顎のずれがある歯並びは矯正できますか?

顎のずれの歯並び矯正は2種類あります


顎にずれがある歯並びの矯正は2種類あります。1つは正中線を合わせて正面から見た輪郭を矯正で整える方法で、2つ目は骨を切り取る外科的な施術です。

矯正だけで顎のずれを改善させる方法も、外科的な施術もメリットとデメリットがあります。もし大がかりな施術に苦手意識がある場合は、矯正を選択しましょう。

より短い施術期間での改善を希望されるなら外科的な施術がおすすめです。

第一選択は矯正により歪みを整える方法です

一度骨を削ってしまうと元に戻すことはできないため、第一選択として歯並びを矯正する方法がおすすめです。歯全体の噛み合わせを整えることで、ずれている顎の位置を正常に近づけて、健康にもよい効果が期待できます。

噛み合わせが整えば咀嚼がしやすくなり、顎がずれていることでおきていた、頭痛や肩こりが改善される方もいます。ただし骨を切る方法と比べて限界があることや、時間がかかることは覚えておかなければなりません。

顎の位置がずれている場合は、マウスピースのような形の矯正器具を用います。マウスピースとも形は似ていますが、顎の位置を戻す専用の装置です。

専用の装置を食事以外の時間帯に装着することで、顎が正しい位置を覚えていきます。3ヶ月くらいつけ続けていると効果が出やすいでしょう。

ある程度顎の位置が正しくなってきたら、詳しい検査をしながら次の段階にステップアップしていきます。顎のずれが大きい方ですと、専用の装置だけでは矯正が難しくなり、歯並びの矯正も必要です。

必要であれば歯を削って、顎の位置を安定させる施術が行われます。歯並びが乱れているせいで、顎がずれているように見える方は、この方法で改善しやすいでしょう。

外科的な施術は短期間に対応しています


顎のずれを整える専用の器具を使った方法や、歯の矯正でずれを改善させる方法だと、施術期間が長くなってしまいます。両方の施術を用いるとなると、少なくとも2~3年は装置を付けなければなりません。

長い間かけで顎のずれを改善するのを避けたい方は、セットバック法と呼ばれる外科的な施術の選択がおすすめでしょう。骨を切るリスクはありますが、歯の矯正と比べて施術期間が短いのがメリットです。

外科的な施術の場合は、出っ歯・ガミースマイル・受け口などの問題も一緒に対応できます。土台の骨に直接アプローチする方法で、前に出ている顎を引っ込めることも可能です。

施術する前に顔全体を3Dで検査を行い、データから3Dプリンターで模型を作成します。360度すべてから確認できる模型があるため、施術後の仕上がりを確認しやすいでしょう。

模型を作り計画を立てることは、大切な神経を傷つけないためにも必要です。噛み合わせが整っても、顎の歪みが改善しなければ意味がないため、事前にしっかり計画していきます。

外科的な施術は全身麻酔により行われます。経験の積んだ麻酔専門医が担当するため、施術中は痛みを感じることがなく、安心して受けることができます。

顎のずれは全身に影響が出ることがあります

顎のずれというと見た目だけの問題だと思われがちですが、全身の不調とも密接な関係性があります。噛み合わせが左右にずれていると、全身の筋肉にも連動して歪みが生じてしまうためです。

長い間偏った噛み合わせのまま過ごしていると、体の筋肉も歪みが出てくるでしょう。すると体の骨格までが左右前後に傾いてしまうのです。

骨格が歪めば、血流・神経・リンパの流れにも影響が出ます。自律神経に異常が及べば、病気とまではいかない不定愁訴を感じても不思議ではないのです。

顎や噛み合わせにずれがある方は、肩こり・目のかすみ・手足のしびれ・疲れやすさなどを感じる方は少なくありません。顎のずれを改善すれば、これらの不定愁訴も改善しやすくなると考えられます。

中には原因不明の痛みが続き、ブロック注射で痛みを改善していたものの治らず、顎や噛み合わせのずれに気が付いた方もいます。人は二足歩行をするため4~5kgもある頭部を首で支えなければならず、噛み合わせのずれは全身の骨格のずれにまで及ぶと考えられるのです。

顎のずれを改善させることは全身の不調改善にもつながっていくため、詳しい検査が必要です。どのような施術が向いているかわからない方は、無料のカウセリングから利用してみましょう。

(まとめ)顎のずれがある歯並びは矯正できますか?

1.顎のずれの歯並び矯正は2種類あります

顎のずれがある歯並びは、矯正で正面から見た輪郭を整える方法と、骨を切る外科的な施術があります。どちらもメリットとデメリットがあるため、よく比較しながら選ぶようにしましょう。

2.第一選択は矯正により歪みを整える方法です

骨を削って顎のずれを戻すと後に戻れなくなるため、第一選択として歯並びを矯正する方法を選びます。マウスピースのような器具を毎日装着して、顎に正しい位置を学ばせる方法です。

3.外科的な施術は短期間に対応しています

施術期間を短くして、同時に出っ歯や受け口なども改善したいなら、外科的な施術がおすすめです。360度すべての角度から確認できる3Dプリンターによる模型を作成して、事前に計画を立てていきます。

4.顎のずれは全身に影響が出ることがあります

顎がずれると見た目だけの問題だと思われがちですが、全身の筋肉や骨格まで影響を及ぼす可能性があります。顎のずれや噛み合わせを整えながら、不定愁訴の改善も目指すことができます。

591
Return Top