湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びの悪化を防止するには?

歯並びの悪化を防止するには原因に応じた処置を受けることが大事です


歯並びの悪化には色々な原因があります。

親知らずや歯の欠損を放置すると、歯が自然に押されて動き、隙間や歯並びの乱れが生じることがあるのです。

さらに歯周病の悪化や被せものの不具合なども要因となります。

こういった歯並びの乱れの原因に取り除くことが悪化を防ぐ最善策なので、審美歯科医を受診し、適切な処置を受けることが大事です。

歯並びの悪化の原因は親知らずや歯の欠損などが挙げられます

歯並びが以前よりも悪化してくるのは、親知らずが生えて歯を押してくることが要因の一つです。

親知らずは、横向きに倒れる、もしくは斜めに生えてくるケースが多く、手前に位置する歯に圧力がかかるため、前歯の歯並びがガタガタになることがあります。

親知らずを審美歯科で早めに抜歯してもらうことで歯並び悪化を防げるでしょう。

さらに、深刻な虫歯や歯周病により歯が抜け落ちるか、抜歯して欠損した際に義歯などで補填しないで、そのまま放置した場合も当てはまります。

歯と歯の間に空間ができると、自然と隙間を埋めようとして歯が移動したり、空間に向かって斜めに倒れたり、伸びることもあるのです。

そうなると噛み合わせがズレて、健康な歯に負担をかけてしまい、結果歯並びが悪くなります。

特に奥歯の欠損を放置すると、前歯への奥歯と同様の負荷がかかり、下から突き上げられて前歯が伸び、出っ歯になるリスクも高まるのです。

抜歯や歯の脱落後は、そのまま隙間を放置しないでインプラントなどで隙間を補填する施術を、最後まできちんと終えることが歯並びの悪化防止につながります。

歯周病の悪化や被せ物の劣化も歯並びが乱れる要因となります


歯並びの悪くなってくるのは、歯周病の悪化も一要因とされています。

歯周病は歯と歯の隙間に溜まった食べカスなどに歯周病菌が集まり増殖して、歯茎やその下の骨をどんどん溶かしていくという病気です。

歯を支えている土台である骨が減っていくことで、歯が支えを失い、酷いとグラグラ揺れ動くようになります。

食べものを噛む際に、上下の歯同士が当たることでぐらついた歯が移動し、隙間が生じる、あるいは上の前歯が外に飛び出て出っ歯になるなど歯並びが乱れてしまうことがあるのです。

さらに、虫歯の施術などを受けた際の銀歯などの被せ物や詰め物の不具合も、歯並び悪化を招くことがあります。

調整不足により、噛み合わせが合っていなかったり、経年劣化ですり減ったりする場合が考えられるのです。

そうなると噛み合う度に歯同士が不自然な角度で当たり、押しあうことになるため、歯並びが徐々に乱れてきます。

歯周病の悪化や詰め物、被せものの不具合を早期に発見し、対処するためにはやはり定期的に審美歯科などで検診を受けることが大事です。

歯周病はすぐには治らないですが、きちんと処置を受ければ改善されると言います。

また被せものも外して新たに入れ直すことで、噛み合わせも良くなるでしょう。

歯並びの悪化を放置すると体や口の中に様々な弊害が生じます

歯並びの悪化を自覚しても、そのまま放置すると体や口腔内にトラブルが生じてきます。

歯並びが乱れると、隙間に食べカスが入り込みやすくなり、また歯ブラシもしっかり当たらないので、汚れが溜まり虫歯菌などが増殖します。

すると、虫歯や歯周病などが起こり、悪化するリスクが高まるのです。

他にも噛み合わせがズレてくるので噛む際に歯や歯茎、顎の筋肉などに不均等に負荷がかかります。

その結果顎関節症が起こったり、首から肩にかけてのコリが酷くなったり頭痛を招くなどの体に不調を感じることがあるのです。

特に前歯の歯並びの乱れは見た目にも良いとは言えず、噛む力が左右アンバランスになるので顔の形も歪んでしまうことになります。

また、歯並びはセラミック矯正などでキレイに治すことができると言われています。

しかし、酷く乱れた歯並びを正すには、時間も費用もかかってしまうことになります。

歯並びの悪化が招くトラブルを回避するためには、日々の口腔内ケアをきちんと行い、処置が必要な場合は早めに受診することが大事です。

(まとめ)歯並びの悪化を防止するには?

1.歯並びの悪化を防止するには原因に応じた処置を受けることが大事です

歯並びの乱れが悪化する原因は、親知らずや歯周病の悪化など様々です。

できる限り早く審美歯科医を受診し、処置を受けることで歯並びの悪化をある程度防ぐようにしましょう。

2.歯並びの悪化の原因は親知らずや歯の欠損などが挙げられます

親知らずや歯の欠損の放置することで、歯が自然と動き、歯並びが以前より乱れることがあります。

親知らずや歯の欠損を埋め処置を早期に行うことで、歯並びの悪化を防ぐことも可能と言われているのです。

3.歯周病の悪化や被せ物の劣化も歯並びが乱れる要因となります

歯周病が悪化すると、骨を溶かして歯がグラグラし、移動しやすくなるので歯並びが乱れる原因となります。

虫歯処置による被せものの不具合も、噛み合わせのズレによる歯並びの悪化を招きます。

定期的に検診を受け、適切な処置を受けることが大事です。

4.歯並びの悪化を放置すると体や口の中に様々な弊害が生じます

歯並びが乱れたままだと、虫歯や歯周病を誘発して悪化させる場合や、噛み合わせのズレによる顎関節症や肩こり、頭痛などのトラブルを招くことがあります。

さらに顔の形が歪むなど見た目にも良いのとは言えないので早めの対処が必要です。

221
Return Top