すきっ歯がある歯並びは改善できますか?

すきっ歯の歯並びは矯正が可能です


すきっ歯は歯全体の隙間があいているケースや、前歯だけなど状態もさまざまです。施術方法も複数のやり方があるため、お客様の希望に合った方法を選択できます。

たとえば人工歯を貼る方法や、人工歯を被せるやり方、歯列矯正を用いる方法などです。歯のどの部分がすきっ歯になっているのか、費用はどのくらいかけたいのか、歯を削りたくないのかなどの面で比較しながら決めるようにしましょう。

前歯だけのすきっ歯なら人工歯の施術がおすすめです

前歯だけ歯の隙間があいているだけなら、歯全体を矯正する必要はないでしょう。隙間が目立つ歯だけを施術するなら、人工歯を使った施術が向いています。

人工歯を使った施術とは、ラミネートベニアとセラミックで被せものをする2種類です。ラミネートベニアはセラミックなどの人工歯を、ネイルチップのように歯の表面に貼り付けます。

表面に貼り付けるためその分の厚みだけ歯を削る必要はありますが、セラミックの被せものと比べると削る量は少ないです。歯を削る量は1mm程度でわずかな範囲だけで済みます。

しかし貼り付ける部分が薄いため、歯ぎしりなどで割れるリスクはあります。セラミックの被せものは、歯全体に人工のセラミックを被せる方法です。

素材もセラミック以外に、ジルコニア・メタルボンド・パールクラウンなど、種類も豊富です。前歯で審美性を高める場合は、セラミックが用いられることが多くなっています。

セラミックの被せものの注意点としては、強度を維持するため厚みが必要なことです。そのため被せる土台の歯は多く削る必要があります。

しかし天然歯のような透明感を持ち、施術後の色戻りがなく、歯茎の変色もありません。

歯全体がすきっ歯なら歯全体の矯正がおすすめです


歯全体の隙間があいているすきっ歯なら、歯全体を動かす歯の矯正が向いているでしょう。矯正はワイヤー、マウスピースなど種類があります。

すきっ歯を矯正する場合は全体ではなく、部分矯正のことが多くなっています。歯の間に隙間があるため歯を抜く必要はありません。

ただし人工歯を使う方法と比べて、費用や施術期間もかかるのは注意したい点と言えるでしょう。ワイヤー矯正は歯にワイヤーとブラケットを固定して、少しずつ歯を動かす方法です。

24時間歯を動かすため多少痛みを感じることがあります。歯磨きしにくいデメリットや、見た目の悪さも考慮する必要があるでしょう。

一方でマウスピース矯正は、透明のマウスピースを1日数時間装着する方法で、ワイヤー矯正のような金具がありません。

普段仕事をされて見た目を気にされる方や、金属アレルギーがある方にも利用できるという点が魅力の一つです。

マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べて痛みが少なく、取り外しができるため歯磨きがしやすくなります。ワイヤー矯正やマウスピース矯正は、噛み合わせに問題があれば、歯全体を矯正することも可能です。

すきっ歯になる原因はいろいろです

すきっ歯は生まれつきのものもあれば、後天的な生活習慣の影響もあります。子供のころからすきっ歯があるなら、歯と顎のバランスが悪いことが原因です。

後天的にすきっ歯になった場合は、舌の癖や歯周病、歯並びの悪化などが考えられます。小さいころから歯がすきっ歯だった場合、顎に対して歯が小さい可能性があります。

また永久歯が通常より本数が少ない状態も、すきっ歯になりやすいでしょう。現代人は顎が小さくなっているため、必要がない歯が生えてこなくなり、歯の本数が足りない人も増加しています。

逆に通常より歯の本数が多く、すきっ歯になることもあります。舌で前歯の裏を押す癖があると、歯は徐々に動いてすきっ歯になるでしょう。

歯周病がある場合も歯がグラグラして動きやすく、すきっ歯になることがあります。子供のころはすきっ歯でなかったのに大人になってから見られるようになった場合は、歯周病の原因が多いです。

歯の噛み合わせも生活習慣で少しずつ変化することがあります。不自然な力が歯にかかっていると歯が動いて、すきっ歯になることがあるでしょう。

後天的な原因がある方は、悪い癖を改善して予防することが大切です。

(まとめ)すきっ歯がある歯並びは改善できますか?

1.すきっ歯の歯並びは矯正が可能です

すきっ歯といっても歯全体の症状もあれば、1本だけのこともあります。施術方法も種類があるため、お客様の希望に合うやり方を選びましょう。

費用の面や、施術期間、歯を削るのかなどで比較することが重要です。

2.前歯だけのすきっ歯なら人工歯の施術がおすすめです

前歯だけのすきっ歯を改善したいなら、部分的な矯正に使える人工歯の施術がおすすめです。歯の表面に貼るラミネートベニアや、セラミックの被せものが選べます。

どちらも歯を削りますが審美性が高く、費用を抑えることができます。

3.歯全体がすきっ歯なら歯全体の矯正がおすすめです

歯の多くがすきっ歯になっているなら、ワイヤー矯正やマウスピース矯正を選びましょう。マウスピース矯正は見た目の悪さや歯磨きのしづらさなどといったデメリットが少なく、これまでの矯正に苦手意識のあった方にもおすすめできる施術です。

4.すきっ歯になる原因はいろいろです

すきっ歯の原因は顎に対して歯が小さい、正常な本数ではない場合になります。後天的に歯周病や舌の癖、生活習慣の問題で歯が動き、すきっ歯になることもあるでしょう。

大人になってからすきっ歯になったのなら、悪い癖を改善する必要があります。

513
Return Top