人から見えない歯科矯正は3種類|自分に合う方法を見つけよう!

人から見えない歯科矯正は3種類|自分に合う方法を見つけよう!
出っ歯や乱杭歯などを改善し、美しい歯並びを手に入れることのできる歯科矯正ですが、目立つ器具をとりつけるため二の足を踏んでしまう方も多いようです。
しかし技術の進歩により、人から見えない・目立たない矯正の方法も登場してきました。
それぞれを比較し、自分に合った方法で歯並びを改善しましょう。

人から見えない歯科矯正は3種類

人から見えない歯科矯正は3種類
歯並び・噛み合わせの改善には、見た目の美しさはもちろん歯科疾患の予防やそしゃく機能・発音の改善など、メリットが多くあります。
しかし歯科矯正というとワイヤーを使ったブラケット矯正のイメージが未だに強く、抵抗感から諦めていた方も多いのではないでしょうか。

実は矯正の方法にはさまざまな種類があり、人から見えにくい・外からはわかりにくい矯正方法を選択することもできます。
目立たない矯正方法は3種類あります。
それぞれの特徴やメリット・デメリットを比べていきましょう。

裏側矯正(舌側矯正)の特徴

歯の裏側(舌側)にブラケットという器具を装着し、そこにワイヤーを通す方法です。
ワイヤーの曲がる力によって前歯から奥歯まで引っ張り、少しずつ歯の位置を動かしていきます。

歯の裏に装置を取り付けるので、表からは見えづらいという点が最大の特徴です。
ただ歯の表側よりも裏側の方が複雑な形状のため、取り付けに技術が必要で、コストも割高になります。
また、表側に取り付けるよりもワイヤーが短くなるため強い力がかかりやすく、かかる力の調整が必要です。
歯自体の色や形は変えることができません。

セラミック矯正の特徴

傾きや大きさが気になる歯(場合によっては周辺の歯も含む)を削って歯型を取り、セラミッククラウン(被せ物)を被せて歯並びや形を美しく整える方法です。
セラミックは陶器の材料にもなる無機材料で、透明感を持つため天然の歯のような白く美しい歯にみえます。

歯の位置を動かさないので数ヶ月で治療が終わり、他の方法と比べて大変スピーディーな点が大きな特徴です。
歯を削った段階で仮歯を装着するため、治療中も見た目を気にする必要がありません。

また仕上がりが大変美しく、希望通りになる点もセラミック矯正の特徴です。
歯の大きさや形、位置や角度をしっかりデザインすることで、事前に治療後の仕上がりを確認することもできます。

マウスピース矯正の特徴

個々の歯列の形に合ったほぼ透明のマウスピースを作製し装着することで、少しずつ歯並びを改善していく方法です。
「インビザライン」は、世界的シェアを誇るアメリカ発のマウスピースシステムです。
コンピューターのシミュレーションに基づき数十個のマウスピースを作製し、順番に装着して徐々に歯を移動させます。
ブラケット矯正よりも押す力が弱いため、痛みや違和感は少ないですが、場合によっては抜歯など他の治療を併用することもあります。

インビザラインのマウスピースはほとんど透明に近く、しかも卵パック程度の薄さのため目立たない点が最大の特徴です。
また他の矯正装置と違い、自分で着脱できる点も大きな特徴といえます。
大切な人と会うシーンなど、自分の判断で外すことも可能です。

メリット・デメリットで比較

3種の歯列矯正には、「目立たない」という最大の特徴の他に、それぞれメリット・デメリットがあります。
長所だけでなく短所までしっかり把握し、自分の希望に合った方法を選びましょう。

裏側矯正(舌側矯正)のメリット・デメリット

健康な歯を削る必要がなく時間はかかりますが、自然な仕上がりになる点がメリットです。
場合によっては抜歯が必要になることもあります。

ただし舌側に装置を取り付けるため、舌が当たって気になる・発話しづらくなるなどのデメリットがあります。
また常時ブラケットを装着していて自分では取り外すことができないため、歯磨きがしづらい点もデメリットのひとつです。
食事の際に食べ物が装置に挟まってしまうと、口腔トラブルの原因になる可能性もあります。

セラミック矯正のメリット・デメリット

治療期間が短い点が最大のメリットといえるでしょう。
削ってセラミックを被せるだけなので、早ければ2ヶ月間程度で治療が完了します。
治療中も仮歯が入って目立たないので、接客業の方・人に見られる職業の方など矯正装置を長期間装着できない方でも挑戦しやすいでしょう。

また、審美性が高い点も大きなメリットです。
セラミックを使用することで白くて形の良い歯になるため、爽やかで明るい口元を演出することができます。
歯並びだけでなく歯の形や色が気になる方、見た目を確実に美しく整えたい方のニーズに応えられます。
金属を一切使用しないので金属アレルギーなどを引き起こす心配もありません。

