湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯と歯茎の隙間は病気になりやすい?

歯と歯茎の隙間は汚れが落としにくいため病気にかかることがあります


歯と歯茎の隙間は構造上、歯ブラシの毛先が行き届きにくいので食べカスなどの汚れが落としづらく、病気を発症しやすいと言えます。

毎日歯磨きを欠かさずにしていたとしても、自己流のケアでは歯と歯茎の隙間の清掃が充分でないことがあります。

プラーク(歯垢)が日々堆積されることで細菌が増殖、活性化しやすい環境となり、さまざまな病気を引き起こすリスクが高まります。

歯と歯茎の隙間に汚れが溜まると歯肉炎のリスクが高まります

通常、健康な歯茎は引き締まっており、きれいな明るいピンク色をしています。

ところが不充分なブラッシングが原因で歯と歯茎の隙間にプラークが溜まると、歯の表面に細菌が付着してしまい、歯茎が炎症を起こしやすくなります。

歯茎の炎症がだんだんとひどくなるにつれて、下記のような症状が現れるようになります。

  • 赤く腫れている
  • 歯磨きをした時に出血することがある
  • 歯間乳頭(歯と歯の隙間にある三角形をした歯茎)に触れるとブヨブヨとしている

このような症状は全て歯肉炎によるものです。

歯肉炎で引き起こされるこれらの症状は歯茎のみに限られており、歯槽骨(歯の土台となる骨)への影響はまだありません。

歯肉炎による歯茎の腫れは1~2mm程度であることが多く、この段階では歯と歯茎の隙間の病気として認識されにくく、症状を軽く見てクリニックを受診しない方もいるようです。

しかし歯肉炎による歯茎の腫れですでに歯周ポケットが作られているので、さらに重い病気を招くリスクは高まっているため、油断は禁物です。

炎症が進むと今度は歯茎から出血しやすくなり、腫れもますますひどくなっていきます。

症状が続くようであれば、審美歯科などのクリニックを早めに受診した方が良いでしょう。

歯茎が急に腫れた時は応急処置をしましょう


歯茎が急に腫れてしまったけれど、すぐにクリニックを受診できない時は応急処置で症状を緩和しましょう。

なるべく早くクリニックを受診することが望ましいですが、万が一の時のために自分で対処する方法を知っておくと安心です。

対処法をいくつか紹介しましょう。

患部を冷やす

歯茎が腫れると鈍痛やズキズキした痛みが生じることがあります。

濡れタオルや氷のうなどで外から冷やすと、痛みを軽減するのに効果的です。

消炎・鎮痛剤を飲む

痛みが強い場合は市販の消炎・鎮痛剤などで少しでも痛みを軽減しましょう。

痛みを我慢し続けていると日常生活に影響を及ぼし兼ねません。

あくまでも対症療法になるので、薬の作用で痛みが消えたとしても後日クリニックを受診してください。

口の中の消毒

うがい薬は喉の殺菌だけでなく、歯茎の殺菌にも効果が期待できるので、うがい薬で消毒をしましょう。

マウスウォッシュは腫れを刺激しやすいため、必ず市販のうがい薬を使用します。

休息をとる

歯茎の腫れは疲れやストレスが溜まっていて、体調が悪い時に起こりやすいです。

体調が優れない時は抵抗力が落ちているので、細菌が増殖して悪化することがあります。

そのため、しっかりと体を休めて、体力を回復することも重要です。

セルフケアを続けることで歯茎のトラブルを防ぎましょう

歯肉炎は症状が進むと、歯槽膿漏を引き起こすことがあります。

ここまで症状が悪化してしまうと、クリニックでの大がかりな施術が必要になってきます。

歯と歯茎の健康も維持していくためにも、日頃から適切なセルフケアを継続していきましょう。

歯と歯茎の隙間のケア

口内には多くの細菌がいますが、特に歯と歯茎の隙間にはプラークが溜まりやすく、細菌が増えやすい環境です。

歯茎の腫れが頻繁に起こる場合は、歯と歯茎の隙間を意識したブラッシングを行いましょう。

歯ブラシを見直すことも大切

人によって使いやすい歯ブラシは異なりますが、歯ブラシを選ぶ際は歯を1本ずつ磨きやすいものにしてみましょう。

ヘッドが小ぶりで、毛先の柔らかい歯ブラシがおすすめです。

医師に正しいブラッシングの方法や、歯ブラシの選び方について尋ねてみるのも良いでしょう。

(まとめ)歯と歯茎の隙間は病気になりやすい?

1.歯と歯茎の隙間は汚れが落としにくいため病気にかかることがあります

歯と歯茎の隙間は歯ブラシの毛先が行き届きにくいため、清掃が充分できないことがあります。

プラークが溜まり続けることで細菌が増殖・活性化し、さまざまな病気を引き起こしやすくなります。

2.歯と歯茎の隙間に汚れが溜まると歯肉炎のリスクが高まります

不充分なブラッシングが原因で歯と歯茎の隙間にプラークが溜まると、歯の表面に細菌が付着して歯茎が炎症を起こしやすくなります。

ブラッシングやうがいなどではケアが行き届かないため、審美歯科などのクリニックを早めに受診することをおすすめします。

3.歯茎が急に腫れた時は応急処置をしましょう

すぐにクリニックを受診できない時に歯茎が腫れや痛みが出てしまったら、応急処置で対処しましょう。

患部の冷却、消炎・鎮痛剤の服用、口内の消毒、休養が歯茎の腫れと痛みに効果的です。

4.セルフケアを続けることで歯茎のトラブルを防ぎましょう

歯肉炎は症状が進むと、歯槽膿漏を引き起こすことがあるため、セルフケアを続けることが大切です。

適切なケアをするためにも、医師にブラッシングの方法や、歯ブラシの選び方について尋ねてみると良いでしょう。

701
Return Top