湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間を埋めるのに必要は費用はどの位?

歯の隙間を埋める施術には、費用は数万から場合によっては数十万円かかるのが一般的です


歯の隙間を埋めるのは、審美性を高めるための施術とみなされるので健康保険の対象から外れます。

医療費が自費なので数万円から、治す本数や多ければ数十万円の費用がかかる場合もあります。

ただ、虫歯処置を目的とすれば一部の施術で保険が適用されるので、もう少し費用が抑えられる可能性もあります。

ただ費用が高額になる場合は、分割払いやメディカルローンを利用できる場合もあります。

審美目的の歯の施術は、方法や治す歯の本数などで異なります

歯の隙間を治す処置の場合、見た目をきれいにするという審美目的になるので、施術には健康保険が適用となりません。

自費診療になるため、一般的に高額な費用の支払いが必要となります。

歯の隙間を埋める施術には色々な施術法があり、方法や治す歯の部位や本数などによって費用が違ってきます。

例えば、歯の表面を薄く削ってセラミックなどで作った薄い人工歯を張り付ける、前歯の隙間を埋めるのに適したラミネートべニアという施術法があります。

この場合、目安としては1本約3万~10万円前後もの費用がかかるとされています。

また、天然歯を削って芯を作り、そこへセラミック製の人工歯を被せるセラミッククラウンという施術法は、前歯や奥歯でも適用可能です。

この場合、目安として1本約4万~10万円の費用となりますが、土台や芯の除去や形成に別途費用が必要となる場合があります。

歯や歯茎の状態によっては抜歯や神経などが虫歯に侵されていた場合は歯根の処置なども必要なので、追加で費用がかかることも予想されます。

そして、審美歯科によって費用にも差があるので、施術を受けるなら予め費用も調べておくことをおすすめします。

虫歯処置が目的だと、費用が保険適用となる場合もあります


歯の隙間を埋めるための施術は、先述した通り健康保険対象外となるので、全て自費診療です。

しかし、虫歯の処置を目的とするダイレクトボンディングなら、歯の隙間を治す場合は保険適用となるケースもあります。

ダイレクトボンディングには、レジンという合成樹脂に、セラミックなどの鉱物の粉末や耐摩耗剤などを混合させたコンポジットレジンという素材を使います。

施術の手順としては、まず劣化した詰め物を外すなどして虫歯の部位を削り、消毒して歯の隙間の形を整え、型を取ります。

その後、歯型を基にして作ったコンポジットレジンを穴にはめ込んで、光線を当てて硬化させた後、滑らかにするという方法で隙間を埋めます。

コンポジットレジンは柔らかく加工のしやすい素材であるため、さまざまな隙間のケースに対して処置を行う事が可能です。

このダイレクトボンディングは保険適用外の施術の場合、目安として1本3万~5万円位の費用となります。

しかし、虫歯の処置が行われると保険適用となるので、数千円から1万円位になるのが一般的です。

一括払いが難しい場合は、分割やローンなどの方法もあります

審美歯科で歯の隙間を治すには、料金が高いとなるとなかなか足が向かないという方も多いでしょう。

確かに、歯を1本治すのに数万円かかることもありますし、場合によっては1本では済まず数本に及ぶと10万円以上となるので、経済的な負担も大きくなります。

ただ、金額も高く通院も面倒だからとそのまま放置すると、歯周病や虫歯がひどくなって最悪歯を失うことになったり、噛み合わせのズレから顎などへ負担がかかり顎関節症や肩こり、頭痛などを招いたりしてしまうリスクも生じます。

費用に関しては、審美歯科でもクレジットカードで分割払いやボーナス払いなどが可能な場合もあるので、一括払いが難しい方でも計画的な支払いが可能です。

また、メディカルローンを使えば月々無理のない金額での返済も可能です。

信販会社に申請をして、審査が通ればローンでの支払いもできます。

費用に関しても施術方法と同様に審美歯科で相談できるので、まずは歯の隙間が広がらないうちに、虫歯などが悪化しないうちに早めの診察を受けましょう。

(まとめ)歯の隙間を埋めるのに必要は費用はどの位?

1.歯の隙間を埋める施術には、費用は数万から場合によっては数十万円かかるのが一般的です

歯の隙間を埋める施術は審美目的なので、自費診療となるため費用は数万円から、高いと数十万円かかる場合もあります。

中には保険適用内の施術もごく一部ありますが、ほとんどが保険適用外となります。

2.審美目的の歯の施術は、方法や治す歯の本数などで異なります

歯の隙間改善となると、審美目的なので健康保険が適用されないので、通常の歯科処置よりも高額になってしまいます。

治す歯の本数や用いる施術などでかかる費用は異なりますが、数万円以上はかかるのが一般的です。

3.虫歯処置が目的だと、費用が保険適用となる場合もあります

審美目的ではなく、虫歯を治してできた隙間を埋める場合は、ダイレクトボンディングを使えば保険の適用内となります。

治す本数や歯科クリニックによって差がありますが、ダイレクトボンディングを保険適用内で行えば数千円で済む場合もあります。

4.一括払いが難しい場合は、分割やローンなどの方法もあります

審美目的の施術は保険適用外なので、費用が高くなり経済的な負担も重くなります。

しかし、クレジットカードでの分割払いやメディカルローンを適用している歯科医院なら、無理のない支払いができるので相談してみましょう。

853
Return Top