外向きに開いた歯並びを整えることができますか?

外向きの歯並びはセラミック矯正がおすすめです


できるだけ施術時間をかけず、費用も抑える方法としてセラミック矯正があります。歯の表面を削り人工の被せものをする方法で、歯の向きを改善することも可能です。

外側に向いた歯を内側に整える方法は、ほかにもワイヤーやブラケットを使った方法や、マウスピース矯正もあります。どれも施術費用が高く期間が長くなってしまうため、短い期間で歯の向きを変えたい人には向いていません。

歯の向きを変える場合は土台の施術が必要です

セラミック矯正は歯を削り人工の被せものをする方法で、できるだけ神経を残すよう対処します。しかし歯が外側に向いていて角度を大きく調節する場合は、土台の施術が別途必要となり、神経を取らないといけない場合もあります。

セラミック矯正の土台の施術は、ファイバーコアを使ったやり方です。ファイバーコアは天然の歯と変わらない色で、土台に使うと審美性が高まります。

質も歯質とよく似ているため、根を傷める危険性が少なく、破損しにくくなっています。根に金属を使ってしまうと、硬い金属が歯の根元に過剰な力がかかり、噛みしめなどで根元が割れてしまうこともあるため注意が必要です。

ファイバーコアなら硬すぎず根元が割れる心配が少なく、金属を使わないため、金属アレルギーのリスクがありません。

土台の施術も必要になった場合は、施術回数が少し長くなります。ファイバーコアで土台を立てる必要がなく、自分の歯をそのまま土台として使えるなら、歯を削って土台を形成していきます。

神経を取ると歯がもろくなりやすいため、角度を変える場合でも、できるだけ神経を残す施術を選択していきましょう。

セラミック矯正なら歯の色も自由に選べます


歯が外向きになり気になる部分といえば、前歯が多いでしょう。出っ張った歯を内側に引っ込めるには、ワイヤー矯正やマウスピース矯正も活用できます。

しかし前歯の場合は、形を整えるだけでなく色の改善を求める方も少なくありません。セラミック矯正に人気があるのは、歯の矯正と同時に歯の色も整えることができるためです。

セラミックは透明性が高く、天然歯のような自然な色を再現することができます。天然歯との馴染みもよいため、見た目が気になる前歯でよく用いられている素材です。

以前は内側に金属を使い審美性がない素材で被せものをしなければなりませんでしたが、現在はセラミックの強度も増しているため、オールセラミックで被せものを作ることができるようになりました。

セラミック素材は周りの歯に合わせて色が調節しやすく、複数を使うことで前歯の形から色まで整えることもできます。前歯が外側に出ている歯をセラミックに変えれば、形を内側に整えながら、白い歯を目指すことも可能です。

セラミック矯正は部分的な歯並びを短期間で行うことができます。歯全体なら2~3年の施術期間がかかるところを、セラミック矯正なら数ヶ月で施術ができるためおすすめです。

歯が外側に出てくる原因は生活習慣にあります

もともと遺伝的な要素で歯が前に出ているわけではないなら、後天的な生活習慣で歯並びが悪くなったといえます。よい歯並びになるには外側から押す力と、内側から押す力がバランス良く整うことが必要です。

ところが鼻がいつも詰まっていると口呼吸になり、唇が歯を押さえつける力が弱くなってしまいます。舌が歯を押す力が400gはあるため、内側から押す力が強くなり、歯が前に飛び出てしまうのです。

ほかにも日常生活の悪い癖が、歯並びを悪くしていることもあります。頬杖をつく癖や、爪を噛む癖は改善したい悪い癖です。

食事をするときに片側だけで噛む癖があるのも、歯並びを歪ませてしまうでしょう。いつも座っている場所が同じ場合では、食事をしながら横を向いてテレビを見る姿勢が、歯並びを乱す原因となっていることもあります。

寝る方向も偏った側だけに向いていれば、いつも同じ力が歯にかかり続けて、歯並びを歪ませてしまうでしょう。歯はわずか50gの力でも動いてしまうためです。

前歯が外側に出ている歯並びの方は、矯正で歯並びを整えると同時に、原因となっている日常生活の悪い癖を改善させましょう。

(まとめ)外向きに開いた歯並びを整えることができますか?

1.外向きの歯並びはセラミック矯正がおすすめです

ワイヤー矯正やマウスピース矯正の費用の高さや施術期間が気になるなら、短期間で歯の向きを変えるセラミック矯正がおすすめです。歯の表面を削って人工の被せものを装着する方法で、歯の向きも変えることができます。

2.歯の向きを変える場合は土台の施術が必要です

セラミック矯正で歯の角度を大きく変える場合は、ファイバーコアによる土台の施術も別途必要になります。ファイバーコアは審美性が高い素材で、金属アレルギーの心配がありません。

3.セラミック矯正なら歯の色も自由に選べます

歯の矯正方法としてセラミック矯正に人気があるのは、外側に出た歯並びを整えると同時に、歯の色も調節ができるためです。セラミックは天然歯との馴染みが良く、色も自由に選べて白い歯を目指すことができます。

4.歯が外側に出てくる原因は生活習慣にあります

遺伝的な要素で歯並びが悪いわけではないなら、後天的な影響があるといえます。口呼吸で唇が歯を抑える力が弱くなっているときや、頬杖を突くなどの癖が原因です。

歯を矯正するなら、歯並びを悪くする悪い癖も改善させていきましょう。

604
Return Top