マウスピース矯正のメリット・デメリット|食事のときの使用や歯磨きについて

マウスピース矯正のメリット・デメリット|食事のときの使用や歯磨きについて
歯列矯正の方法を検討する際、それぞれの治療のメリットだけではなくデメリットも気になるのは自然なことでしょう。
虫歯などの歯列矯正における失敗を避けるためにも、デメリットの確認は欠かせません。
この記事では、マウスピース矯正のメリットと併せて、デメリットについても具体例を交えてご紹介します。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のメリット
マウスピース矯正のメリットとしては、4つのポイントが挙げられます。

矯正中であることが目立ちにくい

メリットとしてまず挙げられるのは、矯正中の見た目のよさです。

歯列矯正というと、ワイヤーを歯にはめ込んだ姿を思い浮かべる方も多いでしょう。
見た目が悪くなることが気になって、治療を諦めている人も少なくありません。
特に人前に出る仕事の方は、抵抗を感じることでしょう。

一方、マウスピース矯正なら、矯正中でもいつもどおりの姿で生活することができます。
なぜなら、このマウスピースは透明で薄く、目立ちにくいからです。
たとえ口を開けたとしても気づかれることは少ないでしょう。

取り外すことが可能

マウスピースは、好きなときに自分で取り外すことができます。

特にこのメリットが活かされる場面として代表的なのは、記念写真を撮る時ではないでしょうか。
結婚式や旅行などの思い出に残るような写真を撮るとき、できるだけきれいな笑顔で写りたいのは誰しもが願うことです。

マウスピースなら必要なとき自分で簡単に取り外せるので、写真を撮るときだけ取り外して素敵な写真を残すことができるでしょう。

歯磨きが可能で口腔内を清潔に保てる

自分で取り外すことができることで得られるメリットは、これだけではありません。
たとえば、歯磨きのしやすさも挙げることができるでしょう。

ワイヤーによる歯列矯正の場合、ワイヤーをつけたまま歯磨きを行うため、どうしても磨き残しが多くなり、虫歯の原因になることもあります。
一方、マウスピース矯正は何もない状態で磨けるので、口の中をすみずみまで磨くことができます。

口腔内の清潔を簡単に保つことができれば、虫歯や歯周病の予防にもなります。
マウスピース矯正は、歯の健康にとっても優しい治療と言えるでしょう。

ワイヤー矯正などと違い食事が制限されない

食事の内容を気にしなくてよいことも、メリットの一つです。

従来のワイヤーによる歯列矯正では、矯正装置と歯の間に食べ物が挟まったり詰まったりすることがよくあります。
特にポテトチップスなどのスナック菓子は歯に詰まり、取れにくいもの。
食べかすがそのまま残ってしまうと、虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。
また着色汚れが気になって、コーヒーやお茶を飲めないことも珍しくないでしょう。

しかしマウスピース矯正なら、好きなときに自分で取り外しができるので、矯正中であっても制限なしで食事を楽しむことができます。
食事は毎日のことですから、好きなものを思う存分楽しめるメリットは大きいと言えるでしょう。

マウスピース矯正のデメリット

見た目の良さと取り外しの自由さが魅力のマウスピース矯正ですが、もちろんデメリットもあります。
ここでは、マウスピース矯正をする前に知っておきたいデメリットについてご紹介します。

1日20時間以上装着が必要

マウスピースは自由に取り外しができるとはいうものの、忘れてはいけないのが装着時間のこと。
装着時間の目安は、1日20時間以上とされています。

すなわち、取り外して良い時間は1日4時間以内ということ。
食事や歯磨きで取り外した後にうっかり取り付けるのを忘れてしまうと、すぐに装着時間が足りなくなるので気をつけましょう。

決められた装着時間を守らないと思うように歯が動かず、治療期間を延長せざるをえなくなることもあります。
マウスピース矯正は自分で取り外しができる自由さがある一方で、徹底した自己管理が求められる治療でもあるのです。

