湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びのコンプレックスを解消する方法とは?

歯並びのコンプレックスはタイミングに合わせて矯正することで解消します


歯並びのコンプレックスは人それぞれに違いがありますが、年齢や成長過程に合わせた方法で解消すると効果的であると考えられています。

それぞれの年齢によってできることとできないことに違いがあるため、その時々でタイミングに合った効果を求めるようにすると良いでしょう。

例えば、歯も骨も成長過程ならばあごを動かしたりして全体的な矯正を行うこともできますが、大人になってしまうと成長は止まっており、柔軟性も失われる傾向があります。

そのため、成長して大人になってしまうと全体的な矯正は難しく、歯や骨にダメージを与えてしまう危険もあるのです。

また、大人になってからは、矯正器具をつけた状態で生活することで社会的な損をする可能性も考慮しなければなりません。

これらのことから、その人の年齢に合った矯正方法を選択することが必要なのです。

歯並びは遺伝で決まることがほとんどです

歯並びは顎の骨格や歯の形状、大きさなどで決まるといわれていますが、これらは両親からの遺伝的な要素でその9割が決まるといわれています。

歯並びが悪くなる原因とされる柔らかいものを食べて下あごの発達が不十分ということは、歯並びが悪くなる原因の1割にも満たないのです。

また、歯並びが決まるタイミングは人生に2度あるといわれています。

1つは永久歯が生えそろったとき、そしてもう1つが親知らずが生え終わったときですが、特に親知らずには注意が必要です。

親知らずは人によって生えたり生えなかったりしますが、親知らずが生えることで歯並びが悪化することがあります。

歯並びは見た目にも影響するため、コンプレックスを感じている人も多いです。

大人でも歯並びは改善することが可能です

歯並びにコンプレックスを抱えている人のなかには、治療を考えている人も多いと思います。

しかし、なかには大人になってからの治療を諦めている人もいるかもしれません。

歯並びの矯正といえばワイヤーを使うブラケット矯正が一般的であり、大人でも時間をかければこの方法での治療は可能です。

歯並びを治療することでコンプレックスの解消にもつながり、自分に自信を持てるようになります。

また、歯並びが良くなることで体全体のバランスが変化し、肩こりや腰痛が改善することもあります。

歯磨きなどの日々のお手入れもしやすくなるため、歯周病予防にもなるでしょう。

ただ、ブラケット矯正には治療に時間がかかるというデメリットがあります。

平均でも2年~3年はブラケットの装着が必要であり、この装置を外した後も治療は続きます。

このブラケットが見た目にも影響を与えるため、仕事をしている人では治療をためらう場合もあるようです。

しかし、近年注目されているセラミック矯正であれば、このようなデメリットはありません。

セラミックを被せることで歯並びを修正するため、治療は早くて2か月、長くても数か月程度で終わります。

また、治療中の歯の状態もブラケット矯正のように見た目に影響することがありません。

そのため、社会人の人でも治療に臨みやすいといえるでしょう。

できるだけ歯を大きく動かさないような方法を選択するようにしましょう

大人になってからの歯は動きにくいため、無理に大きく動かそうとしてしまうと、歯やその周辺へのダメージを与えてしまうでしょう。

全体的な矯正は行わず、前述のセラミックを利用した矯正方法で歯や歯茎、骨へのダメージを減らします。

セラミック矯正によるコンプレックスの解消は、自分の歯を削ってセラミックのクラウンを被せることで行います。

歯の大きさや色なども変えることができるため、隙間を埋めて着色汚れを改善するのに活用することもできます。

(まとめ)歯並びのコンプレックスを解消する方法とは?

1.歯並びのコンプレックスはタイミングに合わせて矯正することで解消します

歯並びのコンプレックスは年齢に応じた方法で解消すると、良い効果が得られると考えられています。

大人になるとできなくなる矯正方法もあるため、そのタイミングに合った矯正を行い、効果とリスク回避を行います。

2.歯並びは遺伝で決まることがほとんどです

歯並びを決める要素の9割は親からの遺伝によるものといわれています。

また、歯並びが決まるタイミングは永久歯や親知らずが生えたときと考えられています。

こうしたタイミングで歯並びが悪化してしまうことがあるため、注意が必要です。

3.大人でも歯並びは改善することが可能です

大人になってからでもブランケット矯正やセラミック矯正を行うことで、歯並びは修正することができます。

ブランケット矯正では時間がかかりますが、セラミック矯正では短期間での治療が可能です。

4.できるだけ歯を大きく動かさないような方法を選択するようにしましょう

大人になってからの歯は動きにくいため、無理に大きく動かそうとしてしまうと、歯やその周辺へのダメージを与えてしまうでしょう。

歯並びのコンプレックスを解消するには、セラミック矯正が適しています。

自分の歯を動かすことなく被せものをつけることで改善します。

2644
Return Top