歯並びはストレスで悪くなりますか?

ストレスは歯並びを悪くすることがあります


ストレスは歯の悪い癖の原因となりやすいため、歯並びを悪くする可能性があります。普段の生活でストレスが蓄積していると、歯ぎしりや歯の食いしばりをしやすいためです。

歯を噛み合わせたりすり合わせたりして、無意識のうちにストレスを解消しようとしています。上下の歯が接触する時間が長いと、顎や歯にも負担がかかるでしょう。

気づかぬうちに歯並びが悪くなる原因にもなっています。

歯列接触癖は歯並びを悪くする原因です

ストレスにより歯ぎしりや歯の食いしばりをすることを、歯列接触癖といいます。英語の頭文字を取って、TCHとも呼ばれているものです。

通常では上下の歯に1~3mmの隙間が生じています。歯が接触するのは食事のときや会話のときくらいです。

そのため1日に歯が触れ合っているのは20分くらいなのですが、歯列接触癖がある方はさらに長時間歯が噛み合っています。歯列接触癖はストレスの蓄積以外にも、パソコンやスマートフォンの使用も原因です。

うつむき加減で作業すると、歯が噛み合ったままになりやすいでしょう。デスクワークで長時間パソコン作業する方や、1日のうちに何度もスマートフォンの画面をのぞいている方も注意が必要です。

歯が噛み合っている時間が長いと、歯を横にこすり合わせたり、歯を食いしばったり、上下カチカチと歯を噛み合わせる動作が多くなります。

長い時間歯が噛み合っていれば、歯と歯がぶつかって歯の表面が削れやすいでしょう。

食いしばりがあれば、顎や歯に強い力がかかり続けて、歯並びが悪くなる原因にもなります。噛み合わせが悪くなると、体のバランスが乱れる原因にもなるため注意が必要です。

舌に歯型が付く方は注意が必要です


歯と歯の噛み合わせは無意識のうちにやっている方が少なくありません。そのため自分は歯列接触癖ではないと思っている方もいるでしょう。

昔と比べて歯並びや噛み合わせが変わってきていると感じるなら、鏡を見てセルフチェックしてみてください。舌のふちに歯型が付いている方は、歯を長い時間噛みしめている可能性が高いです。

頬の内側に白い線が付いている方も、歯と歯が長い時間で噛み合っているといえます。歯列接触癖の可能性がある方は、身体症状がないかもチェックしてみましょう。

長い間歯が噛み合っていると、顎に力が入り、首や肩の筋肉も緊張しやすくなります。その結果、肩こり・首こり・頭痛・腰痛・めまいを伴う可能性があるでしょう。

病院に行くほどではなくても、何となく体に不調を抱えている場合は、もしかしたら歯列接触癖が原因かもしれません。歯列接触癖は現代人に増えている症状で、多くの方がやっている可能性があります。

体の不調がすべて歯列接触癖からきているとはいえませんが、歯や顎に負担がかかっているとはいえるでしょう。

TCHは意識するだけで改善できます

本来は脳が歯と歯を離すように指令を送っているのですが、何かに集中しているときはその指令を無視してしまい、歯を噛みしめてしまいます。自分が歯列接触癖だと実感したら、悪い癖を改善させるチャンスです。

まずは上下の歯が噛み合ったときに、顎の筋肉が使われているのを実感してください。次は普段目に付く場所に、「歯を離す」などの言葉を書いた紙を貼っておきます。

メモをときどき目にしたら、歯を離すことを意識してみましょう。何度も繰り返していくうちに、歯を噛み合わせないのが普通になっていきます。

歯列接触癖は悪い生活習慣からなってしまったもののため、改善させるときも癖を取り除くしかありません。日常生活の癖は長く続ければ続けるほど、それが当たり前となっていきます。

悪い癖があるなら、その逆を続ければ改善できるというわけです。歯を噛みしめなくなるのは、悪い癖を意識するのを2~3ヶ月続けてからです。

顎に力が入らなくなったら、ムリな力が入らなくなり顔のラインもスッキリしてくる効果が期待できます。

歯並びや噛み合わせに問題が生じている方が歯列接触癖が改善されたら、歯の矯正にもチャレンジしてみましょう。

(まとめ)歯並びはストレスで悪くなりますか?

1.ストレスは歯並びを悪くすることがあります

ストレスが溜まっていると歯ぎしりや歯の食いしばりが増えて、顎や歯に強い力がかかっています。

すると歯並びが悪くなることもあるので、普段からストレスがある方は注意が必要です。

2.歯列接触癖は歯並びを悪くする原因です

歯がいつも噛み合っている状態のことを、歯列接触癖といいます。通常歯は1~3mmほどあいていて、1日20分くらいしか歯が噛み合いません。

しかしストレスやうつむく姿勢を続けていると、長時間歯が噛み合ってしまうのです。

3.舌に歯型が付く方は注意が必要です

自分が歯列接触癖なのかわからない方は、舌に歯型が付いていないか確かめてみてください。頬の内側に白い線が付いている方も、歯が噛み合っている時間が多いです。

ほかにも肩こりや首のこりがひどい場合も、可能性があるでしょう。

4.TCHは意識するだけで改善できます

歯列接触癖は、歯が噛み合ったときの筋肉の動きから実感するところから始めます。次は「歯を離す」という張り紙をして、意識して力を抜くようにしましょう。

2~3ヶ月続けていれば悪い癖は改善していきます。

536
Return Top