食事の時はマウスピースを外す必要がある

食事の時は、基本的にマウスピースを外さなくてはなりません。

なぜなら外さずに食事をすると、マウスピースが汚れやすいからです。
マウスピースと歯の間は密着しており、ほんのわずかな隙間しか空いていません。
そこに食べ物が入り込んでしまうと、なかなか取れにくいのです。

さらに汚れをそのままにしておくと、マウスピースの中で菌が繁殖して虫歯の原因にもつながります。
また、マウスピース自体が着色してしまうこともあるでしょう。
着色してしまったマウスピースは、見た目にもよくありません。

このようにマウスピースを外さずに食事をしてしまうと、虫歯や歯周病の原因を作るだけではなく、「見た目のよさ」というせっかくのメリットまで台無しになってしまうのです。

外すことができるため紛失の可能性がある

食事や歯磨きの度に外さなくてはならないマウスピース。
朝・昼・晩の食事の際、最低3回は外すことになるので、1日あたりの外す回数は多くなる傾向があります。

外す回数が多いということは、それだけ紛失する可能性も高くなるということ。

取り外し中は、一時的にどこかへ保管することになります。
バッグの中やホテルの洗面所など、普段と異なる場所に保管することが多くなる外出時は、さらに紛失しやすいものです。

マウスピースの管理には、常に注意を払いましょう。

歯磨きが不十分だと虫歯になりやすい

マウスピースを取りつける前には、丁寧な歯磨きが必要になります。
なぜなら、マウスピースと歯の間は密着していて菌が繁殖しやすい環境だからです。
少しでも汚れが残っていると、すぐに虫歯になってしまいます。

歯磨きは食後だけではなく、間食した後にも必要です。
食べる量は関係なく、キャンディを口に入れたりジュースを飲んだりしただけでも、その度に歯磨きをするほうがよいでしょう。

しかし1日3回の食後に加えて間食後も丁寧な歯磨きを行うなんて、社会人であれば難しい方がほとんどかもしれません。
そのため、間食のように頻繁に食べ物や飲み物を口にする機会がある方は、その習慣自体の見直しも必要になります。

歯の状態によってはマウスピース矯正では治せない

歯の状態によっては、マウスピース矯正が適さないこともあります。

一般的に歯並びを大きく変える必要がある場合は、他の矯正方法を検討するケースが多いでしょう。
たとえば、目立つ八重歯や大きな出っ歯などで抜歯が必要になる場合や、顎などの骨格のバランスに問題がある場合が例として挙げられます。

個人でマウスピースができるかどうかを判断することは難しいものです。
マウスピース矯正の可否については、歯科医師に相談することをおすすめします。

(まとめ) マウスピース矯正のメリット・デメリット|食事のときの使用や歯磨きについて

1.マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正は次の4つのメリットがあります。

• 矯正中であることが目立ちにくい
• 取り外すことが可能
• 歯磨きが可能で口腔内を清潔に保てる
• ワイヤー矯正などと違い食事が制限されない

外見面だけでなく、生活面・衛生面でもメリットがあるマウスピース矯正。
誰にも知られずに矯正治療を行いたい方や虫歯などの矯正トラブルが心配な方は、検討してみる価値があるでしょう。

2.マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正のデメリットは、次の5つです。

• 1日20時間以上装着が必要
• 食事の時はマウスピースを外す必要がある
• 外すことができるため紛失の可能性がある
• 歯磨きが不十分だと虫歯になりやすい
• 歯の状態によってはマウスピース矯正では治せない

これらのデメリットをまとめると、「自由に取り外しができる分、治療への意識を高め自己管理を徹底しなくてはならないこと」と言えます。
マウスピース矯正ならではのルールをきちんと守り、適切なケアを行うことで、満足できる治療効果が得られるでしょう。

3991
Return Top