歯並びはオールセラミックで整えられますか?

オールセラミックで歯並びを整えることができます


オールセラミックは金属を使わない素材で透明感があるため、前歯のような目立つ部分の差し歯として使われています。色を改善するだけでなく、歯並びが悪い部分にも活用が可能な素材です。

オールセラミックを被せるときは、自分の歯を削り調節していきます。斜めに生えている歯や、傾いている歯であっても、削り方を調節すれば歯並びを整えることが可能です。

オールセラミックは八重歯や出っ歯におすすめです

オールセラミックは審美性が高い素材であることから、目立つ部分の矯正として用いられることが多くなっています。たとえば八重歯の部分だけの矯正や、出っ歯になっている数本の前歯を矯正したいときなどです。

八重歯のように1~2本程度の施術で済む歯並びであれば、施術期間が短くて済みます。セラミックの歯を装着するまで、1週間~10日くらいの日数で施術が可能です。

お急ぎの場合では、来院当日で仮歯まで装着することができます。通常の矯正だと装置を長期間付けなければならず、見た目が気になりましたが、セラミック矯正なら仮歯の段階から見た目が変わります。

オールセラミックの装着は1本からも可能で、部分的な矯正から幅広い範囲の矯正にも対応する施術です。複数の本数になるとセット割引も利用できるため、価格を抑えることもできます。

出っ歯や受け口の場合は、セラミック矯正で改善できるケースと、外科手術が必要なケースに分かれています。どちらが対応になるかは検査をすればわかるため、一度カウセリングを利用してみましょう。

カウセリングは無料で利用できて、理想の歯の形や色を相談することができます。

オールセラミックは審美性を高めたい方に人気です


オールセラミックとはすべての素材をセラミックで作り上げた被せもののことです。セラミックは食器に使われる陶器のような素材で、硬くて透明度が高く審美性を求める方に人気があります。

内側に金属の芯を付けると、透明感のあるセラミックから金属が透けて見えます。そのためメタルボンドと呼ばれる素材は色が曇った仕上がりとなり、見た目を優先する方にはおすすめできません。

オールセラミックは芯にもセラミックを用いて、その上にセラミックを焼き付けて仕上げています。天然の歯の透明感にもよく似ている素材で、前歯のように色や透明感を求める場所に向いています。

芯に金属を使っていなければ、経年により歯茎が黒ずむリスクがありません。金属を使っていると少しずつ金属により歯茎が黒ずんでしまい、除去するのが難しくなってしまいます。

金属を使っていなければ、金属アレルギーのリスクもありません。しかし芯に金属を使わないと奥歯のように力がかかりやすい部分では、不安があることも事実です。

そのためオールセラミックは力がかかりにくく、見た目を優先する必要がある前歯に用いられています。奥歯の矯正にセラミックのような白い素材を使いたい場合は、ジルコニアセラミックを選択する方法もおすすめです。

仮歯から仕上がりを確認できます

オールセラミックを用いた矯正の良さは、仮歯を装着したときから仕上がりを確認できることです。お客様によって仕上がりとなる歯並びや色は異なってきますが、仮歯で状態を確認できれば、施術途中での調節もできます。

仮歯を装着するときは、ご自分の歯を少し削る必要があります。このときは痛みを感じにくいよう麻酔をするため、安心して施術を受けてください。

セラミッククラウンは強度を出すために、残っている歯の根っこを残して周りを削る必要があります。根っこの施術が必要な場合は、グラスファイバーやレジンなどを使った土台を作成してから仮歯の装着をします。

仮歯もセラミックの人工歯を用いており、本番の被せものができあがるまで見た目を良くすることができます。仮歯は最短1日で仕上げることができるため、来院したその日に歯並びを改善することが可能です。

本番のオールセラミックの被せものができあがってきたら、形・色・噛み合わせも、チェックしながら仕上げていきます。セラミックは歯の色もお好みに合わせて選ぶことができる素材で、白い歯を目指したい方にもおすすめです。

(まとめ)歯並びはオールセラミックで整えられますか?

1.オールセラミックで歯並びを整えることができます

オールセラミックは透明感がある素材で、前歯の色を変える場合や、歯並びを整えるために使われている素材です。自分の歯を削り人工歯を被せるため、矯正もすることができます。

2.オールセラミックは八重歯や出っ歯におすすめです

オールセラミックの矯正は八重歯、出っ歯、受け口などに対応しています。施術終了まで1週間~10日で終わらせることも可能で、装置を付ける必要がなく、仮歯を付けると見た目も気になりません。

3.オールセラミックは審美性を高めたい方に人気です

セラミックは透明感が高く、陶器のような硬い素材です。内側に金属を使っておらず、天然歯ともよく似ています。

金属を使わないオールセラミックは、歯茎の黒ずみや金属アレルギーのリスクがありません。

4.仮歯から仕上がりを確認できます

オールセラミックの良さは、仮歯の段階から仕上がりをチェックできることです。仮歯にもセラミックの人工歯を使っているため、最短1日で歯並びの見た目が良くなるでしょう。

576
Return Top