歯並びは体調不良に影響しますか?

歯並びの悪さと体調不良は関係性があります


歯並びの悪さと体への関連性が、近年指摘されるようになりました。これらの問題は化学的に証明されることが難しいため、見逃されてしまうことがあります。

しかし噛み合わせが悪いと、全身の骨格や筋肉に影響を及ぼしたり、自律神経に影響したりする問題が指摘されています。もしかしたら体調不良の問題は、噛み合わせからきているのかもしれません。

噛み合わせと全身への影響の認知が広まっています

数十年前までは噛み合わせの悪さから肩こりや頭痛がおこるという話は、誰も信じていませんでした。それだけ噛み合わせとの関係性の研究が少なかったためです。

しかしさまざまな研究が進んだ結果、噛み合わせと全身の影響が認知され始めています。その理由は、噛み合わせが悪くなると顎関節症になることが知られるようになったためです。

噛み合わせが悪いと顎の関節に影響を及ぼし、症状がひどくなると口を開けることさえもできなくなります。口を開けるのは周りの関節や筋肉などのバランスの良さが重要で、そのバランスを乱す原因のひとつが噛み合わせとなっているためです。

もちろん顎関節症も噛み合わせだけが問題となるわけではなく、外傷や被せものの影響、精神的な因子も考えられます。しかし歯ぎしりや片側で噛む癖や、頬杖などの悪い癖も顎関節症の原因となっているのです。

顎関節症は噛み合わせからくるものという認知が広まることで、噛み合わせと全身への影響も知られるようになってきました。最近では噛み合わせと全身症状のつながりは一般の方にも広がっていき、体調不良を改善するために矯正施術を選ぶ方も増えてきています。

頭痛や肩こりも噛み合わせの悪さが影響する可能性があります


何年も頭痛や肩こりに悩まされている人がいたら、噛み合わせのチェックがおすすめです。これらの不調が病気と関係性がなければ、病院を受診しても異常がないと言われて、対症療法しかなくなります。

しかし慢性的な頭痛や肩こりは、噛み合わせの悪さからきていることなのかもしれません。噛み合わせに問題があると、特定の部分だけで食べ物を噛むようになり、顎や顔の筋肉の一部が緊張した状態になります。

いつも特定の筋肉ばかり使っていると、顎の筋肉ともつながっている首や肩の筋肉にも影響を及ぼす可能性があるためです。まさか噛み合わせから頭痛や肩こりがきていると考える人は少なく、多くの方が見逃しています。

体の筋肉は一部分だけを使って動かすものではなく、複数の筋肉が連動して動きます。特定の筋肉が緊張した状態は、全身の筋肉にも影響を及ぼし、骨格の乱れにもつながる可能性があるのです。

慢性的な頭痛や肩こりがあったら、内科や整形外科などを受診しましょう。それでも異常がないと言われたら、歯科医院で噛み合わせのチェックをおすすめします。

とくに口の中に詰め物や被せものが多いと、それらの影響で噛み合わせが変わっているかもしれません。歯並びが悪くて偏った噛み方になりやすい方も注意が必要です。

噛み合わせは調節することができます

病院に行っても原因がわからない体調不良を抱えているなら、歯科医院で噛み合わせを整えてみましょう。必ずしも体調不良と噛み合わせの乱れが関係しているとはいえませんが、噛み合わせを整えることは、歯を長く使う対策にもなるためムダになることはありません。

噛み合わせから体調不良がきていると考えられる場合は、マウスピースのようなものを顎に入れて均等に噛むようにします。しばらく続けていると両方の顎の位置が正しく戻っていきます。

片方で噛む癖がある方が両方で噛めるようになると、片方の筋肉の緊張もほぐれていくでしょう。すると肩や首の緊張もほぐれて、頭痛や肩こりの改善効果が期待できます。

マウスピースだけで噛み合わせの調節が難しい場合は、クラウンを使って歯の高さを調節することもできます。以前虫歯で詰め物や被せものをしている方で高さが合っていない方も、新たに作成するのがおすすめです。

普段の生活の中でも歯を長く噛み合わせない工夫や、頬杖のような悪い癖を改善させてください。猫背になる姿勢や、顎を前に突き出すよう体制も、噛み合わせに影響が出やすいため注意しましょう。

(まとめ)歯並びは体調不良に影響しますか?

1.歯並びの悪さと体調不良は関係性があります

近年、噛み合わせの悪さと身体への影響が指摘されるようになりました。化学的に証明することは難しいのですが、噛み合わせで全身の骨格や筋肉、自律神経にまで影響を及ぼす可能性があるのです。

2.噛み合わせと全身への影響の認知が広まっています

少し前までは噛み合わせと全身への影響は知られていませんでいたが、噛み合わせが悪いと顎関節症になることが知られるようになり、全身への影響も認知されはじめています。お客様の中にも矯正で体調不良改善を求める方もいます。

3.頭痛や肩こりも噛み合わせの悪さが影響する可能性があります

慢性的な頭痛や肩こりは、噛み合わせの影響が考えられます。偏った噛み方で特定の筋肉が緊張したままとなり、全身の筋肉にも影響を及ぼす可能性があるためです。

詰め物や被せものが多い方や、歯並びが悪い方も注意してみましょう。

4.噛み合わせは調節することができます

噛み合わせの乱れにより体調不良がおきていると感じられる場合は、歯科医院で噛み合わせを整えましょう。マウスピースを使って整える方法や、クラウンを使って歯の高さを変えることができます。

671
Return Top