歯並びは差し歯で矯正できますか?

歯並びは差し歯で矯正できます


差し歯を使った歯並びの矯正は、時間をかけたくない方や、費用を抑えたい方に人気がある施術方法です。人工の被せものを使った方法で、見た目の改善目的をメインとしています。

前歯や八重歯だけなど見えやすい部分のみだけの矯正として使われる施術です。そのため奥歯の噛み合わせに問題がない方にも向いています。

素材はセラミックを使用するので、色や形を自由に決められます。

差し歯の矯正は施術期間や費用を抑えられます

施術期間を短くしたい方や、施術費用を抑えたい方は、差し歯による矯正をおすすめします。通常の歯列矯正だと1~2年はかかり、施術費用も100万円程度かかることは少なくありません。

差し歯の矯正はセラミック矯正と呼ばれるもので、施術期間は早くて2ヶ月程度、施術費用は1本だけなら数万円で済みます。ワイヤー矯正だと施術期間が長いだけでなく、金具を付けるため見た目が悪く、歯磨きがしづらいのもデメリットです。

セラミック矯正なら土台を整えてからすぐに仮歯を付けるため、施術期間中に見た目が悪くなってしまう心配がありません。装置は使わず歯磨きのしづらさもないでしょう。

セラミック矯正はスピーディに仕上げられる施術で、仕事の関係から長い期間をかけて施術ができない方や、施術中の見た目を気にされる方に人気です。周りの人から口元を見られる職業の方も、差し歯の矯正にすれば普段と変わりがない見た目で過ごすことができます。

またセラミック矯正は施術後の後戻りがないのも特徴です。歯の根元を動かす方法ではなく、人工の被せものを付ける方法のため、施術後に歯並びが悪くなる心配をしなくて済みます。

セラミック矯正にもデメリットがあります


セラミック矯正は施術期間が短く費用も抑えられることから、一般的な歯列矯正より手軽なイメージがあるかもしれません。しかしセラミック矯正にもデメリットがあるため、施術前にきちんと確認しておきましょう。

セラミック矯正は健康な歯を削って人工の被せものをする方法です。少なからず歯を削ることになるため、一度施術をすれば元に戻すことはできません。

健康な歯を削ると、その歯の寿命が減る可能性があります。その歯が虫歯や歯周病などのトラブルをおこさなかった場合は、歯を削らないほうが寿命は長くなるでしょう。

差し歯になれば定期的なメンテナンスが必要となります。できるだけ削った歯の寿命を長くするには、浸透性が少なく劣化しにくい素材を選ぶことが大切です。

セラミック素材は保険診療で用いるレジンと違って、吸収性や劣化が少ない素材です。レジンで被せものをすることはできますが、劣化が早く色も変化しやすいため、歯を長く保つための素材としては向いていません。

セラミック矯正なら耐久性が高く、同時に色も保ちやすいことから、審美性を高めながら歯の矯正を希望する方に人気があります。天然の歯とも馴染みが良く、早く施術を終えて色や形を変えたい方におすすめです。

セラミック矯正は金属を使わない施術です

セラミック矯正は金属を使わない施術が可能で、金属アレルギーのリスクに対応できます。一般的な歯列矯正だと金属のワイヤーを使わなければならず、金属アレルギーがある方は選択することができません。

金属を使わず、歯を削らない施術を希望されるなら、マウスピース矯正を選択することもできます。マウスピース矯正は取り外しが可能な装置を数週間ごとに作り替える方法で、少しずつ歯を動かす方法です。

マウスピース矯正は、施術費用もワイヤー矯正とそれほど変わりがありません。デメリットは重度の歯並びの悪さに対応していないことと、お客様自身が付けないと矯正の効果が得られないことです。

セラミック矯正も金属をまったく使わない方法が選択できるため、金属アレルギーがある方は差し歯の矯正も考慮してみましょう。土台にはファイバーコアと呼ばれる金属を使わない素材を用いることができます。

ファイバーコアはセラミックとの馴染みが良く、白い歯を保つことができます。金属の土台だと黒っぽく透けて見た目が悪くなりますが、ファイバーコアならセラミックの透明感を損なうことがありません。

セラミックも金属を一切使わず被せものを作成できるため、経年により歯茎が黒ずむ心配をしなくて済みます。

(まとめ)歯並びは差し歯で矯正できますか?

1.歯並びは差し歯で矯正できます

差し歯を使った歯並びの矯正は、時間をかけたくない方や、費用を抑えたい方に人気です。人工の被せものを使った方法で、前歯や八重歯など部分的な矯正に向いています。

セラミック素材を使うため、形や色を自由に決められます。

2.差し歯の矯正は施術期間や費用を抑えられます

施術期間を短くしたい方や、施術費用を抑えたい方は、差し歯による矯正がおすすめです。通常なら1~2年かかるところを数ヶ月に短縮でき、費用も100万円前後のところを1本からの費用で済ませられます。

3.セラミック矯正にもデメリットがあります

セラミック矯正は健康な歯を削らなければなりません。削る前と比べると歯の寿命が短くなるリスクがあるため、確認しておきましょう。

差し歯をする場合は劣化しにくく色も変えられるセラミック素材がおすすめです。

4.セラミック矯正は金属を使わない施術です

セラミック矯正は金属を使わない施術が可能で、金属アレルギーがある方に対応できます。金属を使わないと審美性が高くなり、差し歯が黒ずんで見えたり、歯茎に着色したりする心配がありません。

511
Return Top