スルメは歯並びに悪いのですか?

片側だけでスルメを食べるのは歯並びに良くないです


スルメを食べるときは、片側だけで食べないように注意する必要があります。片方の歯だけでスルメを食べていると、顔の歪みにもつながりやすいためです。

片側噛みは本人が意識せず癖になっていることも少なくありません。スルメのように硬い食材だと、よく噛んで食べなければならず、ついつい片側だけで噛みがちなのです。

噛む力が偏ると、ひどい場合では顎関節症になる可能性もあります。

噛む癖も左右どちらかに偏りやすいです

人には利き手があるように、噛む場所も左右どちらかに偏っている傾向があります。普段噛みやすいのが右であれば、無意識のうちに右ばかりを使って噛んでしまうのです。

効き顎を調べたいと考えているなら、何かを食べてみましょう。硬いスルメやガムなどを噛んでみると、左右どちらか一方を中心に噛むはずです。

最初に噛む方が効き顎となります。どちらか偏って噛む癖がある方は、もしかしたら顔も左右に歪んでいるかもしれません。

鏡を使って自分の顔を見て、左右の顔のバランスが違うか確かめてみてください。眉毛の高さ・鼻の中心・口角の高さ・ほうれい線の出方などで、チェックができます。

明らかに顔が左右に歪んでいれば気が付くとは思いますが、多少のずれだとよく鏡で見ないとわかりません。片方ばかりでよく噛んでいると、片方だけの筋肉ばかりを使ってしまい、顔の歪みにも現れてきます。

片方だけで噛む癖がある方は、唾液の分泌量も左右で変わってくるため、虫歯のなりやすさも違ってくるでしょう。左右どちらか一方だけ虫歯になりやすい、歯周病が悪化しやすい場合は、片方だけで噛む癖があるとわかります。

虫歯を放置するのも、片方だけで噛む原因となります。痛みを避けて噛むようになり、片方だけに偏って筋肉のバランスも変わってしまうでしょう。

スルメで噛み癖を改善できます


顔の歪みは片方だけで噛むことでおこりますが、逆に両方の歯で噛むようにすれば、歪みを矯正することもできるようになります。スルメが好きでよく食べている方は、スルメを使って噛み癖を改善していきましょう。

左右の噛み方のバランスを整えるときは、左右同時にスルメを噛む必要があります。噛み癖があるほうにスルメを少なめに入れて、もう片方に多めのスルメを入れてください。

姿勢を正しくしながら顎を引き、左右均等にスルメを噛んでいきます。10分間スルメを噛み続けていると、左右のバランスが改善しやすいでしょう。

スルメだと噛んでいるうちになくなってしまい、10分間も続けられないかもしれません。そのような場合では、キシリトールが配合されている歯科用ガムを使って調節ができます。

はじめてトレーニングを開始したときは、おそらく顎が疲れてしまって10分間も噛み続けることができないでしょう。それでも頑張って続けていくと、左右均等に顎の筋肉が使えるようになります。

慣れてきたら普段の生活でも、左右均等に噛みながら食事を続けてください。均等の歯の使い方は、長い生活の中で固定されていきます。

現代人は噛む動作が少なく顎が小さくなっています

顎のバランスは子供の頃の咀嚼からつくられていき、その人の食生活が影響しているといえます。乳幼児のおっぱいを飲み込むところから始まり、離乳食でも口の使い方をトレーニングしているのです。

しかし現代人は子供も大人も硬いものを食べる機会が減ってしまいました。歯並びの違いは、縄文人と現代人を比べるとよくわかります。

縄文人は硬いものをよく噛んで食べていたため、口の中を見てみると顎に対し歯がまっすぐ生えそろっていました。しかし現代人は柔らかい食べ物を多くとることで噛む回数が減り、顎に対して歯が内側に傾いてしまっているのです。

縄文人の歯は歯と歯の間のスペースが広いのに対して、現代人は歯が内側に傾いているため顎のスペースが狭いです。食生活でこれだけの違いが出てしまい、現代人の歯並びの悪さが生じる原因にもなっています。

大人になって噛む動作が少ないと感じる場合は、普段の食生活で噛む動作が多い食材を取り入れてみてください。柔らかい食べ物でも食感があるものを加えるだけで違ってきます。

おやつにスルメを取り入れるのもおすすめで、硬いものを噛むようにしてバランスを整えていきましょう。

(まとめ)スルメは歯並びに悪いのですか?

1.片側だけでスルメを食べるのは歯並びに良くないです

スルメを片側だけで食べる行為は、顔の歪みにつながりやすいです。硬い食べ物だと本人が意識せず噛む方が偏りやすいため注意しましょう。

症状が進んでいくと、顎関節症になることもあります。

2.噛む癖も左右どちらかに偏りやすいです

噛み癖を調べたい方は、硬いものやガムを噛んで、最初に噛んだほうが効き顎です。左右の顔のバランスに乱れがある場合は、どちらか一方で噛み癖があるといえます。

虫歯があると片方だけで噛んで、一方だけで噛んで歪みの原因になります。

3.スルメで噛み癖を改善できます

スルメが好きな方は、毎日左右にスルメを入れて均等に噛めるよう顎を鍛えていきましょう。噛み癖があるほうを少なくして、癖がないほうを多くスルメを入れて10分間噛んでください。

4.現代人は噛む動作が少なく顎が小さくなっています

縄文人は硬いものを食べていたため顎のスペースが広く、現代人は柔らかいものが多いため顎が狭い人が増えています。よく噛んで食べることで、歯並びを整えていきましょう。

772
Return Top