湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

ひどい歯並びはどう矯正すればいい?

ひどい歯並びにはセラミック矯正がおすすめです


歯並びがひどいと噛み合わせがズレるので、物が食べにくい、虫歯や歯周病になりやすい、そして見た目に悪いと様々な弊害があります。

ひどい歯並びは、矯正で治すことができるとされています。

矯正の中でも、短期間で簡単に歯並びを綺麗に正せると言われている、セラミック矯正が有効的だとされています。

自分の希望通りの歯の形や色を選べるなどの特徴があります。

矯正が必要な位ひどい歯並びの原因は、遺伝や生活習慣にあるといわれています

歯並びがひどい原因としては、先天的要因と後天的な要因が挙げられます。

遺伝により生まれつき顎の骨が小さかったり変形している、歯が小さいもしくは大きい、歯の数が多いもしくは少ないといったことが考えられます。

歯が生える土台となる顎が正常な形、大きさでなかったり、歯の大きさや形に異常がみられると、歯が正しく並ぶスペースが確保できずに、歯列が乱れる原因となります。

更に、日常的に指しゃぶりや頬杖をつく、舌で歯を押す、歯ぎしりといった癖があると、顎の骨が変形したり、上下の歯が正しくかみ合わず歯並びがひどくなります。

そして食生活においても、顎の発達を促す硬いものを避けて、柔らかないもの好んで食べていると顎や頬の筋肉が未発達になり、歯が生えるスペースを狭くする可能性があるのです。

他にも、虫歯により乳歯から永久歯への歯の生え変わりの時期が通常よりも早いと、永久歯が生えるのを隣り合った乳歯が傾いてきて邪魔するので、歯列が乱れやすくなります。

また、歯周病が悪化すると歯根が破壊されて歯がぐらぐらになり、動きやすくなって歯並びが悪くなることもあります。

矯正を要するほど歯並びがひどいと、虫歯や歯周病のリスク上昇や発音の不備に繋がります


歯並びがひどいと、見た目はもちろん体の不調や歯の健康を害するなど様々な影響を及ぼします。

まず、歯と歯に隙間ができやすく、歯ブラシがしっかり磨いているつもりでも食べかすが隙間に挟まったまま蓄積し、虫歯菌が繁殖して虫歯になったり、歯石が溜まって歯茎が炎症を起こして歯肉炎や歯周病にかかりやすくなります。

更に、歯並びの悪さにより歯の隙間から息が漏れて、言葉が発音しにくくなったり、滑舌が悪くなって話すことに不自由さを感じる人もいるでしょう。

また、歯並びが悪いことによりかみ合わせが正しくできないため、顎に負担がかかって顎関節症を発症するリスクも高まります。

そして、食べ物をしっかり噛み切ったり、すり潰すことができにくくなるため、口から入った食べ物が固形の状態で胃に送られるため、消化にかなりに負荷がかかって胃腸の調子が悪くなる原因にもなります。

他にも、かみ合わせが悪いことにより、顎の骨や筋肉などに負荷がかかって、首や肩の筋肉が顎をカバーしようとして疲労し、肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。

顎の骨に歪みにより、全身のバランスが崩れて姿勢が悪くなり、腰に体重がかかって腰痛に悩まされるというケースもあります。

治療期間が短い、歯の形や色を選べるといったメリットがセラミック矯正にはあります

ひどい歯並びを正すには、矯正で歯列を整えるのが一般的な治し方です。

通常矯正と言うと、ブラケットと呼ばれるワイヤーでできた矯正器具を歯に装着して、歯を引っ張りながら歯列を正すワイヤー矯正がこれまで一般的でした。

しかし、ブラケットが邪魔して歯磨きがしづらく虫歯になりやすい、見た目にも綺麗とは言えない、平均2、3年という長期間の装着が負担となるなどのデメリットも多かったのは確かです。

そこで、最近では歯の表面を削ってセラミックでできた人工の歯を装着し、歯列を整えていくセラミック矯正が主流となりつつあります。

セラミック矯正は、最短でも2ヶ月長い人でも数ヶ月で治療を終えることができる上に、自分の望み通りの歯の形や色を選べる、ワイヤーを装着する煩わしさがないなどのメリットがあります。

また、大人であってもいつでも始めることができる上に、治療費は保険適用外なので自費となりますが、ワイヤー矯正に比べると費用もさほど高額ではないため、経済的な面で負担が少しは軽くなるでしょう。

(まとめ)ひどい歯並びはどう矯正すればいい?

1.ひどい歯並びにはセラミック矯正がおすすめです

ひどい歯並びを治すには、短期間で治療できていつでも始められるセラミック矯正が効果的だと言われています。

自分で自由に歯の形や色が選択できるので、理想の歯並びに近づけます。

2.矯正が必要な位ひどい歯並びの原因は、遺伝や生活習慣にあるといわれています

歯並びがひどいのは、生まれつきの顎や歯の形や大きさに関係しているとされています。

更に、指しゃぶりなどの癖や歯の生え変わり時期なども、歯並びが乱れる原因となっています。

3.矯正を要するほど歯並びがひどいと、虫歯や歯周病のリスク上昇や発音の不備に繋がります

歯並びがひどいまま放置すると、見た目に悪い上に歯の健康を害するリスクがあります。

更に、上下の噛み合わせがズレるので肩こりや頭痛などの体の不調につながる可能性も出てきます。

4.治療期間が短い、歯の形や色を選べるといったメリットがセラミック矯正にはあります

ひどい歯並びを治療するには、短期間で治せて自分の好きな歯の色などを選べるセラミック矯正がおすすめです。

矯正器具を装着する煩わしさもなく、費用もさほど高額ではないなどメリットもたくさんあります。

3367
Return Top