ブリッジ治療で歯並びは良くなる?

ブリッジ治療で歯並びは良くなります


歯にワイヤーを架けて歯並びを矯正するのが、通称「ブリッジ治療」ですが、この治療法で歯並びは改善できます。

ただし、矯正した歯はワイヤーを外すとすぐに元の位置に戻ろうとするので、保定という手順が必要になります。

また、矯正には、2~3年ほどかかる上に、初期にかかる費用とその後の通院、ワイヤーの調整などを含めると50~100万円程度かかることを、心得ておくと良いでしょう。

歯列矯正には、「ワイヤー治療」と「補綴治療」とがあります

歯並びの矯正、専門的には「歯列矯正」と言います。

これには、大きく分けると2つの方法があります。

一つ目は「ワイヤー矯正」、二つ目は「補綴矯正」です。

ワイヤー矯正とは、歯の表面に付けた装置にワイヤーを通して、ワイヤーと装置の力を使って歯を少しずつ動かしていく方法です。

歯に橋を架けるようにワイヤーを当てていくので、通称「ブリッジ治療」と呼ばれています。

歯列矯正の方法としてはメジャーな治療法で、比較的若い年代の方々でよく行われている治療という印象があります。

ですが近年では治療法の発展がすすんできており、成人して以降でもワイヤー矯正を行うことができるようになりました。

自分の歯はそのまま、その位置のみを矯正していきますので歯のかぶせ物が外れるなどの心配は不要ですが、矯正している間はそれなりに苦痛を伴うことや治療費が高額であること、あるいはワイヤーを外した直後、そのままにしておくと歯が元の位置に戻ってしまうという欠点もあります。

一方、補綴矯正とは、元々ある歯を少し削った後、歯の向きを修正するように歯にかぶせ物をしたり、あるいは歯の表面の付け爪のようにセラミックを貼り付ける方法です。

特に、後者の方法は「ラミネートベニア」と呼ばれ、審美歯科の一つの治療法になっています。

ブリッジ治療にも2つの方法があります


ブリッジ治療、正式には「ワイヤー矯正」と言いますが、「ブラケット」と呼ばれるものを歯の表面に付け、そこにワイヤーを通して歯を少しずつ動かしていく方法です。

そして、この方法にも、2つの方法があります。

一つは歯の表側、つまり唇側にブラケットを取り付ける方法と、歯の裏側、つまり舌側にブラケットを取り付ける「舌側矯正」という方法です。

ブリッジ治療をしている際、とくに歯の唇側にブラケットがついていると、会話中や笑った際にワイヤーが見えるので、見た目を気にする人にとっては気になるところなのではないでしょうか。

舌側矯正は、これを解消した方法と言えます。

では、通常のワイヤー矯正と舌側矯正、どちらが良いのでしょうか。

治療効果の面で比較すると、通常のワイヤー矯正の方が効果が高いといえます。

舌側矯正の場合のメリットは、見た目に目立たないという点しかなく、通常のワイヤー矯正と比べて治療期間が長くなる傾向にある割には、歯を綺麗に並べることが難しいというデメリットがあります。

また治療に要する費用の面でも差があり、舌側矯正では通常のワイヤー矯正の1.5倍ほど治療費用が高くなります。

ワイヤー矯正にも事前の準備と注意点があります

歯並びを矯正するために矯正歯科を受診したら、すぐにワイヤー矯正を行うという訳ではありません。

もし、矯正前に虫歯や歯周病がある場合には、そちらの治療が優先されます。

また、顎の大きさと歯の大きさ、並び方を見て医師が必要と判断すれば、抜歯を行うこともあります。

このような前準備を経て、ワイヤー矯正の治療が開始されます。

歯にブラケットとワイヤーを取り付け矯正を開始したら、最も注意すべきなのは虫歯です。

矯正によって歯に違和感を感じるため、少しの刺激でもその違和感が増強されてしまう恐れがあったり、歯にブラケットがついていることで、歯と器具との間や器具のつけ根部分では歯ブラシが当たりにくい、あるいは強い力でワイヤーやブラケットを刺激すると外れてしまう恐れがあるために、歯磨きがおろそかになりがちです。

医師や歯科衛生士の指導を受け、きちんと歯磨きをして虫歯を予防しましょう。

また、矯正で歯を移動させる際に、歯の根の部分が溶ける「歯根吸収」という現象が起こることもあります。

こうなると矯正治療の継続は難しく、歯の連結や固定が必要になる場合があります。

(まとめ)ブリッジ治療で歯並びは良くなる?

1.ブリッジ治療で歯並びは良くなります

ブリッジ治療で歯並びは矯正できますが、矯正後も保定という手順を行わないと移動した歯が元の位置に戻ろうとしてしまいます。

また、かかる費用は高額で矯正には年単位で期間が必要なので、医師に十分に相談してから治療しましょう。

2.歯列矯正には、「ワイヤー治療」と「補綴治療」とがあります

歯列矯正には、「ブリッジ治療」と「補綴治療」とがあります。

ブリッジ治療とは、歯にワイヤーをかけて少しずつ歯を移動させる方法、一方補綴治療とは歯にかぶせ物をしたりセラミックを貼り付けることで歯の向きを変化させて矯正する方法です。

3.ブリッジ治療にも2つの方法があります

ワイヤー矯正には、ブラケットを歯の唇側につける方法と、舌側につける方法とがあります。

唇側にブラケットを付ける方法は、見た目は気になるものの、歯を動かす効果や治療期間の面でも、舌側矯正よりも効果が高いといえるでしょう。

4.ワイヤー矯正にも事前の準備と注意点があります

ワイヤー矯正前後では、虫歯に最も気を付ける必要があります。

特にワイヤーを付けたあとは、しっかりと歯磨きをして虫歯を予防しないと、矯正の継続が難しくなります。

また、歯根吸収が起こってしまうと矯正治療が中止になることもあります。

4884
Return Top