歯並びで2列になっているのは矯正できますか?

2列の歯並びは矯正が可能です


歯が2列並んで生えてくると、見た目が悪いだけでなく、歯の健康にも影響します。そのため2列になった歯並びは矯正の対象となります。

2列になった歯並びを矯正する方法は種類があるため、施術期間や費用などで比較してみましょう。歯並びがそれほど問題がなく、一部の歯だけが2列になっている場合は、部分矯正で改善できることもあります。

歯が2列になるのは複数の原因があります

歯が2列に並んでしまうのは、顎が小さいためです。顎が小さいと永久歯がきれいに生えそろうことができず、一部が上下重なって生えてきます。

近年は顎が小さい人が増えているため、歯が2列になっている方も少なくありません。子供のころに気が付く場合もあれば、大人になるまで放置され矯正に踏み切る方もいます。

また乳歯がそのまま残ってしまい、一部の歯が2列になるケースもあります。

歯の生え変わりの時期になると、乳歯の根元が吸収されて自然と抜けていくでしょう。しかしその過程が上手くいかず、大人になっても乳歯が抜けず残っているケースもあります。

子供のころの悪い癖や虫歯で、歯が綺麗にそろわず2列になって永久歯が生えそろう場合もあります。乳歯が抜け落ちるより早く虫歯になると、歯のバランスが悪くなり、周りの歯が倒れて2列になってしまうのです。

子供の頃に指しゃぶりや爪を噛む癖がある場合も、歯のバランスが悪くなり、2列となってしまうことがあるでしょう。大人になっても爪噛みの癖が治らない方がいますが、歯並びを悪くする習慣のため、すぐに中止するようにしてください。

2列になった歯は、抜歯が必要なケースと、矯正で改善できるケースに分かれています。

複数の矯正方法が対応しています


歯が2列になっている場合は、複数の矯正方法から選びます。一般的なブラケット矯正は、歯全体にワイヤーとブラケットを付けて、歯を少しずつ動かす方法です。

顎が小さく複数の部分で歯が2列になっている場合は、ブラケット矯正が必要になります。しかし金属ワイヤーの見た目がデメリットで、施術期間が長くなかなか踏み切れないのが実情です。

近年では透明で目立たない、マウスピース矯正が人気です。数週間で新しいマウスピースを作り替えて、少しずつ歯を動かしていきます。

ただし歯の多くがガタガタになっていると、最初からマウスピース矯正が使えないこともあります。ブラケット矯正を使いながら、途中からマウスピース矯正を用いることが多いです。

前歯の一部だけが2列になっているなら、部分矯正がおすすめです。一部だけワイヤーとブラケットを装着する方法と、セラミッククラウンで被せものをする方法があります。

セラミッククラウンのよいところは、短期間で施術が終了して、ほかの矯正と比べると費用を抑えることができる点です。歯並びを整えながら色も調節できるため、前歯のように見た目が気になるところに向いています。

2列の歯は放置することでリスクを伴う場合もあります

顎が小さく歯が生えそろわず2列になっていると、歯と歯の間に隙間が生じて、見た目が悪くなります。隙間が大きくなればすきっ歯のような形となり、見た目を損なってしまうでしょう。

2枚重なっている歯は、そのままだとデメリットが多いため、矯正をおすすめします。歯が重なっていれば虫歯になりやすく、噛み合わせにも影響が出てくるでしょう。

重なりあった部分は歯ブラシが届かず、歯垢が溜まって虫歯や歯周病になるリスクがあります。どんなに歯ブラシの使い方が上手い人でも、細かいところまで磨くのは難しいです。

一度虫歯や歯周病にかかってしまうと、進行しやすくなります。結果的にその歯を失うことにもなるため、早い段階から矯正していくようにしましょう。

2列になっている歯並びは、進行していくと顎関節症のリスクがあります。顎関節症とは顎がずれてしまうことで、口があけにくくなったり、頭痛や肩こりになったりするため注意が必要です。

早いうちから歯の矯正をしておけば、残った歯を健康に保ち、正しく噛める歯を維持することにつながります。部分的な歯の2列だと影響が少なく放置されがちですが、そのままにしておくといろいろなリスクがあることを知っておきましょう。

(まとめ)歯並びで2列になっているのは矯正できますか?

1.2列の歯並びは矯正が可能です

歯が2列並んでいると見た目が悪く、歯の健康にも影響を及ぼします。そのため矯正の対象となるでしょう。

2列になった矯正方法は種類があるため、施術期間や費用などで比較してください。

2.歯が2列になるのは複数の原因があります

歯が2列になるのは、顎が小さく歯が綺麗に生えそろわなかったためです。子供のころの乳歯の虫歯や、指しゃぶり、爪を噛む癖も影響してきます。

また大人になっても乳歯が残ったままで、2列になるケースもあります。

3.複数の矯正方法が対応しています

2列の歯を矯正する方法は、ブラケット矯正・マウスピース矯正・部分矯正などです。一部分だけ2列で、同時に歯を白くする希望があるなら、セラミック矯正をおすすめします。

4.2列の歯は放置することでリスクを伴う場合もあります

2列の歯を放置すれば、磨き残しができて虫歯や歯周病のリスクを高めます。顎関節症になると、口があきにくくなったり、頭痛や肩こりになったりするのです。

矯正は残った歯を健康に保ち、正しく噛むことにもつながります。

622
Return Top