湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びを治療にはどんな方法がある?

歯並びの治療には歯を動かす方法や被せものなどを使った方法が用いられます

歯並びの治療方法にはいくつかのものがあり、自分で治療方法を選択できる場合もあります。

以前は歯並びの治療方法としてはブランケットと言う器具を長く歯に装着しておくというものが主でした。

しかし、現在ではそれほど長い期間かからない方法や取り外しができる矯正器具などもあります。

使える治療方法は歯並びの状態にもよりますが、自分で方法を選択できる場合にはそれぞれの特徴を捉えることで自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

歯並びの治療方法はポイントを押さえて自分に合ったものを選びます

歯並びを治したいと思っている場合でも、全ての歯並びを治すだけでなく、一部分だけを治療したい人動かす距離が短い人や長い人など、希望する内容も違ってくることもあります。

そのため、それぞれの歯の状態や希望などに合わせた治療方法を選ぶことが必要となります。

歯並びを整えるために大きく動かさなければいけない人の場合には使える治療方法の選択の範囲は狭くなることもあります。反対に歯並びを整えるために動かす範囲が小さければ、選択の幅が広がるかも知れません。

個々の歯並びの状態によらずに行える治療としては、従来の歯列矯正のスタンダードともいえるブラケット矯正と、自分の歯にセラミックの被せ物を被せる方法などがあります。

ブラケット矯正はブラケットと言う専用の器具を歯に貼り付けて自分の歯をずらしていくと言うものです。

セラミックの被せものを使う治療方法では、自分の歯の上から被せものを装着することで歯並びを整えます。

歯を動かす矯正治療では歯並びが良くなるまで時間がかかります


ブラケット矯正は、歯並びの治療方法としてはオーソドックスで昔から行われてきたものですが、やや使い勝手に不満を感じる人もいるようです。自分の歯を最大限に生かした矯正治療と言う意味では良いのですが、その分歯を動かさなければならず、非常に時間がかかります。歯に貼り付けたブラケットをワイヤーでつなぎ、歯を引っ張って動かすため、一般的には2,3年間かかると言われています。

歯並びが気になって治したいと思う人は年齢もさまざまです。

年頃の男性や女性では、ブラケットやワイヤーの見た目を気にする人も多いでしょう。その間ずっと口元の見た目を気にして生活するのはつらいこともあるため、この方法を選択する場合には慎重に判断することが必要かも知れません。

一方、セラミックを被せる治療では、歯並びを整えるためにかかる期間は最大でも数ヶ月と言われています。

セラミックを被せる際に歯を整えるため、歯を削る必要がありますが、短期間で美しい歯並びを求める場合には効果的と言えそうです。

ブラケット矯正でも場合によっては自分の歯をいじる可能性があります。

歯並びの治療方法はメリットとデメリットの両面から考えましょう

歯並びの治療方法には、いろいろな種類がありますし、種類によってメリットやデメリットがあります。そのため、自分が希望するポイントや譲れないポイントなどを考えた上での選択が必要となるでしょう。

ブラケットによる治療では期間は長くかかりますが、自分の歯をそのままの状態で歯並びだけを改善するできることもあります。中には抜歯などを行わなければ出来ないこともあるようですが、歯を削りたくないという人には安心の方法と言えるでしょう。

一方、セラミックを被せる治療では、必ず歯を削って大きさなどの調整をすることが必要となりますが、すぐに美しい歯並びを手に入れることができると言われています。

また、被せものをするため、歯の色や形も自分の希望する状態に近づけることができる可能性があります。

(まとめ)歯並びを治療にはどんな方法がある?

1.歯並びの治療には歯を動かす方法や被せものなどを使った方法が用いられます

歯並びの治療方法は、昔に比べて増えており、新しい方法では時間がかからないものもあります。

方法を選べる場合もあるので、それぞれの治療の特徴を見て自分に合う方法を選択しましょう。

2.歯並びの治療方法はポイントを押さえて自分に合ったものを選びます

歯並びの治療方法にはいろいろありますが、歯の状態や希望の歯並びなどによって治療方法を選べるケースとそうではないケースがあります。

歯並びの状態に関わらず幅広く使えるのは、ブラケット矯正とセラミックの被せものの矯正があります。

3.歯を動かす矯正治療では歯並びが良くなるまで時間がかかります

ブラケット矯正による歯並びの治療は、治療期間が長くかかります。

治療の間は器具装着のために口元の見た目が気になることがあるため、注意が必要となるでしょう。

セラミックを被せる場合には数ヶ月の治療で済ませることができると言われています。

4.歯並びの治療方法はメリットとデメリットの両面から考えましょう

歯並びの治療は、方法によってメリットとデメリットがあるため、十分にそれらを検討した上で自分が必要な条件を満たすものを選ぶことが必要です。

いずれの方法にもメリットだけではありません。

1272
Return Top