湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間は輪ゴムで改善できるの?

輪ゴムを使って歯の隙間を改善しようとするのは危険な方法と言えるでしょう


輪ゴムを歯にひっかけて、引っ張ると隙間がなくなるような気がしますが、この方法は歯や歯茎を傷つけるのでとても危険だとされています。

歯の隙間を治すには、専門の審美歯科でラミネートべニアや、セラミッククラウンなどの施術を受けたほうが良いと言えます。

また、あまり気にならないからと歯の隙間を放置すると、口腔内や体の健康は損なわれるので早めに歯科を受診しましょう。

歯の隙間を治すのに、輪ゴムを使うのは歯や歯茎、顎などを傷めるリスクがあります

歯医者で歯の隙間を治すのは、費用がかかるし通院が必要です。

そのため、歯と歯の隙間に輪ゴムをかけて、強く引っ張れば歯が動いて自力で隙間が埋まるのでは、と考える方もいるでしょう。

実際に輪ゴムの戻る力により、歯を引っ張ることで多少なりとも歯が移動する可能性はあるかもしれません。

しかし、実は強い力で歯を引っ張り隙間を埋めるという方法は、歯や歯茎、顎などに大きなダメージを与えるとても危険な手段だとされています。

もともと、歯に隙間が生じるのは複雑な要素が絡み合っているので、力任せに引っ張れば良いわけではないのです。

歯に隙間が生じる原因は、生まれつき歯が小さいもしくは形が悪い、顎の骨格と歯のバランスが合っていない、歯周病による歯茎の下降や指しゃぶりなどの癖などさまざまです。

歯が小さい場合は、輪ゴムで引っ張ることで一つの隙間を埋めても、また違う部位に隙間ができる場合もあります。

さらに、歯周病の場合は輪ゴムで歯に強い圧力がかかって歯が抜け落ちるリスクが高まります。

このように自己流で輪ゴムを使って歯の隙間改善を目指すと、取り返しのつかない、さらに悪い事態を招く可能性もあるのでやめましょう。

歯の隙間を埋めるには、審美歯科できちんと施術を受けましょう


輪ゴムを使った方法を含め、歯の隙間を自力でなくそうとするのは歯や歯茎など色々な部位を傷めることになります。

歯の隙間改善には、専門の歯科クリニックできちんと処置を受けることが大事です。

色々な処置法がありますが、前歯で隙間が比較的狭い場合は、ラミネートべニアという方法があります。

歯の表面をほんの少し削り、そこへセラミックで作ったネイルチップにような薄い人工歯を強力な接着剤でくっつけ、特殊な光で固定するという方法です。

セラミック製なので耐久性にも優れており、変色しにくい上にかなり自然な仕上がりになります。

歯を削る面積も狭い上に、施術も短時間で済むので、複数回の通院も不要となります。

また、奥歯や前歯でも比較的隙間が広い場合は、セラミッククラウンという施術が適しています。

天然歯を削って土台を作り、歯型をとってセラミック製の人工歯を作り、土台に被せて接着、固定するというものです。

人工歯の形状や色、大きさなどを周囲の歯に合わせて作れるので、審美性が高く、また劣化や変色しにくい、噛み合わせも合わせやすいといったメリットがあります。

歯の隙間でお悩みの方は、歯科クリニックで相談してみましょう。

歯と歯の間にできた隙間を治さないと、歯や体の健康に悪影響を及ぼします

歯と歯の隙間は特に前歯だと見た目の印象も良いとは言えませんが、さほど気にならなければ放置しても大丈夫だと思われがちです。

しかし、歯の隙間を治さないと口腔内や体にさまざまなリスクが生じるとされています。

まず、歯の隙間は食べかすが詰まりやすく、歯ブラシでも除去しにくいため汚れが溜まります。

すると細菌が繁殖して歯垢となり、虫歯ができます。

さらに、歯垢が唾液に含まれるカルシウムと結合して歯石となり、歯にこびりつきます。

歯茎へも歯周病菌が侵入して歯周病となり、歯茎がどんどん下がって悪化すると歯を失う可能性があります。

また、隙間があることで上下の歯の噛み合わせがズレて食べ物が十分に咀嚼できずに、消化不良を起こすことも考えられます。

そして、顎の筋肉や骨格に負担がかかって顎関節症や首や肩のコリ、頭痛などに悩まされる方もいます。

ほかにも特に前歯の隙間が広いと、しゃべる際に息が隙間から漏れて発音が不明瞭になり、聞き取られにくくなってしまう可能性もあるのです。

このようにすきっ歯は放置してもいいことはないので、早めに歯科クリニックを受診されることをおすすめします。

(まとめ)歯の隙間は輪ゴムで改善できるの?

1.輪ゴムを使って歯の隙間を改善しようとするのは危険な方法と言えるでしょう

輪ゴムが歯の隙間を改善するのは、歯や歯茎に大きな負荷がかかりとても危険だとされています。

きちんと治すには、やはり審美歯科でセラミッククラウンなどの施術を受ける必要があります。

2.歯の隙間を治すのに、輪ゴムを使うのは歯や歯茎、顎などを傷めるリスクがあります

輪ゴムを歯にひっかけて引っ張り、自力で歯の隙間を閉じようとするのは、歯の根元や歯茎などに大きな負担がかかります。

その結果、取り返しのつかないダメージを与えることになったり、根本的な解決にはならなかったりするためやめましょう。

3.歯の隙間を埋めるには、審美歯科できちんと施術を受けましょう

歯の隙間は自力で治そうとしないで、専門の歯科クリニックで診察を受け、適した施術を受けたほうが安心です。

歯の隙間を埋めるには、ラミネートべニアやセラミッククラウンなどの施術法があります。

4.歯と歯の間にできた隙間を治さないと、歯や体の健康に悪影響を及ぼします

歯と歯の隙間はそのまま放置すると、見た目に悪いだけでなく、虫歯や歯周病を発症し、口腔内の健康を損なうリスクが高まります。

さらに、噛み合わせのズレから咀嚼不足となり消化不良や、顎への負担がかかるので顎関節症などを招く可能性もあります。

428
Return Top