湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

出っ歯の歯並びを治すにはどうしたらいいの?

出っ歯は原因を取り除き施術をすることで治ります


出っ歯の原因は遺伝だけでなく、習慣や癖などが影響しています。

出っ歯などの歯並びはセラミックの差し歯を使って歯並びを整えるセラミック矯正や、一般的なワイヤーなどの装置や器具を付けて行う歯列矯正などで治すことができます。

この習慣や癖を直さずに、矯正などを行っても元に戻ってしまう可能性があります。

日頃の習慣や癖は歯並びに影響を与えます

歯並びは遺伝もしますが、出っ歯の原因は遺伝だけではありません。

子供の頃から、もしくは大人になってからの悪習慣で歯並びは悪くなってしまいます。

出っ歯の原因になる習慣や癖についてご説明していきます。

長期間指しゃぶりをしていた

長期間指しゃぶりをしていると、上の前歯に上向きに力がかかり出っ歯になってしまいます。

3歳くらいまでは見守っていても大丈夫ですが、4歳半くらいを過ぎてもしていれば少しずつやめさせたほうがいいでしょう。

それでも歯並びが改善しないなど、心配があれば歯科医院に相談しましょう。

爪をかむ癖

爪をかむ癖も指しゃぶり同様、出っ歯の原因になります。

舌癖

舌で歯を押す癖があると、長期間歯に力がかかり歯が前に出てしまいます。

無意識にしてしまっていることが多いので、改めて習慣を見直してみましょう。

口呼吸

もともとの歯並びや鼻炎など何かしらの原因で、口が開いていると下顎や舌が下がります。

歯並びは舌や頬の力などがバランスよくかかることで、正常な位置を保っていますが、舌が下がることで上顎を押し上げることができず、上顎のアーチが崩れて狭くなり、歯並びを悪くしてしまいます。

口が開いていると前歯はどんどん前に出てきてしまうので、気付いたら口を閉じるようにしましょう。

これらの他にも、

  • 頬杖をつく
  • うつ伏せや横向きで寝る

などの習慣は出っ歯の原因になります。

長期間にわたって片頬に負担がかかってしまうような習慣や癖が多くあると、少しずつ歯並びを悪くしてしまいます。

出っ歯は施術をすれば治ります


出っ歯は施術を行えば、綺麗な歯並びにすることができます。

しかし、同時に出っ歯の原因になる習慣をやめることが大切です。

出っ歯の施術法には、セラミック矯正や一般的な矯正などがあります。

短期間で歯並びを綺麗にしたい人には、セラミック矯正がおすすめです。

一般的なワイヤーやブラケットを使う矯正は平均2年と長期間かかり、矯正が終わっても「後戻り」することがあるため、リテーナーという保定装置を付ける必要があります。

また、「金属の器具が見えるのが恥ずかしい」と矯正を諦めてしまう人も多いです。

セラミック矯正は自分の歯を削り、セラミックの差し歯にすることで歯並びを美しく改善できます。

差し歯にするため、削った後も仮歯を入れるので周囲に気付かれることもありません。

施術するのは歯並びが悪い歯のみなので、前歯だけだと矯正のように年単位で期間がかかることもありません。

最短で20日程度、通常数ヶ月で施術が完了します。

矯正のように「後戻り」はしないため、基本的には施術が完了すれば施術終了になります。

セラミックは見た目が非常に自分の歯に近く綺麗に仕上がります。

セラミック矯正は保険が利かないため、自費になります。

歯科医院により費用が違うので、事前にしっかり確認しておきましょう。

出っ歯は見た目だけではなく、食事への影響や歯周病リスクの上昇といったデメリットがあります

出っ歯は見た目が悪いですが、「そこまで気にしていない」という人もいるかもしれません。

しかし出っ歯は見た目が悪いだけではなく、次のようなリスクがあります。

食べ物が噛み切りにくい

出っ歯だと前歯がかみ合わないため、物をうまく噛み切ることができません。

噛み切れないだけでなく、歯並びが悪ければ食べ物がうまく噛めないこともあります。

食べ物を小さく噛み砕けない場合、その分胃などに負担がかかってしまいます。

歯周病にかかりやすい

口がずっと開いている状態は口腔内が乾燥しやすくなり、菌が増殖し歯周病にかかりやすくなります。

顎関節症になりやすい

顎に負担がかかりやすく、顎関節症になりやすいので注意が必要です。

着色しやすい

上顎の前歯が出ていることで意識をしないと口が閉じられないため、前歯が乾燥しやすく着色が付きやすくなります。

歯科医院で着色を取ってもすぐにまた、前歯のところに着色が付いてしまう場合は口が開いていることが原因かもしれません。

普段は閉じるように意識していても、寝ているときは開いているため着色がすぐに付いてしまう人も多いです。

(まとめ)出っ歯の歯並びを治すにはどうしたらいいの?

1.出っ歯は原因を取り除き施術をすることで治ります

出っ歯などの歯並びはセラミック矯正や歯列矯正で治すことができますが、出っ歯になる原因を取り除いておかないと後戻りしてしまうこともあります。

施術するのと同時に出っ歯になる習慣や癖を理解して改善していくことが大切です。

2.日頃の習慣や癖は歯並びに影響を与えます

出っ歯は遺伝だけでなく、日頃の習慣や癖などが大きく影響します。

出っ歯になるような習慣や癖をしていなかったか、改めて確認しましょう。

原因を改善しないとどんどん前に出てくるため、早めに改善することが大切です。

3.出っ歯は施術をすれば治ります

短期間で周囲に気付かれずに出っ歯な歯並びを治すには、セラミック矯正がおすすめです。

セラミック矯正とは、セラミックの差し歯を被せることで歯並びを整える施術法です。

施術をしたい場合、2~3件金額を調べておくといいでしょう。

4.出っ歯は見た目だけではなく、食事への影響や歯周病リスクの上昇といったデメリットがあります

出っ歯は見た目が悪いことだけが問題なのではありません。

胃に負担がかかったり歯周病や顎関節症になりやすいなどのリスクが高まります。

できるだけ早めに改善することをおすすめします。

6986
Return Top