プチ矯正はどのような歯並びに利用できますか?

プチ矯正は、前歯や八重歯などと言った部分的な歯並びの矯正に利用できます


歯並びのプチ矯正とは、前歯だけなど部分的に矯正する方法です。前歯が少しだけ重なっている場合や、八重歯だけを整えるために活用されています。

歯全体の矯正だと100万円前後の費用がかかるため、矯正費用を抑えたい方にも、プチ矯正は人気です。人から見られる場所だけ矯正すれば、自信を持って笑顔を見せられるようになります。

プチ矯正は施術期間や費用を抑えることができます

プチ矯正は部分的な矯正のみのため、一般的な矯正と比べると施術期間や費用を抑えることができます。

ワイヤーやブラケットを使う矯正だと、少なくとも2~3年は装置を付けなければなりません。矯正器具を付けている間は歯を少しずつ動かすため、その間は痛みを感じることもあります。

施術費用もワイヤー矯正だと100万円以上かかることも少なくありません。一般的な矯正は期間も費用もかかってしまうことから、多くの方が施術に踏み切れずにいます。

そこで登場したのがプチ矯正で、一部分だけを矯正する方法です。以前は矯正といえば大がかりな装置を付けるのが普通でしたが、今は矯正施術方法も進化しており、部分的な矯正にも対応できるようになりました。

プチ矯正なら施術期間は数ヶ月程度で、費用も15万円~40万円くらいで済みます。何年も矯正装置を付けるを避けたい方も、施術費用が問題となっていた方も、プチ矯正ならどちらもクリアできるでしょう。

さらに通常の矯正と比べて痛みを少なくできることも、プチ矯正が人気となっている理由です。施術中の痛みを極力減らしながら歯並びを整えることができます。

プチ矯正ができない場合があります


プチ矯正とは部分的にワイヤーを付けて歯を動かす方法と、セラミックの被せものをして歯並びを整える方法があります。どちらも矯正できない歯並びがあるため、事前に確認しておくようにしましょう。

ワイヤーを付けた部分矯正は、前歯の重なりがひどいときや、受け口や出っ歯には対応できないことがあります。上下の前歯がかみ合わず開いている場合も、部分矯正では対応できない可能性があるでしょう。

多少の歯が重なる程度でしたら、歯を少し削って整えていきます。このときにエナメル質が薄くなることからまれに歯がしみることがあるため、注意が必要です。

セラミック矯正の場合は、出っ歯や受け口でも対応可能な場合があります。しかし外科手術が必要となる出っ歯や受け口もあるため、事前に確認が必要です。

ワイヤーによる矯正も、セラミック矯正も奥歯の噛み合わせは整えることができません。奥歯の噛み合わせに問題が生じているケースでは、歯全体を矯正する必要があります。

仕上がりも全体の矯正と比べると、部分矯正は劣ることがあります。歯全体の並び方を整えたい方は、全体を矯正する方法を選んでください。

施術中の見た目が気になる方はセラミック矯正がおすすめです

部分矯正でもワイヤーやブラケットを使った方法だと、施術中の見た目が気になります。白いものや透明の装置を使うことはできますが、歯にワイヤーとブラケットを付けることに変わりがありません。

施術中の見た目の悪さや、歯の磨きにくさを気にされるなら、施術中から仕上がりが良くなるセラミック矯正がおすすめです。セラミック矯正は自分の歯を削り人工歯を被せる方法で、仮歯の段階から見た目が改善できます。

セラミックは天然の歯の様な透明性があり、白い歯を目指すことができる素材です。色の調節もできることから、歯のプチ矯正と歯を白くする施術の両方を希望する方にも人気があります。

オールセラミックの素材を使えば、金属アレルギーのリスクもなく、歯茎が黒ずんでくる心配もありません。八重歯だけや前歯の数本だけの矯正も可能で、短期間で歯の見た目が変わります。

初回のカウセリングは無料で、噛み合わせや歯並びを検査するために、レントゲン撮影やCT検査をします。セラミック矯正の施術内容に納得して頂いてから、最短1日で仮歯の装着まで行う施術で、見た目がすぐに変わるのがメリットです。

セラミック矯正は歯並びと白さを整える方法のため、すぐに歯の見た目を改善したい芸能人にも人気があります。

(まとめ)プチ矯正はどのような歯並びに利用できますか?

1.プチ矯正は、前歯や八重歯などと言った部分的な歯並びの矯正に利用できます

プチ矯正は部分的に矯正する方法で、前歯だけや八重歯だけなど一部分だけの矯正として人気です。矯正費用を抑えたい方にも、プチ矯正が活用されています。

部分矯正なら人から見える部分だけを矯正することも可能です。

2.プチ矯正は施術期間や費用を抑えることができます

プチ矯正は一般的な矯正と比べて、施術期間も費用も抑えることができます。通常は2~3年かかるところを数ヶ月に短縮しながら、費用は100万円前後のところを数十万で済むのが特徴です。

3.プチ矯正ができない場合があります

プチ矯正ではワイヤーを使う方法と、セラミック矯正の2種類があります。ワイヤー矯正は前歯の重なりがひどきとき、受け口や出っ歯に対応していないことがあります。

セラミック矯正でも外科施術が必要な出っ歯や受け口もあるため、確認しておきましょう。

4.施術中の見た目が気になる方はセラミック矯正がおすすめです

施術中の見た目が気になるなら、仮歯の段階から見た目が改善するセラミック矯正がおすすめです。歯並びを整えながら歯を白くすることもできる素材で、すぐに見た目を変えたい芸能人にも人気があります。

466
Return Top