湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯や歯茎に隙間があると虫歯になりやすい?

歯や歯茎の間の隙間では細菌が増殖しやすいためそれが虫歯の原因になります


歯や歯茎の間に隙間があると食事のときにその隙間に食べものが挟まりやすくなります。

こまめな歯磨きで歯や歯茎の隙間まできれいにすることができていればいいのですが、隙間に食べかすが残ったままだとそれをエサにして口の中の細菌が増殖しやすくなります。

隙間で増えた細菌が歯を溶かして穴を開けるため、虫歯になりやすくなるといえます。

歯や歯茎に隙間があると口内歯垢や歯石ができやすいといえます

歯や歯茎に隙間がある歯並びの場合には、細菌の住み処となりやすい隙間があるためにそこで細菌が増殖しやすいといえます。

もともと歯並びが悪い場合には虫歯にならないよう歯磨きのときなどに注意が必要ですが、比較的歯並びが良い場合でも加齢などにより歯や歯茎の間に隙間ができることがあります。

加齢などにより歯茎が下がることからいつの間にかできている歯の隙間にも虫歯などの問題を生じさせる細菌が溜まりやすく、生じた隙間の手入れに慣れていないことから磨き残しなどが生じて虫歯が発生しやすくなります。

歯の隙間に細菌が溜まると白いネバネバした歯垢が発生します。

歯垢が歯磨きのときに落としきれず口内にずっと残っていると、唾液の影響で固まり歯石に変わってしまいます。

歯や歯茎の間にはこのように歯石ができやすく、歯石の中で細菌がさらに増殖しやすいといえます。

歯石は歯磨きで除去することができないので、一度できてしまうと口内の細菌の数が増える原因となり虫歯や歯周病などさまざまな問題が生じやすくなります。

虫歯は進行するとさまざまな健康被害の原因になります


虫歯は、歯についた歯垢のなかにいる細菌が酸をだすことで歯を溶かし穴を開ける病気です。

虫歯の進行が進むと歯の表面のエナメル質からその内側の象牙質、歯の奥にある神経にまで細菌が到達します。

やがて虫歯が神経にまで達するとかなりの痛みが発生しますが、神経が死んでしまうと痛みは感じなくなり、徐々に膿が溜まっていって歯茎が大きく腫れることもあります。

虫歯により神経が死んだときには、表面に見えている歯の部分もかなり被害を受けているため、抜歯を行うか歯に被せものを行う必要がでてきます。

歯が無くなってしまうほど進行が進んだ場合には噛み合わせが悪くなることもあるため、噛み合わせの悪さから頭痛や肩こりなどの問題が起きやすくなります。

また虫歯を放置していると細菌が副鼻腔に入り込んで副鼻腔炎にかかり、頭痛が発生したり口臭がひどくなったりする可能性もあります。

虫歯を起こしている細菌が血管に入ってしまった場合には、脳梗塞や心筋梗塞などの重大疾患を引き起こす可能性があるともいわれています。

虫歯が進行するまで放置しておくと健康上でさまざまな影響がでてくるため、早めに医師にかかるほうが安心といえます。

歯や歯茎の間の隙間をなくすことで虫歯にかかりにくくなります

歯や歯茎の間に隙間があることで口の中が不衛生になりやすく虫歯にかかる可能性が高くなってしまいます。

そのため、虫歯ができる不安を少なくするためには、歯や歯茎の隙間をなくすことが大切でしょう。

歯や歯茎の間の隙間には加齢により歯茎が下がって歯の根元が見えるようになる「ブラックトライアングル」などの症状があり、歯の根元に開いている隙間には、コンポジットレジンやラミネートベニア、セラミッククラウンなどの施術が適しているといえます。

コンポジットレジンは歯と歯茎の間に開いている隙間に白い詰め物をして隙間を埋める施術で、黒い隙間のある歯並びを自然な色の歯並びに改善することが期待できます。

ラミネートベニアは歯の表面を薄く0.5mmほど削ってセラミック(陶器製)の自然な歯に近く審美性の高い薄い板を貼り付ける施術です。

歯の根元から歯と歯の間にできている隙間まで改善することが期待できます。

歯や歯茎の間の隙間が大きい場合には、セラミッククラウン(陶器製の被せもの)の施術が適しています。

歯を削って被せものの土台を作り、土台の上に色や形を整えたセラミッククラウンを被せることで、気になる歯の隙間や色の改善も期待できます。

(まとめ)歯や歯茎に隙間があると虫歯になりやすい?

1.歯や歯茎の間の隙間では細菌が増殖しやすいためそれが虫歯の原因になります

歯や歯茎の間に隙間があると食べ物が挟まりやすく、歯磨きで隙間をきれいにできていない場合にはその食べかすをエサにして細菌が増殖しやすくなります。

細菌が歯に穴を開けるため虫歯になりやすくなるといえます。

2.歯や歯茎に隙間があると口内歯垢や歯石ができやすいといえます

歯や歯茎に隙間がある歯並びは加齢などで生じる場合があります。

気づかないうちにできてしまった隙間の清掃が十分にできていないと、歯垢や歯石が溜まりやすく原因となってしまうでしょう。

3.虫歯は進行するとさまざまな健康被害の原因になります

虫歯を放置しておいて進行が進むと歯を失うだけではありません。

噛み合わせの悪さから頭痛や肩こりになったり、副鼻腔炎や脳梗塞、心筋梗塞などの重大な疾患を引き起こしたりしてしまう可能性もあるのです。

4.歯や歯茎の間の隙間をなくすことで虫歯にかかりにくくなります

歯や歯茎の間に隙間があることで虫歯にかかる可能性が高くなってしまいます。

コンポジットレジンやラミネートベニア、セラミッククラウンなどの適した施術で隙間をなくすことで虫歯ができる不安を少なくすることができるでしょう。

765
Return Top