前歯の歯並びが悪くなる原因とは?

前歯の歯並びは幼少期の生活習慣などで悪くなると言われています


前歯の歯並びの悪さは幼少期のさまざまな生活習慣やくせなどが関係して起こると考えられています。

前歯は見た目を大きく左右するものであり、矯正などで治す場合にはお金もかかるものです。

悪化する前に歯並びに影響を与える悪い習慣を発見して直すことが必要となるでしょう。

前歯の歯並びに影響を与える原因としては、口やあごの使い方や子供の頃に多く見られるくせが挙げられます。

子供の習慣やくせは周りの大人がしっかりと観察して早く発見することが大切です。

また、くせ以外にも歯やあごの大きさによって歯並びが悪くなることもあるため、歯の様子にも注意が必要です。

子供の舌と唇の機能異常は歯並びに大きな影響を与えます

子供の頃の舌や唇などの機能異常は、歯並びやかみ合わせに大きな影響を与え、悪化させる可能性があります。

また、機能異常の問題が残ったままでは、矯正を行ったとしても再び歯並びが悪くなってしまうこともあるため、この原因を持っている場合には矯正とともに機能も改善することが必要となるでしょう。

子供の口呼吸や舌の動かし方、飲み込み方のくせなどがある場合には注意が必要です。

口呼吸や口をぽかんと開けたままで過ごしやすい子は、下あごが成長しにくくなるほか、前歯を内側に押す筋肉が弱くなりやすいです。

口の周りの筋肉が弱いと前歯が内側に圧力を受けないため、バランスが悪くなり、出っ歯になってしまうことがあります。下あごが未発達なために上の前歯が出っ歯のように見えるというケースもあります。

さらに、舌の動きで歯を押してしまうことで歯並びが悪化することも考えられます。ものを飲み込む時の舌の動きも注意が必要です。

通常、ものを飲み込む時には舌は上あごに押し付けられますが、飲み込む際に舌を前歯に押し付けてしまうくせがあると、歯並びは悪化しやすくなります。

前歯の歯並びのずれ方はくせの種類で違ってきます


前歯の歯並びが悪い人のタイプには、すきっ歯や出っ歯、前後や上下へのずれなどがあります。

それぞれの歯並びの悪さには違ったくせなどが影響している場合があり、個々に持っているくせによって歯並びに特徴的なずれが生まれるのです。

幼少期にはやっている子も多い指しゃぶりは5歳以降も続けていることで出っ歯や前歯がかみ合わない開咬という状態になりがちです。また、吸うことで頬に力がかかり、奥歯のずれを生むこともあると言われています。

下唇を咬むくせも出っ歯やすきっ歯の原因となるほか、舌の前歯がでこぼこになると考えられます。

ものを飲み込む時に前歯の間に舌を入れて押すようなくせのある人は、前歯が開いたような状態になる恐れがあります。

また、爪を噛んだりシーツなどを咬むくせがある場合には、前歯の1本がずれて飛び出したようになることがあると言われています。

もともとの前歯の問題も歯並びに影響を与えます

前歯の歯並びが悪くなる原因には、もともと持っている前歯の問題も関係しています。

くせや習慣は大きな影響となりますが、前歯がもともと大きいか、舌や唇などと歯茎をつないでいる筋の状態が適切でないと、前歯に問題が起こるのです。

前歯の大きさの問題は大き過ぎるだけでなく、小さすぎる矮小歯という状態で現れる場合もあります。

こうした原因による前歯の歯並びの悪さは、生活習慣で改善することが難しいため、歯科医での適切な施術が必要となるでしょう。

外科的な対処法が必要となることもありますが、トレーニングを行って改善させる場合もあるようです。

また、セラミックなどで歯の形を整える施術が行われることもあります。

(まとめ)前歯の歯並びが悪くなる原因とは?

1.前歯の歯並びは幼少期の生活習慣などで悪くなると言われています

前歯の歯並びが悪さは、幼少期の生活習慣やくせに原因があることが多いです。

子供のくせは周りの大人が発見してやることが大切なので観察して早く見つけてあげましょう。

また、歯の大きさなども歯並びに影響を与えることがあります。

2.子供の舌と唇の機能異常は歯並びに大きな影響を与えます

子供の頃の口呼吸や口を開けたままにしていることは、下あごや口の周りにある筋肉の発達を悪くして、前歯が出っ歯のようになることがあると言われています。

また、舌の動きによって歯を押してしまうことで歯並びが悪化することもあります。

3.前歯の歯並びのずれ方はくせの種類で違ってきます

前歯の歯並びにはさまざまな特徴があり、それぞれの持っているくせによってその特徴が異なります。

指しゃぶりや唇を噛むくせは出っ歯やかみ合わせの悪さを起こし、ものを噛む癖では前歯が1本だけずれることがあります。

4.もともとの前歯の問題も歯並びに影響を与えます

前歯の歯並びが悪くなる原因には、くせや習慣だけでなくもともとの歯や口の中の組織の問題もあります。

こうした原因には習慣の改善では対応できないため、歯科医での対処が必要となるでしょう。

7512
Return Top