湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間を埋めるコンポジットレジンとは?

歯の隙間を埋めるコンポジットレジンは、合成樹脂に耐摩耗剤や鉱物の粉末を混ぜたものです


コンポジットレジンというのは、合成樹脂に耐摩耗剤などを混合させた素材です。

歯科クリニックでは、歯の欠損部や隙間などを埋めるために使われています。

コンポジットレジンの改良は年々進んでおり、近年では耐久性に優れた素材も使われるようになってきています。

また、歯の隙間を埋める方法としては、ほかにもセラミッククラウンなどの施術法があります。

通常のレジンの色や強度などを歯科用に改良したのが、コンポジットレジンです

歯の隙間を埋めるのに歯科医院で使用されているレジンというのは、合成樹脂のことです。

粘度が高くアクセサリーのパーツを接着するのに使われるクラフト素材としてよく知られています。

透明なのでどんな色にも着色しやすく、元は柔らかいですが、しばらく放置すると固まる性質があるので、加工しやすいのも特徴です。

歯科クリニックで用いられるコンポジットレジンは、強度を上げるために、通常のクラフト用レジンに耐摩耗剤や、ガラスやセラミックなどの鉱物の粉末であるフィラーを加えてあります。

また、歯の処置に使うもののため、より審美性の高い自然歯に近い風合いや色合いになっているという点も魅力的です。

コンポジットレジンには、特殊な光を照射すると固まるタイプと2種類のレジンを混ぜることで固まるタイプがあり、歯と歯の隙間の状態などによってどちらも歯科医院で用いられています。

ただ、含まれる成分の割合などによって種類はたくさんあるので、歯科医院によって強度や色合いなどにも違いがあるとされています。

コンポジットレジンは、歯の欠損や隙間を埋めるのに使われます


コンポジットレジンは、歯の処置において様々な使い方があります。

最も多いのが、比較的小さな虫歯の処置や歯の欠損部分、隙間を埋める処置です。

以前虫歯処置の際に詰めた銀歯などが数年経って劣化し、食事中にとれてしまったり、銀歯の下から虫歯ができて歯が痛くなったりしてしまうこともあります。

そのような場合に劣化した詰め物を除去し、虫歯の処置を行って新たにコンポジットレジンで塞ぐという施術がよく行われるでしょう。

流れとしては、詰め物などを取り除いて虫歯を削って除去した後消毒し、欠損部分や隙間の形を整えます。

さらにその部位の歯型を採取し、歯型を基にしてコンポジットレジンの詰め物を作ります。

歯の欠損部分や隙間に、できたコンポジットレジンを装着し、光線を当てるなどして硬め、表面を滑らかにして噛み合わせを調整すれば処置は終了となります。

コンポジットレジンは、虫歯処置目的なら保険適用内でできるので費用も比較的安く済み、かつ銀歯などに比べると審美性も高いという利点があります。

さらに、歯を削る部分が最小限に抑えられて施術期間も短いといった特徴もあります。

コンポジットレジンは耐久性も高まりつつある施術です

審美性にも優れているコンポジットレジンは、歯の欠損部分や隙間を手軽に埋められる施術法だと言えます。

柔らかくて加工しやすいという性質があるので、大きな穴から小さな隙間まで幅広い範囲で使えるという利点もあるのです。

また、色の種類も豊富なので周囲の歯に色を合わせることがある程度可能であり、より自然で見た目にもきれいな仕上がりが望めるとされています。

さらに、歯を削る量が必要最小限に抑えられる、施術の回数も少なくて済むという特徴もあります。

ただ、いくら耐摩耗剤などが加えられていると言っても、合成樹脂なので耐久性はあるのか、劣化しないのか気になるという方もいるでしょう。

確かに以前のコンポジットレジンは、劣化してしまったり変色が見られたりなどの耐久性に多少の問題があったとされていました。

しかし、年々材料や技術面での顕著な進歩が見られ研究改良が進められた結果、そのような問題はすでに解決されていると言われています。

コンポジットレジンは大きく改善がなされ、以前とは比べ物にならない位質の高い素材へと変化しており、耐久性における問題もクリアしつつあるのです。

(まとめ)歯の隙間を埋めるコンポジットレジンとは?

1.歯の隙間を埋めるコンポジットレジンは、合成樹脂に耐摩耗剤や鉱物の粉末を混ぜたものです

コンポジットレジンは、合成樹脂に耐摩耗剤などを加えた素材で、歯の隙間や欠損部を埋める施術で用いられています。

年々素材の改良が進められており、以前に比べると強度が優れたコンポジットレジンが用いられるようになってきています。

2.通常のレジンの色や強度などを歯科用に改良したのが、コンポジットレジンです

コンポジットレジンは、粘度が高く柔らかいので加工やすい、歯に近い色合いなどの特徴があります。

メーカーや製品によっても成分配合などが異なるので、歯科クリニックで用いるコンポジットレジンには一般的に違いがあります。

3.コンポジットレジンは、歯の欠損や隙間を埋めるのに使われます

コンポジットレジンは、銀歯などの詰め物の不具合による取り外しや、虫歯の処置などでできた隙間や穴を、きれいにしかもより自然な形で埋めるために歯科クリニックではよく使用されています。

虫歯処置目的なら、保険適用内で施術が受けられます。

4.コンポジットレジンは耐久性も高まりつつある施術です

コンポジットレジンは金属に比べると審美性が高く、柔らかくて加工しやすいためさまざまな状態に対して幅広く用いられています。

また、年々改良が進んでおり、以前に比べると耐久性も高くなってきているとされている施術なのです。

433
Return Top