湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びはどうやって決まるの?

歯並びがどうやって決まるかは骨格と癖が関係しています


歯並びは、乳歯から永久歯へ生え変わるときの骨格によって決まります。

顎が細い人などは歯がきれいに並ぶスペースが足りず、歯並びが乱れることがあるようです。

また、無意識に出てしまう癖が歯並びに影響することもあります。

顎や歯に関係する癖に気づいたら、意識して矯正しましょう。

歯並びに関わる癖を治すために歯科医の指導を受けるのも効果的ですが、歯並びそのものは歯科医で治療を受ける必要があります。

頬づえや口呼吸は歯並びに影響します

人は誰でも癖をひとつやふたつ持っているものです。

なかには歯並びを悪くしてしまう癖もあるため、注意が必要です。

頬づえ

頬づえは片方の顎に力がかかる動作です。

授業中や会議中などは、利き手とは反対の手で頬づえをつくことが多いのではないでしょうか。

いつも同じ側に力がかかることで、顎が歪み、歯並びに影響することがあります。

噛み癖

ものを食べるとき、無意識のうちに左右どちらか噛みやすいほうで噛むことが多いものです。

頬づえと同じく左右のバランスを崩す行為で、歯並びが乱れる原因になります。

唇を噛む

上の前歯で下唇を噛む、下の前歯で上唇を噛む、どちらも前歯に圧力がかかる動作です。

舌を出す

口を閉じているときの舌は上顎に軽く触れているのが通常です。

舌を出すときには前歯に触れるため、歯に軽く圧力がかかります。

舌を出す癖があると圧力が前歯にかかり続け、出っ歯になるケースがあります。

口呼吸

口が開いているときには頬の内側の筋肉が緊張し、舌は上顎に触れず低い位置にあります。

口呼吸の癖があると口の中では筋肉の緊張が続き、歯並びに影響があると考えられています。

歯並びが乱れると健康にも影響が出ます


歯並びが乱れていると見た目だけでなく、健康面にも影響を及ぼすことがあります。

顔の歪み

わたしたちのからだは必ずしも左右対称ではありません。

しかし、頬づえや噛み癖で左右どちらから一方に力が加わり続けると、よりバランスが崩れる可能性があります。

顎関節症

歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなりがちです。

そして、噛み合わせが悪いと顎の関節にも無理な力がかかり、顎関節症を引き起こすことがあります。

顎関節症とは、顎を動かすたびに音がしたり痛みを感じたりする症状のことです。

重症化すると口が十分に開けなくなり、会話や食事などの日常生活にも支障をもたらします。

虫歯、歯周病のリスク

歯の生え方が凸凹していると歯ブラシがしっかり届きません。

丁寧に磨いたつもりでも磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

虫歯や歯周病が口臭の発生原因となることは、よく知られているところです。

なかでも歯周病は、ひどい口臭や歯を失う原因になるだけでなく、全身の健康に影響を及ぼすことが明らかになっています。

歯周病が関係する疾患には、冠状動脈性心疾患、糖尿病、誤嚥性肺炎などが挙げられます。

早産・低体重児出産や骨粗しょう症のリスクも高まるため、特に女性にとっては恐ろしい病気といえるでしょう。

歯並びの改善は歯科医へ相談するのが早道です

歯並びをコンプレックスに感じている人は少なくありません。

美しい笑顔は人の印象を左右するものです。

そのため、できれば歯並びを改善して、思いきり笑えるようになりたいと考えている人が多いのではないでしょうか。

また、見た目の歯並びに問題がないように思えても、顎の痛みなどの不快感が続く場合には噛み合わせに問題があります。

ひどくなると顎関節の外科手術が必要になる恐れもあるため、早めに改善したい症状のひとつです。

骨格、歯の並びや大きさ、癖は人それぞれに違います。

歯並びや噛み合わせは、歯科医を受診する以外に改善の方法はありません。

専門医の適切な治療とアドバイスを受けることが、美しい歯並びを手に入れる近道です。

治療を継続しながら、顎や歯に負担をかける癖があれば意識して改善していきましょう。

(まとめ)歯並びはどうやって決まるの?

1.歯並びがどうやって決まるかは骨格と癖が関係しています

乳歯から永久歯へ生え変わるときに、歯並びの良し悪しが決まります。

ただし、無意識に行ってしまう癖が歯並びに影響することもあるため、早めに癖をなくすことが大切です。

2.頬づえや口呼吸は歯並びに影響します

無意識のうちにやってしまう癖が、歯並びの乱れに影響します。

頬づえをついたり、食べものを噛んだりするときに、左右どちらかに偏っていないでしょうか。

唇を噛む、舌を出すなどのちょっとした癖も歯に圧力がかかるため、気をつけましょう。

3.歯並びが乱れると健康にも影響が出ます

歯並びは見た目の印象に関わるだけでなく、健康面にも影響します。

歯の磨き残しによる虫歯や歯周病の発生リスクは、もっとも心配なところではないでしょうか。

また、噛み合わせの悪さが顔に歪みをもたらす場合や、顎関節症になるケースもあります。

4.歯並びの改善は歯科医へ相談するのが早道です

歯並びや噛み合わせを改善するには、歯科医で治療を受ける以外の方法はありません。

人それぞれに症状が異なるため、自分に合った適切な治療を受けることが大切です。

同時に、顎や歯に負担をかける癖をできるだけなくしていくよう、日頃から心掛けましょう。

215
Return Top