歯並びとしゃくれは関係ある?

「歯並び」の定義によっては、しゃくれと関係があります


「しゃくれ」の原因には2つあります。

一つは、下列にある歯が外側に出っ張る形で生えているか、もしくは、上列にある歯が内向きに生えている場合、もう一つの原因は下顎の骨が前方に突出している場合です。

「歯並び」を「歯の生えている向き」と定義するならば、しゃくれと歯並びには関係があるといってよいでしょう。

「しゃくれ」とは下列の歯が上列の歯より前方に出っ張っていることを指します

「しゃくれ」ている人の口元を見ると、多くの場合下顎に生えている歯が、上顎から生えている歯よりも前方に出っ張っています。

「しゃくれ」は一般的な言い方ですが、専門的には「受け口」と呼ばれており、原因によって二つの専門的な言い方があります。

一つは「反対咬合」、もう一つは「下顎前突」です。

「反対咬合」の場合、歯の生えている向きが関係しています。

下顎から出ている歯が外側(唇側)の方向を向いて生えている、逆に上顎から出ている歯が内側(口腔、舌側)を向いて生えている、もしくはこの両者が揃っている状態、というのが反対咬合の原因になります。

もう一方の「下顎前突」は文字通り、下顎骨が正常よりも前方(腹側)に突出していることで、下顎の骨ともども歯も上顎から出ている歯よりも前方に出ている状態のことです。

どちらの場合も、食べ物を食べたり歯を噛み合わせるときに、下顎側の骨が上顎側の骨を常に内側に押し出すような力が加わってしまうため、そのままの状態で長年過ごしていると受け口がさらに悪化する懸念もあります。

「しゃくれ(受け口)」の原因には、幼少~学童期の骨の発達も関係しています


しゃくれ(受け口)の原因には、歯の生える向きや上顎骨に対する下顎骨の位置が関係することはお話ししましたが、そのほかに上顎骨に対する下顎骨の大きさというのも大きく影響します。

頭部や上顎の骨と下顎の骨は、一様に同時期に発達しているように思えますが、実際には異なります。

実は、上顎骨の方が先に発達が進み、その後時期をずらすような形で下顎骨の大きさが変化していきます。

ですから、上顎骨が思ったほど発達しなかった状態で、下顎骨のほうが大きくなってしまうと、下顎骨から生えている歯は前歯よりも前方に位置する形になってしまうため、受け口になってしまうのです。

これは「骨格性の反対咬合」と言われ、歯の生える向きによって起こる受け口の「歯性の反対咬合」とは区別されます。

歯の生える向きが関係する受け口の場合、特に乳歯が生え変わる時期などでは噛み合わせによって歯の生える向きが調整される場合があるので経過観察扱いになるのですが、骨格性の反対咬合の場合には受け口になることが予測できますので、すぐに治療を開始することになります。

大人でも受け口を治療することは可能です

受け口の状態は、子どもの時点からすでに起こっている場合が多いので、可能であれば幼少期から治療を開始すると良いでしょう。

「骨格性の反対咬合」の場合、骨の発達状態をある意味コントロールする治療が適切なので、幼少期から治療を開始することが望まれるのです。

しかし、大人になってからでも受け口を改善することは可能です。

大人になってから受け口を治療する場合、骨格は既に出来上がっていますから、歯並びを矯正することで受け口を改善するか、下顎骨の前方突出の場合は口腔外科での外科的治療を行います。

どういった治療方法をとるかは、受け口の状態によって異なってくるため、まず一度歯科医師の診察を受け、方針を相談するのが望ましいでしょう。

(まとめ)歯並びとしゃくれは関係ある?

1.「歯並び」の定義によっては、しゃくれと関係があります

しゃくれの原因は2つありますが、歯の生えている方向によってしゃくれが起きている場合には、歯並びとしゃくれには関係があります。

そして、歯並びを矯正することによってわずかながらしゃくれを改善することもできます。

2.「しゃくれ」とは下列の歯が上列の歯より前方に出っ張っていることを指します

しゃくれとは、上列と下列の歯の出ている向きが通常とは逆になってしまう「反対咬合」と、下顎の骨そのものが前方に飛び出している「下顎前突」という場合とがあります。

原因が異なれば治療法も異なりますので、気になる人はまず受診してみましょう。

3.「しゃくれ(受け口)」の原因には、幼少~学童期の骨の発達も関係しています

上顎骨と下顎骨との波多津時期にはズレがあり、下顎骨の方が上顎骨よりも後に発達のピークを迎えます。

そのため、下顎骨が上顎骨よりも大きく発達することによって起こる「骨格性の反対咬合」の場合には、すぐに治療が開始されます。

4.大人でも受け口を治療することは可能です

大人になってから受け口を治療する場合は歯列矯正か外科的治療となります。
受け口の状態によっても治療方法は異なりますので、歯科医師と相談しながら治療を進めましょう。

10632
Return Top