湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びは遺伝する?

歯並びは遺伝以外の原因の方が大きいと言われています


歯並びは遺伝によって影響を与えられると言われていますが、実はそれだけではなく生活環境や食生活、くせなども関係しています。

その割合としては、遺伝よりもそれ以外のことの方が歯並びに影響を与えているとも考えられているほどです。

そのため、遺伝的要素を心配するよりも歯並びが悪くならないような習慣を身に着けることの方が大切とも言えるかも知れません。

ただし、遺伝した骨格によってかみ合わせの悪化などが起こって歯並びが悪くなることもあり、その場合には医学的な対処法が必要になります。

その場合には、親と全く同じことが起こるとは言えませんが、兆候のようなものは似る可能性があるでしょう。

歯並びに遺伝が影響するのは3割程度です

歯並びの良し悪しは遺伝するもの、遺伝が大きいものと考えている人も多いようですが、実際に遺伝の影響によって歯並びが左右される割合は、3割程度と言われています。

親や祖先の歯並びが悪いからと言って、それがそのまま遺伝する割合は比較的低いということです。歯並びは遺伝以外のものが7割、育ってきた環境やクセなどで歯並びがどうなるか決まるとされています。

歯並びに影響を及ぼす3割の可能性は、骨格や歯の大きさなどです。

上あごと下あごのバランスやかみ合わせの悪さによって歯並びが悪くなるのも遺伝の影響を受ける可能性はあるでしょう。

しかし、それ以外で起こる歯並びの悪さも多いようで、それは生活習慣などの影響によって起こりやすくなります。

また、家族の考えや家庭環境などが歯並びに無頓着で、歯並びを早く治せない状況にあると、悪い状況を放置してしまい、より悪化させてしまうこともあるようです。

遺伝以外の歯並びへの影響は生活習慣が主です


歯並びに影響を与えているのは、遺伝以外のものが大きくなっています。

遺伝以外で歯並びに影響を与えている原因はさまざまで、色々な原因が考えられますが、注意をしたいのは生活習慣の問題と言えるでしょう。

つまり、私たちの生活において知らず知らずのうちに歯並びに影響を与えているリスクがあるともいえますが、反対に自分で改善できることも多いと言うことです。

遺伝によって歯並びが悪くなると言われてしまえば、治しようがありませんが、生活習慣は自分や家族が注意をすることで改善できる問題もあります。
硬いものを食べない食事の習慣や指しゃぶりや舌の動きのくせ、猫背なども歯並びに影響を与えると言われています。
また、虫歯などの歯の疾患も歯並びに大きな影響を与えることがあります。

こうした問題点は習慣を変えることや歯磨きなどの工夫で改善して、歯並びが悪くなるのを防げる可能性の示唆でもあります。
遺伝とは違い、自分の普段の行動で歯並びは良くも悪くもなると言うことです。

遺伝が歯並びに影響している場合は治療が必要です

遺伝によって歯並びが悪くなる可能性は比較的低いものですが、遺伝が関係している場合には早めに気づいて治療を行うことも大切です。
骨格による歯並びの悪化は、生活習慣ではなく遺伝による影響が大きくなる可能性が考えられます。
こうした歯並びの悪さは適切な治療で改善しておくことが大切です。

骨格が問題で上あごと下あごの大きさのバランスが違っているほか、どちらかのあごが前に出すぎているような場合には外科手術を併用した矯正を行うことが必要となります。
歯並びを整えるとともに、あごの骨を切るなどしてずらし、良い位置で固定することも大切です。

(まとめ)歯並びは遺伝する?

1.歯並びは遺伝以外の原因の方が大きいと言われています

歯並びは遺伝以外に生活習慣や食生活などが大きく影響を及ぼすと言われています。
歯並びが心配な場合には、習慣に注意をして、さらに遺伝で骨格に問題がある場合にはそれを改善することも考えましょう。

2.歯並びに遺伝が影響するのは3割程度です

歯並びに遺伝が関係している割合は3割程度と比較的低めです。

遺伝による影響を考える人は多いのですが、それ以外のことが影響するしている場合の方が多いと言われています。

主に遺伝が関係しているのは、あごや歯の大きさなどの問題です。

3.遺伝以外の歯並びへの影響は生活習慣が主です

遺伝以外に歯並びに影響を与えているものは多く、それは毎日の生活習慣が大きく関係していると言われています。

食事やくせ、歯を健康に保つための工夫など、歯並びを整えるためにできることはいろいろあります。

4.遺伝が歯並びに影響している場合は治療が必要です

遺伝が歯並びに影響を及ぼすケースでは適切な治療を早めに行うことも大切です。

あごの骨格が問題となる場合にはあごの手術などが必要となることもあると言われています。

11859
Return Top