湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びはラミネートベニアで整えられますか?

軽度な歯並びの悪さに対してラミネートベニアが対応できます


ラミネートベニアは噛み合わせに問題がなく、見た目のバランスが悪い歯並びに対応できます。不揃いな形の歯の大きさや高さを揃えるために便利な素材です。

自分の歯の表面を0.5mm削り、薄いセラミック製のシェルを貼り付けます。このような施術では歯の間に隙間が生じている場合や、少しの段差があるときにおすすめです。

大きく歯を削る必要がない場合は、ラミネートベニアで矯正しましょう。

ラミネートベニアは軽度の矯正におすすめです

ラミネートベニアは歯の形を調節することができる素材です。隣り合った歯と大きさが違う場合にバランスを揃えたり、歯のラインが整っていないときに高さを揃えたりできます。

正面から前歯を見てみると横のラインがまっすぐではなく、左右どちらかに傾いている場合も、ラミネートベニアがおすすめです。歯の表面に薄いシェルを貼り付ける方法で、正中線を整えることもできます。

歯の間に隙間が生じているすきっ歯も、ラミネートベニアの対応となります。隙間ができている2本の歯をラミネートベニアで少しずつ大きくして、隙間を埋めることができます。

歯の表面に多少の段がある場合も、ラミネートベニアがおすすめです。ラミネートベニアは自分の歯を0.5mm程度削り調節する方法で、段差がひどいときはセラミッククラウンで被せる方法も考慮します。

生まれつき歯が小さく見た目を改善したい場合も、ラミネートベニアが向いています。小さな歯にラミネートベニアを貼り付けることで、周りの歯と大きさに差がないようにすることができます。

ラミネートベニアは削る量が少ないのに対し、セラミッククラインは歯の周りを大きく削ります。歯の状態によって必要な施術は異なるため、無料のカウセリングで相談しましょう。

歯の矯正と同時に歯を白くすることができます


ラミネートベニアは歯の形や高さを変えるだけでなく、歯を白くする目的でも用いられる素材です。ホワイトニングでも歯を白くすることはできますが、時間が経つと色戻りするため、定期的に施術しなければなりません。

神経が死んだ歯にはホワイトニングでは十分な効果が得られない場合もあります。そのような場合には、人工のセラミック素材を歯の表面に貼り付けて、歯の色を変える方法がおすすめです。

ラミネートベニアで使われているセラミックは、色戻りの心配がない素材です。着色汚れも付きにくくなっているため、歯の白さを長く保つことができます。

ホワイトニングのように薬剤を使って歯を漂白する方法でもなく、歯の表面に薄い素材を貼り付ける方法のため、幅広い歯の色のトラブルに対処できます。

セラミッククラウンは加齢により歯の色が黄ばんできた方や、被せものをしている歯の色と天然の歯の色に違和感がある場合でも活用できます。周りの歯と色を合わせて調節が可能で、自然な歯に見えるよう色を整えていく施術です。

被せものをしている歯の根元が黒ずんでいる場合は、オールセラミックでの被せものが向いています。歯の状態に合わせて素材を選びながら、白い歯を目指していきましょう。

ラミネートベニアにもデメリットがあります

軽度の歯の矯正もできて、歯の色も変えることができるラミネートベニアですが、デメリットもあります。人工のシェルを歯の表面に貼り付けるために、自分の歯を必ず削らなければなりません。

歯を削る量は0.5mmでわずかではありますが、健康な歯を多少でも削る必要があることは覚えておきましょう。ただし歯並びが悪いままだと歯磨きがしにくくなり、歯垢や歯石がたまって虫歯や歯周病のリスクが高まります。

歯並びを整える目的でラミネートベニアを活用するなら、前より歯磨きがしやすくなるメリットが得られるでしょう。歯の間に汚れが溜まりにくくなれば、虫歯や歯周病予防になり、その歯を長く使う対策にもおすすめです。

またラミネートベニアは薄い素材のため、強度が求められる部分には使えません。奥歯のように力がかかりやすい部分には適応とはならないです。

ラミネートベニアは前歯のように力がかかりにくく、見た目を改善したい場所に向いています。

奥歯の矯正なら耐久性が高く、欠けにくい人工の被せものが向いています。ジルコニアなど強度が高い素材もクラウンとして使えるため、メリットとデメリットを比較しながら最適な素材を選んでください。

(まとめ)歯並びはラミネートベニアで整えられますか?

1.軽度な歯並びの悪さに対してラミネートベニアが対応できます

ラミネートベニアは自分の歯の表面を5mm削り、薄いセラミック製シェルを貼る方法です。そのため不揃いな歯の大きさや高さを揃えるときに使えます。

すきっ歯や少しの段差がある歯にも、ラミネートベニアが対応できます。

2.ラミネートベニアは軽度の矯正におすすめです

ラミネートベニアは歯の形や大きさを調節する矯正に使われます。歯の大きさのバランスを整えたり、歯の高さのラインを整えたりする施術です。

すきっ歯や生まれつき歯が小さい方にも、ラミネートベニアの矯正が向いています。

3.歯の矯正と同時に歯を白くすることができます

ラミネートベニアはセラミック製で色戻りがなく、長い間白い歯を保ちやすくなります。歯の矯正とホワイトニングを同時に考えている方にも、ラミネートベニアがおすすめです。

4.ラミネートベニアにもデメリットがあります

ラミネートベニアは自分の歯を必ず削らなければならず、欠けやすいため奥歯に向いていません。奥歯に被せものをする場合は、ジルコニアなど強度が高いクラウンを比較して使います。

19
Return Top