湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びの矯正で抜かない方法はありますか?

歯並びの矯正で抜かない方法はセラミック矯正です


一般的な歯並びの矯正ではワイヤーを使った方法で、このやり方だと歯を抜かない施術は難しいことがあります。抜かなくても大丈夫だったとしても、後戻りしやすく、かえって歯並びが悪くなることもあるため注意が必要です。

歯を抜かないで歯並びを整えたいなら、セラミック矯正がおすすめです。部分的な歯のでこぼこに対応しやすい施術で、周りの歯に影響を与えることはありません。

抜かない施術はセラミック矯正がおすすめです

ワイヤーとブラケットを使う矯正だと、ほとんどの場合で歯を抜くか、歯を削らなければなりません。マウスピース矯正でも歯を並べるために、多くの場合で歯を削って整えていきます。

どちらの方法も狭いスペースに歯を並べていかなければならず、新たなスペースを作らないと歯並びを整えることができないためです。ワイヤー矯正もマウスピース矯正も歯全体を並び替える方法で、どこかの歪みを直すならどこかに隙間を作らなければなりません。

一方でセラミック矯正は、部分的な矯正に使える素材です。セラミック矯正でも歯の角度がきつい場合は歯を抜くことはありますが、人工の素材で歯の大きさも調節できるため、歯を抜かずにそのまま整えられるケースもあります。

セラミック矯正のメリットは、歯の一部を削る施術で、ほかの歯への影響が少なくなることです。歯を動かして矯正する方法ではないため、周りの歯を押してしまうことがありません。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正でスペースが不十分だと、周りの歯を押して後戻りする可能性があります。セラミック矯正なら人工の歯を被せる方法で、後戻りの心配をしなくて済みます。

八重歯が気になる方や、前歯の一部の角度が気になる方に、セラミック矯正がおすすめです。奥歯の噛み合わせにずれがある方や、歯全体を整える必要がある方は、ワイヤー矯正やマウスピース矯正を選ぶ必要があります。

ワイヤー矯正で抜かないとデメリットがあります


ワイヤー矯正の多くは抜歯が必要な理由があります。できるだけ抜かない、抜かない矯正を売り文句にしている矯正歯科もありますが、ワイヤー矯正では抜かない矯正で限界が出てしまうことを覚えておく必要があります。

どんな歯並びでも抜かないと言う歯科医院は注意が必要です。ワイヤー矯正で抜歯しなければ、後々問題がおきる可能性も高く、そのような歯科医院は注意しましょう。

歯並びが悪くなるのは、顎が小さく歯が生えそろうスペースが足りないためです。狭い場所に歯が正しく並ぶことはできず、一部の歯が押されて傾いてしまっています。

その状態で抜歯をせずワイヤー矯正をしようと思えば、一部の歯並びを整えても、ほかの部分に力がかかり押されてしまうことがわかるでしょう。結果的にどこかに問題が出やすい方法のため、ワイヤー矯正で必ず抜歯しない施術はありえません。

歯を抜かないと言っている施術方法でも、親知らずを抜くことが多いです。または歯が生えている土台を広げなければなりません。

歯が傾いている角度が小さければ、歯を少しだけ削ってスペースを作り出します。1本の歯を削れる限界は0.3mmで、10本処置した場合でも3mmしかスペースを広げることはできません。

セラミック矯正も歯を削ります

部分的な歯並びの悪さなら、セラミック矯正で歯を抜かずに施術することも可能です。しかしセラミック矯正でも歯を部分的に削ることに変わりがありません。

セラミック矯正で歯を抜く必要があるのは、歯の多くがでこぼこになっているときや、歯の傾きが大きい場合です。人工歯のため歯の大きさは整えることができますが、周りの歯とのバランスを考えて、抜歯が必要なこともあります。

その代わり1本だけ歯の角度を変えたいときや、八重歯を治したいときにセラミック矯正がおすすめです。施術本数が少なければ、ワイヤー矯正やマウスピース矯正に比べて費用を抑えることができます。

施術期間もワイヤー矯正やマウスピース矯正が1~2年かかるところ、セラミック矯正なら数ヶ月で完了します。通院回数も3~4回程度で済みやすく、忙しく何度も受診することが難しい方に、セラミック矯正はおすすめです。

セラミック矯正で歯を削るのは、人工の被せものをする部分だけです。矯正する歯の数が少なければ、歯を痛める数が少なくて済みます。

歯を抜かない施術を希望の方は、それぞれの施術のメリットとデメリットを把握したうえで、最適な方法を選びましょう。無料のカウセリングで詳しく説明しながら、一番希望に合う方法を選ぶこともできます。

(まとめ)歯並びの矯正で抜かない方法はありますか?

1.歯並びの矯正で抜かない方法はセラミック矯正です

一般的なワイヤー矯正だと、歯を抜かない方法で後戻りしやすく、かえって歯並びが悪くなることもあるため注意が必要です。部分的な歯のでこぼこなら、歯を抜かないセラミック矯正をおすすめします。

2.抜かない施術はセラミック矯正がおすすめです

ワイヤー矯正やセラミック矯正では、歯を抜くか歯を削る必要があります。新たなスペースを作らなければならず、隙間が足りないと後戻りしやすいためです。

セラミック矯正なら部分矯正が可能で、周りの歯に影響を与えることはありません。

3.ワイヤー矯正で抜かないとデメリットがあります

ワイヤー矯正のほとんどは抜歯が必要です。抜かなければ他の歯に影響が出るため注意しましょう。

抜かないと言っている施術でも、親知らずを抜くか、歯の土台を広げる必要があり、または歯を削って行う場合などがほとんどです。

4.セラミック矯正も歯を削ります

セラミック矯正でも歯を削りますが、矯正の本数が少なければ、歯を痛める数が少なくて済みます。施術期間が短く、費用も抑えられることもセラミック矯正のメリットです。

どの施術が向いているかカウセリングで説明を受けることができます。

324
Return Top