湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びを良くする手術とは?

歯並びの手術は矯正による改善が困難なケースで行われます


歯並びを外科手術で治す必要があるのは、矯正では改善するのが難しいケースや歯だけではなくあごの影響で歯並びが悪くなっているケースなどです。

歯並びが悪いというと歯だけに問題があるように思われがちですが、あごの大きさやずれなどが影響して悪くなっていることもあります。

そのため、歯の矯正だけでなくあごを改善することが必要なこともあるのです。

外科手術ですから、リスクもありますが、治療期間の短縮や大きな効果が期待でき、場合によっては保険適用でできることもあります。

歯並びの手術はあごの骨などの調整が必要な時に行われます

歯並びを整えるのに外科手術を用いる必要があるのは、あごの骨を切ったりずらしたりしなければいけない時などです。

あごの骨がずれていたり、上あごと下あごの大きさが違っていたりするために歯並びが悪くなっていると考えられる場合には、それを外科手術で調整して正しいかみ合わせにすることが必要となります。

また、歯並び矯正の新しい方法として知られているインプラントを行う場合にも、あごの骨に埋め込む手術が行われています。

あごの骨がずれている場合には、正しい位置にあごを戻すために固定装置を挿入して骨を固める手術を行います。

正常なかみ合わせの場所で固定をして、あごが固まったら取り外す処置をとります。
あごの大きさが違う場合には、骨を切って対応すると言われています。

その前後に行われるのが、歯並び矯正によるあごのかみ合わせと歯並びの改善です。

インプラントではあごの骨に器具を埋め込んで人口の歯を入れますが、骨が足りない場合には、別途で骨を増やす手術が必要になる可能性もあります。

歯並びの手術では大きなメリットがあります

af9920062537l
歯並びを改善するために外科手術を行うのは少し怖い気もしますが、矯正だけでは治すことのできない歯並びまで改善できる大切な方法です。

また、歯並びの外科手術には矯正にはないメリットもあります。

歯並びを治すためにあごの状態を改善することで、顔立ちがトータルで美しく整うこともあると言われています。

あごの手術を終えるとかみ合わせが改善されるとともに、外側から見たあごのバランスも良くなるため、顔全体のバランスが整う効果も期待できるでしょう。

横顔のシルエットが整って見た目の印象も大きく変わるかもしれません。

さらにあごの手術では、矯正のように歯や歯茎には負担を与えずに歯並びやかみ合わせを調整できるので、歯茎が下がったり歯がぐらついたりするリスクを抑えられると言われています。

また、あごが大きくずれているなど、矯正だけでは改善するのが難しい場合には、保険を使うことができることもあります。

顎変形症と呼ばれており、矯正と外科手術による改善が必要とされるケースです。

自分では決めることができず、医師の診断が必要となりますが、費用を軽減しつつ歯並びを改善できるため、大きなメリットと言えるでしょう。

歯並びの手術には体の負担などのリスクもあります

歯並びの手術は、本格的な外科手術となるため、それなりにリスクも考えておく必要があるでしょう。

全身麻酔で行われることもあって、入院期間も必要となります。

仕事をしている人は休みを取って行わなければならないため、体の負担以外の面でも大変さを感じるかもしれません。

また、手術の後に顔がしびれたり、後戻りしたりすることを防ぐために、長く補てい装置を使う必要もあります。

手術だけでなく矯正が必要となる場合には、手術の前後に一定の期間、ブラケットをつけて過ごさなければいけません。

あごの手術で歯並びを治す場合には、矯正を始められるタイミングが決まっています。

あごの成長が続いている最中に手術を行うと後戻りしやすいため、成長が終わってから行わなければなりません。

小さな頃にはできないので、勉強や仕事などの忙しい時期に矯正を行うこととなり、環境によっては心身ともに負担となる可能性もあるでしょう。

(まとめ)歯並びを良くする手術とは?

1.歯並びの手術は矯正による改善が困難なケースで行われます

歯並びの手術は、歯の矯正だけでは不十分な場合に用いられます。

外科手術なのでリスクもありますが、早く治療を終えられるほか、大きな効果が期待できるなどのメリットもあります。

2.歯並びの手術はあごの骨などの調整が必要な時に行われます

歯並びの外科手術は、あごの骨の調整が必要となる場合に用いられます。

インプラントでもあごの骨に埋め込むために手術が行われています。

あごのずれなどを治す手術では固定装置を入れたり骨を切ったりといった方法がとられます。

3.歯並びの手術では大きなメリットがあります

歯並びの手術では矯正だけで治せないものも改善でき、歯や歯茎への負担を抑えて顔立ちまで整える効果が期待できます。

保険適用でできる場合には、費用負担も軽減できるでしょう。

4.歯並びの手術には体の負担などのリスクもあります

歯並びの手術は本格的な麻酔を使った外科手術となります。

そのため、体への負担もありますし、忙しい時期に手術のために入院することも必要です。

また手術後にもアフターケアが必要となります。

5849
Return Top