湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びが悪い原因とは?

歯並びが悪い原因は先天的なものと後天的なものがあります


歯並びが悪い原因は、遺伝による先天的なものと習慣やくせのような後天的なものに分かれます。

先天的な原因は自分で避けることは難しいこともありますが、後天的な原因は親が子供に指導するほか、本人が自分で注意することもできるでしょう。

歯並びが悪い後天的原因としては、口や舌の動かし方や口に負担をかけるような行為が関係しているといわれています。

特に幼い頃に自然にやっているくせがいつの間にか少しずつ歯の位置や向きに影響を及ぼしていくのです。

食べ方などの口に関係のあるくせ以外に、口呼吸や寝方など意外なことも原因と考えられています。

後天的な原因を改善することで歯並びの悪化を避けることが必要となります。矯正をしても、後天的原因が残っていると再び歯並びが悪くなることがあるかも知れません。

歯並びが悪い後天的原因には口や舌の動きが関係しています

歯並びが悪い後天的な原因としては、口や舌などの動きが関係していることが多いといわれています。幼い時から舌や唇の動かし方が悪いと、自然に歯並びがずれやすくなるというわけです。

また、食べ物を飲み込む時に舌を前に出すようなくせを持っていることも歯並びが悪くなるリスクといえます。

食事の際に注意したいポイントとしては、食べ物のそしゃくの回数が少ないほか、前歯を使って噛み切ることをしない食事の姿勢が悪いなどがあります。噛まないと口の筋肉が緩んでしまうため、あごの成長が十分にできません。

また、食事の姿勢が悪いと、あごにも負担がかかります。特に足を中に浮かせたままで椅子に座ると、体が前傾してしまい、頭が上を向いて下あごが後ろに引っ張られるようになります。

さらに、爪をかんだり指しゃぶりをしたり、唇にくせがある場合にも歯並びが崩れる可能性があります。爪や指を口の中に入れたりいじったりすることは、歯への刺激になります。くせでやる人は何度も繰り返してしまうため、常に歯に余計な刺激を与え続けていることとなるでしょう。

後天的な原因が治らないと歯並びを治しても後戻りするリスクがあります


先天的に歯の大きさや本数、あごの大きさや形などに問題がある場合には、それが歯並びの原因なので、問題点を調整するためにあごや歯の矯正を行うことになるでしょう。

しかし、後天的な原因で歯並びが悪い場合には、矯正を行ってきれいな歯並びに整えても、また元に戻ってしまうこともあると言われています。

そのため、悪い歯並びを整えるだけでなく、その原因を突き止めることも大切です。子供の頃にやりがちな指しゃぶりや爪噛みなどのくせ、横向きに寝ること、頬杖なども噛みあわせを悪くして歯並びに影響を与える悪いくせです。

口や舌の動きの問題は機能療法を行い、日常のくせも取り除くことで、矯正後の歯並びを維持できるようになるでしょう。口や舌の動かし方は訓練で治していきますが、完全に改善するには長期間必要となり、根気も要るでしょう。

虫歯や歯周病なども歯並びを崩す原因になります

歯並びが悪い原因には、さまざまなものがあり、意外なことが関係していることも考えられます。

歯の病気や虫歯、口腔組織の異常などが原因となって歯並びが悪くなることもあるため、その根本的な原因の改善が必要となります。歯が抜けることでも歯並びが乱れやすくなります。

歯周病は歯を支える骨が溶けてしまうことがあると言われています。

骨が溶けると歯が不安定になってしまいますが、痛みが感じにくいこともあるため、知らないうちに進行してしまうこともあります。歯周病で歯並びが悪くなってしまうのを避けるためには、歯周病の対策が必要となるでしょう。

また、虫歯を治さないで放置しておいたり、合わない詰め物や被せものを使ったりすることでも歯並びに影響を与えることがあると考えられています。

さらに、親知らずの生え方や大き過ぎる永久歯なども歯並びのずれをもたらす要因です。

(まとめ)歯並びが悪い原因とは?

1.歯並びが悪い原因は先天的なものと後天的なものがあります

歯並びが悪い原因は先天的なものと後天的なものがあり、後天的な原因は自分でも注意することが必要です。

歯並びは口の動かし方などで悪くなるようですが、意外なことが原因となっていることもあります。

歯並びが悪くならないように原因を改善させましょう。

2.歯並びが悪い後天的原因には口や舌の動きが関係しています

歯並びが悪い後天的な原因は、食事でのそしゃくや口の周りのくせが関係しています。

あごを使わないために筋肉が成長せず、歯に継続的な刺激を与えることで歯並びが崩れやすくなると考えられています。

3.後天的な原因が治らないと歯並びを治しても後戻りするリスクがあります

先天的原因が関係している歯並びの問題はそれに合わせた矯正で改善しますが、後天的な原因で起こる悪い歯並びは、矯正とともに原因となったくせも直すことが必要です。

根気よく訓練を続けて、矯正後の良い歯並びを維持します。

4.虫歯や歯周病なども歯並びを崩す原因になります

歯並びが悪い原因には、歯や口腔内の病気や異常なども考えられます。

特に歯周病や虫歯、歯が抜けることなどで歯並びが乱れやすくなるため、根本的な対策が必要となります。

2286
Return Top