湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯と歯の隙間には虫歯ができやすい?

歯と歯の隙間は虫歯ができやすい場所のひとつです


虫歯ができやすいと言われる場所は複数ありますが、歯ブラシが届きにくい奥歯や歯と歯の隙間が特に虫歯ができやすいと考えられています。

厚生労働省の歯科疾患実態調査では成人の90%以上に何らかの虫歯があり、40歳以上ではさらに虫歯の数が増えているとされています。

大人の虫歯は進行が早く、気がつきにくいという特徴があり、歯の痛みなどでクリニックを訪れた時には、すでに悪化しているケースが少なくありません。

大人の虫歯を防ぐには定期的にクリニックで検診を受け、予防方法について知識を深めることが大切です。

大人の虫歯には子どもの虫歯にはない特徴があります

細菌の塊であるプラーク(歯垢)がたまりやすい歯と歯の隙間などに虫歯はできやすくなります。

虫歯は口内の細菌が糖質をエサとして酸を作り、その酸が歯のエナメル質を溶かすことで歯の健康を損ないます。

この点においては子どもと大人の虫歯に共通しますが、それに加えて大人の虫歯には大きな特徴があります。

大人の虫歯は加齢や歯周病によって歯茎が後退し、露出した歯根部分に細菌が付着しやすくなります。

歯根はエナメル質より柔らかい象牙質でできているので、虫歯が発生しやすいうえに進行が早い傾向があります。

また、奥歯の歯根は自分では確認しづらいため、気づいた時には虫歯の症状が進行していることも少なくありません。

さらに大人の虫歯の場合、過去の施術で詰め物や被せ物をしている歯が多いことも原因になっています。

詰め物の内部に虫歯が発生すると、自覚症状ないまま歯の奥深くにまで虫歯が達し、抜歯など大がかりな施術が必要になることがあります。

神経を抜いた歯がある場合は痛みを感じにくいため、ますます発見が遅れがちです。

虫歯は初期で発見できれば症状も軽く、ごく簡単な施術で済むことも多いです。

大切な歯を守るためにも2~3ヶ月に一度はクリニックを受診し、虫歯のチェックをしてもらうと良いでしょう。

大人の虫歯予防に有効な歯磨きをマスターしましょう


虫歯予防のために大切なのは、正しい歯磨きをきちんと身につけることです。

大人の虫歯を防ぐためにも、まずは正しい歯磨きの方法について学んでおきましょう。

食後30分以内の歯磨きを心がける

細菌に酸を作らせないためには、食後30分以内に歯を磨くことが大切です。

特に細菌が繁殖しやすい奥歯や、歯と歯の隙間は意識的にきちんと磨くようにしましょう。

毛先の細い歯ブラシを使い、小きざみに動かすと歯茎を傷つけません。

就寝前に必ず歯磨きをする

細菌が最も繁殖しやすい時間帯は睡眠中であると言われています。

そのため歯磨きをしないで寝ると、起床時には細菌が数十倍にも増えることになります。

就寝前の歯磨きは時間をかけ、丁寧に磨くことを心がけましょう。

フッ化物配合の歯磨き剤を使用する

虫歯予防にはフッ化物配合の歯磨き剤が効果的です。

即効性はないものの歯質を強くする作用があり、虫歯になりやすい方に適しています。

より詳しい歯磨きのやり方については、医師に相談して指導してもらうと良いでしょう。

歯の健康を維持するための啓蒙活動があります

日本歯科医師会では歯の健康を保持、増進することを目的として、8020運動を行っています。

虫歯を防ぐためには個人の自覚が大事であるとし、歯磨きなど毎日のケアと併せて、歯科専門のクリニックで定期的な衛生指導を受けることを推奨しています。

歯を失う原因となる虫歯を早い段階で発見し、早期に施術を受けるためには、気軽に相談に乗ってくれるかかりつけクリニックを持つべきであるという考えからです。

日常生活を送るためには「食べる」、「会話をする」というごく当たり前でありながらも、生きるうえで欠かせない営みを守ることが大切です。

このように8020運動では、歯科医療を「生きる力を支える生活の医療」であるとしています。

定期的に歯の検診を受け、歯を失う原因となる虫歯を早期に発見し、施術を受けるという心がけが求められています。

(まとめ)歯と歯の隙間には虫歯ができやすい?

1.歯と歯の隙間は虫歯ができやすい場所のひとつです

歯ブラシが届きにくい奥歯や歯と歯の隙間が特に虫歯ができやすい場所であると言われています。

大人の虫歯は進行が早く、気がつきにくいという特徴があるため、クリニックで定期的に検診を受けることが必要です。

2.大人の虫歯には子どもの虫歯にはない特徴があります

大人の虫歯には大きな特徴がふたつあります。

ひとつめは加齢や歯周病によって歯茎が後退し、歯根部分に付着した細菌によって虫歯を発症しやすくなることです。

ふたつめは詰め物や被せ物をした歯に虫歯が発生し、気づかないうちに症状が進んでしまうことです。

3.大人の虫歯予防に有効な歯磨きをマスターしましょう

歯磨きはフッ化物配合の歯磨き剤を使って食後30分以内に行い、特に就寝前に丁寧に磨くことで虫歯予防に繋がります。

大人の虫歯を防ぐためには医師に相談し、正しい歯磨きのやり方を身につけることが大切です。

4.歯の健康を維持するための啓蒙活動があります

日本歯科医師会では8020運動と称し、歯磨きなどのセルフケアと併せて、クリニックで衛生指導を受けることを推奨しています。

定期的に検診を受け、歯を失う原因となる虫歯を早期に発見し、生きるうえで欠かせない営みを守ることを心がけましょう。

262
Return Top