歯並びで上下の前歯が深すぎるときの矯正は?

上下の前歯が深すぎる歯並びの矯正は複数あります


上下の前歯が深すぎる原因は、子供の頃に早期に乳歯を失いそのままにしたり、大人で虫歯を放置したりなどいろいろです。年齢を重ねるとさらに進行しやすいことから、早い段階での矯正が必要となります。

矯正方法はマルチブラケット装置を利用したものや、マウスピース矯正などです。単純に前歯のバランスを整えるだけなら、セラミック矯正も活用できます。

咬み合わせが深いことを過蓋咬合といいます

上下の前歯が深すぎるのは、過蓋咬合といいます。奥歯を咬み合わせると下の前歯が見えないほど深い状態です。

咬み合わせが深いと、下の前歯が上の前歯の歯茎に当たっていることがあります。このような状態では歯茎の損傷がおこり、骨の吸収が早まりやすいため注意が必要です。

将来的に顎関節に影響を与える可能性があることから、早めの矯正が求められます。なるべく骨が残っているうちに矯正施術を開始して、深い噛み合わせを改善していきましょう。

咬み合わせが深くても若い方は自覚症状を感じませんが、年齢を重ねて症状が進むとさらに深くなり、口の中に傷ができやすくなります。口の中に口内炎ができやすくなったら、歯茎へ影響がおきています。

また日常的な悪い癖が過蓋咬合へと発展させていることもあります。口呼吸をしていると顎の筋肉バランスが悪くなる場合や、頬杖をついていて歯並びに影響を及ぼす場合です。

過蓋咬合は咬み合わせが深いため、笑ったときに歯茎が見えやすくなります。上の歯茎が大きく露出していると、周りの人に対して見た目の印象が悪くなるでしょう。

笑顔に自信を持ちたい方は、歯の矯正を活用して深くなっている歯並びを整えることをおすすめします。

マルチブラケットやマウスピースで矯正できます


過蓋咬合の矯正施術は、一般的にマルチブラケット装置にて矯正します。マルチブラケットとは、ブラケット・バンドとチューブ・ワイヤー・チューブなどを組み合わせる施術です。

歯に接着剤でブラケットを直接付けていき、金属のワイヤーを通していきます。奥歯にはブラケットとは違うチューブという装置を付けながら、歯を少しずつ動かす方法です。

装置を付けてから数日間は痛みを感じやすく、どうしても痛みが我慢できないときは鎮痛剤を使って痛みを和らげてください。施術中は歯ブラシがしづらくなるため、磨き方を指導してもらう必要があります。

マルチブラケット矯正は、平均で2年の施術期間がかかります。歯の動くスピードが遅い場合もあるため、長い間装置と上手く付き合っていくようにしましょう。

また歯並びが綺麗になったら保定装置を2年間付けて、歯を動かないようにしなければなりません。マルチブラケット矯正は長い期間の施術が必要となるため、施術期間を短くしたい方にはマウスピース矯正がおすすめです。

今まで過蓋咬合はマウスピース矯正が難しいとされてきましたが、技術が進化することで対応可能になりました。マウスピース矯正は取り外しが可能で、毎日正しい時間を付けてはじめて効果を示すものです。

短期間の施術のセラミック矯正もあります

奥歯の噛み合わせに問題がなく、前歯の重なりが深いだけなら、セラミック矯正が適用となることもあります。セラミックは天然歯の見た目と変わりがない素材で、歯の白さを出すこともできることから、前歯の矯正としてもおすすめです。

セラミック矯正のよいところは、2~3ヶ月で矯正施術が完了するところです。通常の矯正では1~2年はかかるところを数ヶ月で施術が完了するため、仕事柄長い時間をかけて矯正ができない方に選ばれています。

セラミッククラウンは幅広い噛み合わせにも対応する素材で、ガミースマイルにも対応できます。人工素材を使うため、歯の大きさを調節しやすく、笑顔の際に見える歯のバランスを調節しやすいです。

本番の被せものをするまで時間がかかりますが、その間は仮歯で過ごすことになります。仮歯も見た目に拘って仕上げることが可能で、仮歯の段階から歯の見た目が変わるでしょう。

セラミック矯正は自分の歯を削って被せものをする方法で、施術中の痛みをできるだけ取り除くために麻酔をします。麻酔をする際に痛みを感じにくくなるよう、複数の麻酔を使いながら、細い針で麻酔をしていきます。

セラミック矯正は歯の土台を動かす方法ではないため、マルチブラケットやマウスピース矯正のように後戻りの心配をしなくて済みます。部分的な矯正が可能で、ほかの矯正方法と比べて費用を抑えられるのもメリットです。

(まとめ)歯並びで上下の前歯が深すぎるときの矯正は?

1.上下の前歯が深すぎる歯並びの矯正は複数あります

上下の前歯が深すぎるのは、早い段階で乳歯が抜けて放置したことや、虫歯を放置したなどの原因があります。年齢を重ねると進行しやすいため、マルチブラケット装置などで矯正していきましょう。

2.咬み合わせが深いことを過蓋咬合といいます

上下の前歯が深い状態は過蓋咬合と呼び、歯茎への損傷で骨が吸収されて進行しやすいため、早めの矯正がおすすめです。過蓋咬合になると笑ったときに歯茎が見えやすく、笑顔に自信を持ちたい方にも矯正が勧められます。

3.マルチブラケットやマウスピースで矯正できます

過蓋咬合の矯正は、マルチブラケット装置で行います。ワイヤーとブラケット、チューブなどを組み合わせる施術です。

しかしマルチブラケット矯正は時間がかかることから、マウスピース矯正も人気があります。

4.短期間の施術のセラミック矯正もあります

奥歯の噛み合わせに問題がないなら、短期間の施術に対応したセラミック矯正がおすすめです。天然歯と見た目が変わらない人工素材を被せるやり方で、歯の形や色も調節できます。

534
Return Top