前歯がV字になっている歯並びの矯正方法とは?

前歯がV字になっている歯並びは全体矯正と部分矯正の適応です


前歯がV字になっているのは、顎が小さく歯が並ぶスペースが少ないためです。この場合歯を並べるスペースが不足しているため、抜歯して歯全体を矯正するか、セラミック矯正で部分矯正するどちらかを選ぶことになります。

歯並び全体を整える希望があるならワイヤー矯正やマウスピース矯正で整えていきましょう。前歯の2本だけの矯正を希望されるなら、セラミック矯正が向いています。

全体の矯正では歯を抜く必要があります

前歯がV字になっている場合は歯が生えそろうスペースが小さいため、抜歯することが多いです。子供の場合は歯を抜かないで歯並びを整えることはできますが、大人は顎の成長が止まっているため、歯を抜いて歯並びを整えるスペースをつくる必要があります。

歯の矯正で歯を抜きたくないと思う方もいるかもしれませんが、ムリやりスペースをつくろうとすれば、ほかの歯に影響を及ぼす可能性もあります。ムリやり並べた歯では、外側の骨が薄くなっていくリスクがあるためです。

骨が薄くなっていると、歯周病になったとき歯を失うリスクが高まるため注意しなければなりません。前歯のV字の角度が大きければ、歯を抜いてスペースをあける施術が必要だと思っておきましょう。

前歯がV字になっていても角度が小さければ、周りの歯を削ってスペースを設けられる場合もあります。その場合はスライス矯正といって、歯の表面だけを削ってスペースをつくることも可能です。

歯を削るのはエナメル質のみのため、0.25~0.5mmが限界です。わずかなスペースしかできない方法で、前歯のV字が大きな角度になっている場合は適応外となります。

歯全体の矯正装置は複数あります


歯全体を矯正する場合は、複数の矯正装置から選んでいきます。矯正は保険適用外となり費用が高額になりやすいため、ご自分にあった施術方法を比較しましょう。

ワイヤーとブラケットを使った矯正は、一般的な矯正に用いられています。幅広い歯並びにも対応しやすく、費用を抑えられるのがメリットです。

しかし矯正装置が目立ちやすく、1~2年間装着しなければなりません。見た目を気にされる方や、歯磨きの煩わしさを考える方には向いていない施術方法です。

取り外しが効いて透明な見た目のマウスピース矯正は、見た目を気にする方に選ばれています。周りから気が付かれることはほとんどなく、人と接することが多い職業の方におすすめです。

しかし自分で取り外せるため正しく使わないと効果が落ちます。重度の歯並びの悪さに対応していないため、前歯のV字角度が大きい方は注意が必要です。

矯正装置の見た目が気になる方は、裏側矯正を選ぶこともできます。歯の裏側に装置を付ける方法で、周りの人に気が付かれません。

ただし舌側に装置がくるため違和感がおこりやすく、発音しにくいデメリットがあります。矯正装置の中でも施術費用が高額になりやすく、費用を抑えたい方には向いていないでしょう。

周りの歯に問題がない場合はセラミック矯正がおすすめです

周りの歯がガタガタしておらず、前歯だけV字にずれている場合は、部分矯正が可能なセラミック矯正が向いています。抜歯する必要もなく、2本の前歯だけ施術する方法です。

一般的な矯正では1~2年位装置を付けるものが多く、仕事の関係からそこまで時間をかけられない方もいるでしょう。セラミック矯正は施術期間が数ヶ月くらいと短く、長い時間をかけて矯正できない方に向いています。

セラミック矯正は歯の大きさや色も調節できる施術で、見た目が気になる前歯によく用いられています。硬い素材で耐久性も高く、自然な白い歯に調節することもできます。

前歯のV字の角度が大きい場合は、隣り合った歯の調節で整える場合もあります。2本の前歯はセラミッククラウンを被せて、それぞれ隣り合った歯はラミネートベニアで歯の大きさを調節する方法です。

角度が大きい歯の場合は、神経を取って土台を形成していく必要があります。土台にはセラミック素材に馴染みやすい白いファイバーコアを使えば、透明性の高いセラミックの見た目を損なわず施術ができます。

セラミック矯正は金属を一切使わない施術も可能で、金属アレルギーがある方にもおすすめです。金属を使わないと歯茎が黒ずむ心配がなく、審美性を高める施術が可能になります。

(まとめ)前歯がV字になっている歯並びの矯正方法とは?

1.前歯がV字になっている歯並びは全体矯正と部分矯正の適応です

前歯がV字になっているのは、顎が小さく歯が生えそろわないためです。歯並び全体を整えるならワイヤー矯正やマウスピース矯正で整えていき、部分矯正ならセラミック矯正の適応となります。

2.全体の矯正では歯を抜く必要があります

前歯がV字になっているのは顎が小さく歯が生えるスペースが狭いためで、矯正の際に抜歯をしてスペースを広げることが多くなっています。ムリやり並べようとすると、ほかの歯に影響を及ぼすため注意しましょう。

3.歯全体の矯正装置は複数あります

歯全体を矯正する場合は、ワイヤー矯正・マウスピース矯正・裏側矯正などから選ぶことになります。どれも保険適用外となるため、お客様の希望にあった費用なのかよく比較しましょう。

4.周りの歯に問題がない場合はセラミック矯正がおすすめです

周りの歯に問題がないなら、前歯2本だけ施術できるセラミック矯正がおすすめです。セラミック矯正は施術期間が短く、歯の色も調節することができます。

金属を一切使わない施術も可能で、金属アレルギーリスクがありません。

669
Return Top