湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の育ち方で歯並びが変わる?

歯並びは歯の育ち方で変わる場合もあります


歯並びは正しく歯が生え揃わないと美しくなりません。

歯の育ち方が整わないと歯並びもガタガタになってしまうことがあるので、歯並びには歯の成長期が大切です。

生え変わりのタイミングで、乳歯から永久歯に中々ならない部分があると、隙間ができて永久歯がずれてしまうケースもあります。

そのため、子供の成長に合わせて歯の育ちも進んでいるかをチェックしていくことが必要となります。

先天的な疾患の場合もありますが、生活の中で整えられることもありますので、日常でできることも考えてみましょう。

子供の頃から歯並びに必要な育ち方のサポートをしましょう

歯並びを整えるためには、歯やあごの正常な育ち方をサポートすることが大切です。
子供の頃に歯やあごは成長が顕著になると考えられているため、周囲の大人が見守り、必要があればくせを正さなければなりません。

日常生活において、いつもやっているくせや習慣、食べ方などをチェックしてみましょう。

また、食事の内容にも注意が必要です。
歯並びに影響を与えるのは、あごを触るくせや飲み込み方のくせなどです。そして、しっかりと噛まないこともあごの育ちを遅らせる原因となり、歯並びを悪化させるリスクとなります。

柔らかい食事を好んで、あまりあごを使わずに食べない食生活も成長を妨げるかもしれません。前歯で噛み切ることが少ない一口大の食べ物も前歯の育ちに影響を与えて、歯並びを悪くする可能性があるでしょう。

その他、体の姿勢が悪いことでも歯並びに影響を与えます。
姿勢の悪い状態でいると下あごの成長が遅れてしまい、あごの範囲に歯が並びきらなくなってしまうのです。
幼少期には多いことですが、高い椅子に座っていると足が浮いてしまい、姿勢が悪くなると言われています。

歯の育ち方が悪いことで歯並びがずれることがあります

歯の育ち方は、歯並びに大きな影響を与えると考えられます。

歯がなかなか出てこないことや部分的に生え変わりが遅いなどの育ち方の違いによって、先に出ている歯が動きやすくなってしまうことがあります。

育ち方が順調であれば、一定のタイミングで歯は生え変わっていき、永久歯が揃いますが、一部だけ乳歯が残って永久歯が生えないと、空いた隙間に周りの歯がずれてしまうかもしれません。

特に左右対称に生え変わることができないと、すでに生えている歯が中央寄りにずれてくる危険もあります。

すると、後から生えてきた歯が正しい位置に出られなくなったり、曲がったりしてしまうのです。

また、乳歯がなかなか抜けないことで永久歯の位置がずれることもあると考えられています。
乳歯の虫歯も歯並びに悪影響を与えることがあるので、歯磨きや虫歯の治療などの対応も重要となるでしょう。

歯並びはあごの育ち方に影響を受けます

歯並びは歯の育ち方に影響を受けますが、その土台となるあごの成長も重要な働きを担っています。

そのため、あごの育ち方が悪いことでも歯並びに悪影響を与えることがあると言われています。

あごの成長は中学生くらいまで続いていますので、歯並びの矯正を行うタイミングとしてもこの時期は重要です。

あごの育ち方で歯並びに悪影響を受けるパターンとして代表的なのは、あごがずれてしまったり、成長が遅れてしまったりすることなどです。

あごの成長が遅れたりあごがずれたりするとかみ合わせが悪くなり、歯並びに悪影響を与えます。

あごの育ちを支えるのは、あごを動かすことや食事などにも関係がありますが、体全体の影響を受けることもあると言われています。

(まとめ)歯の育ち方で歯並びが変わる?

1.歯並びは歯の育ち方で変わる場合もあります

歯並びは歯が正しい育ち方をしていないと揃わなくなってしまう恐れがあります。

生え変わりのタイミングなど、歯がずれやすくなるので、子供の歯の育ち方をチェックして日常的にも成長を支えることが必要です。

2.歯の育ち方が悪いことで歯並びがずれることがあります

歯の育ち方が悪いと、乳歯が抜けない、永久歯の生えそろい方のバランスが悪くなるなどのトラブルが起こりやすいです。

そのことで後から生える永久歯がずれて歯並びが悪くなる可能性も考えられます。

3.歯並びはあごの育ち方に影響を受けます

歯並びに影響を与えるのは歯の育ち方だけではなく、あごの成長もあります。

あごの育ち方が悪いと、あごがずれるほか、成長が遅れ、歯並びがずれてしまうこともあるのです。

あごの成長はあごを動かすことだけでなく、体全体の影響も考えられます。

4.子供の頃から歯並びに必要な育ち方のサポートをしましょう

歯並びを整えるには、子供の頃から歯やあごの正常な育ち方をするようにサポートすることが必要です。

歯やあごの育ちのためには、日常的なくせや習慣などをチェックすることで、成長を妨げるリスクを減らしましょう。

食事の内容などにも注意が必要となります。

1699
Return Top