歯並びの悪さには種類がありますか?

歯並びの悪さはいくつか種類があります


歯並びが悪いとは見た目だけのことではなく、噛み合わせの悪さも含んでいます。たとえ歯並びがそろっていて見た目が良くても、上下の歯が上手く対応できないことはよくあります。

多くの方は上下の歯すべてが対応することは難しいでしょう。歯並びの悪さは、出っ歯・受け口・開咬・八重歯・すきっ歯など種類があります。

どの歯並びの悪さも、歯の矯正をすることで整えることが可能です。

歯並びの悪さはそれぞれ原因なども異なります

上の歯が前に飛び出ている歯並びのことを、上顎前突といいます。一般的に知られているのは出っ歯です。

前歯が前に飛び出ているため、見た目が悪いだけでなく、歯で唇を切る問題もあります。遺伝的な問題や、小児のころの指しゃぶりなどが原因です。

下の前歯が前に飛び出ている場合は、反対咬合といいます。一般的には、受け口という名前です。

下顎が前に突き出たような形になるため、食べ物が噛みにくく、発音もしにくくなります。遺伝的な問題や口呼吸などが原因です。

奥歯を噛んでも前歯が噛み合わない状態のことを、開咬といいます。遺伝的な問題・小児のころの指しゃぶり・口呼吸・舌の癖などが原因です。

前歯でものをかみ切ることができないため、食べ物が食べづらくなります。八重歯と呼ばれるものは、乱ぐい歯や叢生ともいわれています。

前から見ると歯並びが上下でこぼこです。犬歯がはみ出ている状態は八重歯といいます。

顎が小さく歯が生えそろうスペースが充分にないことが原因です。歯並びの悪さでももっとも多いタイプだといわれています。

すきっ歯は正中離開とも呼ばれるもので、歯と歯の間に隙間があります。原因は永久歯が小さすぎる、余計な歯が影響しているなどです。

歯並びの悪さは大人になってもおこります


遺伝的な影響を受けると小児のころから歯並びが悪くなりますが、子供のころは問題なくても生活習慣の影響で、大人になってから歯並びが悪くなることもあります。とくに施術中の歯をそのまま放置すると、歯並びに影響が出やすいです。

施術を中断してしまうと、歯の一部が失ったままとなり、隣り合った歯に影響を及ぼします。歯が抜けても忙しくて歯医者に通う時間がないときや、仮歯のまま放置してしまうこともあるでしょう。

これらは短期間でも歯並びに影響が出やすいため、完全に施術が終了するまで中断してはいけません。歯周病も大人になって歯並びが悪くなる原因のひとつです。

進行してくると歯槽骨が溶けてきて、歯がグラグラと動きやすくなります。歯周病は現代人の多くがかかっているともいわれるため、定期検診を受けて歯のケアをしてもらう必要があるでしょう。

ほかにも睡眠中の歯ぎしりや、頬づえをつく癖なども歯並びに影響することがあります。歯を舌で押す癖がある場合も、歯を少しずつ動かしているようなものです。

口呼吸になると出っ歯やすきっ歯になるリスクもあるため、口を開けていることが多い方は注意しましょう。

大人になってからでも歯の矯正は可能です

子供のころから歯並びの悪さが気になる方や、大人になってから歯並びが悪くなった方でも、今から歯の矯正をすることができます。小さいころに歯の矯正をすれば良かったと後悔する方がいますが、今からでも遅くはありません。

子供の矯正は顎の成長度合いを見ながら歯並びを調節します。大人になってからの歯の矯正は、すべての歯が生えそろっているためすぐに施術開始が可能です。

子供のようにこれから生える歯のことを考えなくてもよいため、今ある歯をどう変えていくか考えやすいでしょう。大人の歯の矯正は、お客様の希望に合わせて施術の種類が選べるのもメリットです。

たとえば部分的な歯並びの改善なら、歯を白くしながら矯正もできるセラミック矯正が利用できます。セラミック矯正はワイヤーの見た目の悪さがなく、早ければ2ヶ月で施術が終了します。

通常のブラケットを装着する方法だと2~3年は施術期間がかかるため、忙しい方にとってセラミック矯正はメリットが高いです。セラミック矯正なら部分的な矯正にも対応しているため、費用を抑えることもできます。

抜歯の可能性はブラケットもセラミック矯正もどちらも変わりません。

(まとめ)歯並びの悪さには種類がありますか?

1.歯並びの悪さはいくつか種類があります

歯並びが悪いとは見た目の悪さだけでなく、噛み合わせの悪さも含みます。

上下の歯が対応できないケースはよく見られていることで、歯並びの悪さは複数のタイプがあります。

2.歯並びの悪さはそれぞれ原因なども異なります

出っ歯・受け口・開咬・八重歯・すきっ歯は、それぞれ遺伝的な問題や後天的な問題によりなります。

そのままの状態だと噛み合わせが悪く、食べづらさや発音のしにくさが出るでしょう。

3.歯並びの悪さは大人になってもおこります

大人になっても歯並びが悪くなる原因があります。虫歯の施術を途中で中断することや、歯周病や歯ぎしりも原因のひとつです。

口呼吸も歯並びを悪くする原因となるため注意してみましょう。

4.大人になってからでも歯の矯正は可能です

子供のころに歯の矯正をしなくて後悔している人でも、今からでも遅くはありません。

大人になってからだと歯が生えそろうのを待つ必要がないため、すぐに施術が開始できます。

510
Return Top