を気にする人であればそのたびに交換する必要があるでしょう。

一方、セラミックやジルコニアセラミックの場合は、一度治療すると破損にさえ気を付ければ、ほぼ一生使用することができますので、治療する年齢によってはセラミックやジルコニアセラミックの方が安く済む可能性があります。

少々高価でも保険適用外のセラミックなどがおすすめです

保険が適用される「硬質レジン前装冠」、そうではない「セラミック」や「ジルコニア」には、先に挙げた以外にも違いがあります。

歯列の矯正以外にも、虫歯の治療に差し歯を用いることはありますが、実はセラミックやジルコニアを選ぶ方が少なくないのです。

その理由は、いくつかあります。

硬質レジン前装冠の場合、長年使用していると表面のプラスチックが変色してくるというのは、先にお話ししました。

しかし、それだけではないようです。

内部で使われている金属も、水分や唾液にさらされることによってイオンが溶けだし、歯茎部分が黒ずんでしまうことがあるのです。

また、人は加齢によって歯茎が痩せて後退していきますが、そうなると差し歯の付け根部分が場合によっては見えるようになってきます。

その際、金属を使用した差し歯の場合にはその金属がプラスチックと歯茎の間から見えてしまい、やはり黒っぽく見えてしまうのです。

さらに、差し歯と歯茎の間にはごくわずかな隙間があり、丁寧にブラッシングをしていないと虫歯になりやすいという点もあります。

オールセラミックの場合、前2者のように歯茎が黒っぽく見えるという心配が不要のため、歯列矯正や虫歯治療で差し歯をする際、セラミックを選択する方が少なくないのです。

(まとめ)歯並び矯正で差し歯を使用するときは保険適用になる?

1.保険が適用されるのは1種類、それ以外は保険適用外となります

硬質レジン前装冠では保険適用となり、費用は高くて8千円程度となります。

一方、セラミックやジルコニアといった素材の場合は保険が適用されないため、治療にかかる費用は10万円前後と高額になる傾向にあります。

2.歯列矯正で差し歯を使用するとき、保険適用になるものとならないものとがあります

歯列矯正に用いられる差し歯では、保険適用になる「硬質レジン前装冠」、保険が適用されない「セラミック」「ジルコニア」「メタルボンド」があります。

差し歯すべてに保険が適用されるわけではないので、歯科医師と十分に相談して決めましょう。

3.差し歯の材質ごとにそれぞれメリットとデメリットがあります

保険適用のクラウンは安価ですが、変色しやすいのが欠点です。

一方、セラミックやジルコニアセラミックは効果ですが、治療すれば一生使用できる利点があります。

治療する年齢によっては、保険適用外のクラウンの方が安く済ませることができるかもしれません。

4.少々高価でも保険適用外のセラミックなどがおすすめです

保険が適用される差し歯では、後に歯茎が黒っぽく見えたり虫歯になりやすいという点があります。

そのためか、セラミックやジルコニアによる治療を受ける方が実は少なくないというのが現状です。

4988
Return Top