歯並びはマウスピースで矯正ができますか?

マウスピースは歯並びの矯正ができます


マウスピースによる歯並び矯正は、1998年にアメリカで誕生しました。そのため新しい歯の矯正だといえるのですが、その後の開発も進み技術も進化しています。

マウスピースは適度な弾性を持っているため、歯に圧力をかけて少しずつ動かすことができます。1つのマウスピースで動かせるのは約1mmのため、施術中は新しいマウスピースをいくつか作り直すことが必要です。

最終的には数mm歯を可動させることができます。

マウスピースの矯正はメリットがあります

マウスピースによる歯の矯正は、世界で340万人以上もの施術実績があります。これほどの人が活用したのは、マウスピース施術にいくつかのメリットがあるためです。

マウスピースは透明のため、付けたままでも目立ちません。以前からあるブラケットによる施術は、金属を使うため見た目が問題となっていました。

透明のマウスピースなら目立たず、人とよく会う職業の方でも使いやすいでしょう。目立たないマウスピース矯正は、施術中の見た目を重視する方に人気です。

マウスピースは金属を一切使っておらず、金属アレルギーがある方でも対応できます。取り外しも可能なため、歯磨きがしやすいのもメリットです。

ブラケットだと金具の間に食べかすが残りやすく、自分での丁寧な歯磨きや、歯医者でのケアも欠かせませんでした。マウスピースなら金具を使わず脱着も自由なため、歯の手入れがしやすいです。

治療中の違和感や痛みも、マウスピースなら少なくて済みます。歯を少しずつ動かす方法で、2週間に1個の割合で作り直すためです。

一度に歯を大きく動かすことがなければ、歯に負担がかかりにくいといえます。施術期間はブラケットと比べて短いことも多いです。

マウスピースはコンピュータ管理をします


マウスピースによる矯正は、従来だと歯型を取ってから作成していたため、時間がかかっていたのがデメリットでした。しかし現在は、コンピュータを用いた3Dスキャンシステムが導入されるようになり、より正確でスピーディな施術が可能となっています。

歯をスキャンしたデータはコンピュータに送られ、シミュレーションソフトによって、施術計画を立てることができます。お客様の希望に合わせた歯並びの調節や、費用や施術期間もこの段階で相談しながら決めることが可能です。

事前に施術計画を立てることで、いつまでにどのような仕上がりになるか把握しやすいでしょう。スキャンした歯のデータは、その場でマウスピース作成のため送信することができます。

マウスピースは数週間程度でできあがり、1つずつがお客様専用のオーダーメイドです。施術開始までの期間が短いため、すぐに歯の矯正を開始したい方に向いています。

データをスキャンするだけの方法なら、お客様に苦しい思いをしていただく必要はありません。

マウスピース矯正にも種類があります

マウスピースによる歯の矯正には種類があるため、それぞれの特徴を比較してみましょう。代表的なものは、アソアライナー・DENマウスピース矯正・インビザラインの3種類です。

アソアライナーは日本製のマウスピース矯正です。月に1回の来院が必要で、毎回型取りをします。

その都度コンピュータで歯のデータを解析しながら、異なる厚みのマウスピースを使って歯を動かしていきます。日本製のため安定的なマウスピースの制作や供給ができるのがメリットです。

適応範囲は狭くなりますが、適応できれば費用が安くて済みます。ただし装着時間は1日17時間以上が必要となります。

DENマウスピース矯正は日本の医師が開発したもので、1日8~10時間の装着で済みます。寝ている間だけ歯を動かすことができるため、見た目の良さや使いやすさを重視する方におすすめです。

その代わり治療期間はやや長めとなるため、医師とよく相談して決めましょう。型取りはアソアライナーと同様に定期的に必要です。

インビザラインは米国製のマウスピースで、型取りが初回のみです。一度の型取りでシミュレーションまでできるため、計画的に歯の矯正をしたい方に向いています。

費用は高くなるものの適応範囲が広いという点が魅力的な施術です。

(まとめ)歯並びはマウスピースで矯正ができますか?

1.マウスピースは歯並びの矯正ができます

弾性を持つマウスピースの特徴を利用し、少しずつ歯を動かしていきます。1つのマウスピースで約1mm歯を可動させることができるため、施術中はいくつかのマウスピースを作り替えていき、最終的には数mmの可動が可能です。

2.マウスピースの矯正はメリットがあります

マウスピースによる歯の矯正は、目立たず、金属のリスクがなく、歯のお手入れがしやすいです。

ブラケットと比べて痛みや治療期間も少ないため、メリットが高いといえるでしょう。

3.マウスピースはコンピュータ管理をします

マウスピースは3Dスキャンで歯の状態を読み取るため、正確でスピーディな作成が可能です。

最初の段階で施術計画まで立てられるため、どのぐらいの費用と期間が必要なのかわかりやすいでしょう。

4.マウスピース矯正にも種類があります

マウスピースは日本製のアソアライナーとDENマウスピース矯正、海外製のインビザラインの3種類があります。

それぞれ通院回数や装着時間が異なるため、比較しておきましょう。

623
Return Top