デメリットとしては、目的の歯だけでなく場合によってはその周辺の歯まで削る必要があるという点が挙げられます。
また歯の状態によっては、神経の治療や抜歯が必要になる可能性もあります。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

自分で着脱ができるという点が大きなメリットです。
基本的に食事の際は外すため、食事の制限がなく今まで通りに楽しむことができます。
また、外した状態で歯を磨くことができるので、口腔内の衛生を保ちやすいといえるでしょう。

他の矯正方法と違って取れてしまっても自分で装着できるためメンテナンスが少なく、通院回数も少なく済む点もメリットのひとつです。
4~8週間に1度程度の通院なので、忙しい方にもおすすめです。
さらにコンピューター管理のもと確実に矯正することができます。
その他、歯を削らなくて済む点や、金属アレルギーの心配がない点などもメリットです。

デメリットとしては、1日20時間程度の装着が必要になることが挙げられます。
つまり、食事・歯磨きの時間以外はほぼ装着していることになります。
自分で着脱が可能な分、外している時間が長いと充分な効果を得られなくなってしまうので気を付けなくてはなりません。

期間・費用で比較

裏側矯正(舌側矯正)の場合、ブラケットの装着は平均2~3年の期間が必要となります。
またブラケットの装着が終わっても、後戻りを防ぐための装置をブラケット装着期間の約2倍程度の期間にわたって装着しなくてはなりません。
費用は平均60~100万円で、別途ワイヤーの調整費用が月1回程度必要になります。

セラミック矯正の場合、早ければ2ヶ月間、長くても数ヶ月間で治療が完了します。
費用は4本セットで約30万円からのため、手軽に始められます。

マウスピース矯正の場合、20~25個ほどのマウスピースを順番に約2週間ずつ装着することになります。
治療に必要な期間は1年間ほどです。
また費用はフルのマウスピースで約67万円からとなります。

以上を比較すると、期間・費用の面ではセラミック矯正もしくはマウスピース矯正がおすすめといえます。

少ない本数にはセラミック矯正がおすすめ

「この1本さえどうにかできれば」といった悩みには、1本から施術できるセラミック矯正がおすすめです。
もともとセラミックは強い力が加わると割れやすいため、奥歯よりも前歯などに向いています。
少ない本数なら単価も安く済ませることができますし、短期間で終わらせることが可能です。

本数が多い場合はマウスピース矯正がおすすめ

「全体的に歯並びを改善したい」といった悩みには、歯列全体を一気に治療できるマウスピース矯正がおすすめです。
多い本数の場合、自分の歯を削らずに残せる方法が良いでしょう。
マウスピースなら歯を削らないだけでなく、費用や期間の面でもバランスが取れています。

ホワイトワイヤーもあるがあまりおすすめしない理由

歯の表面にブラケットを装着する場合でも、ホワイトワイヤーという白いワイヤーと白いブラケットを使用して目立たせなくする方法もあります。
しかしホワイトワイヤーは、ワイヤー自体が白いのではなく、シルバーワイヤーの表面を白くコーティングしているにすぎません。
使用しているうちに、食事によって色が染まってしまったり、歯磨きによってコーティングが剥がれてしまったりする可能性があります。
またホワイトワイヤーの場合は、治療効率が悪く結果的に治療期間が長引いてしまうこともあります。
これらの理由から、あまりおすすめできる方法ではありません。

(まとめ)人から見えない歯科矯正は3種類|自分に合う方法を見つけよう!

1.人から見えない歯科矯正は3種類

裏側矯正(舌側矯正)
歯の裏側にブラケットを装着し、ワイヤーを通す方法。
ワイヤーが曲がる力で時間をかけて歯並びを改善します。

セラミック矯正
問題のある歯を削り、セラミックで造った被せ物を被せる方法。
器具を使わず、短期間で治療が終わります。

マウスピース矯正
ほぼ透明なマウスピースを装着することで、徐々に歯並びを改善する方法。
マウスピースは自分で脱着できます。

2.メリット・デメリットで比較

裏側矯正(舌側矯正)
メリット:歯を削らなくて済む。
デメリット:装置は取り外せないので歯磨きがしづらい。装置が舌に当たるため発話しにくい。

セラミック矯正
メリット:審美性が高く、仕上がりが美しい。歯の形や色も希望通りにできる。治療にかかる期間が短い。
デメリット:歯を必ず削る必要がある。

マウスピース矯正
メリット:歯を削らなくて済む。自分で脱着できるので、食事や歯磨きを普段通りに行える。通院回数が少ない。
デメリット:1日20時間の装着が必要。

3.期間・費用で比較

裏側矯正(舌側矯正)
期間:平均2~3年間+後戻り防止の装置の装着が必要
費用:平均60~100万円+ワイヤーの調整費用

セラミック矯正
期間:約2ヶ月間~数ヶ月間
費用:4本セットで約30万円~

マウスピース矯正
期間:約1年間
費用:フルで約67万円~

29
Return Top