湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間が大きい場合の治し方とは?

歯の隙間が大きい場合は、セラミッククラウンが良いとされています


審美歯科では、大きくなった歯の隙間を埋めるための色々な施術法があります。

中でも、セラミッククラウンは見た目にも自然な仕上がりできれいだとされています。

セラミック製の人工歯を自分の歯に被せるという方法ですが、効率よく隙間が改善できて、丈夫で劣化しにくいのも特徴です。

歯の隙間は加齢や歯周病などの原因で徐々に大きくなり、口腔内や体の健康を損なうリスクもあるので、改善する必要があると言えます。

セラミッククラウンは、丈夫で耐久性があり、審美性にも優れた隙間を埋めるための施術法です

歯と歯の隙間が大きいと、特に前歯の場合は目立ちやすく、見た目にも良い印象をもたれない傾向にあります。

そんな隙間を埋めて、歯並びをきれいに整えるためにはセラミッククラウンという施術法が良いとされています。

セラミッククラウンは、自分の歯の根元を残して削り、セラミックの人工歯を作成し、土台に被せて噛み合わせなどを調整するという施術法です。

歯の根が十分残っていない場合は、合成樹脂などで作られた人工の土台を使うこともあります。

また、人工歯は形状や大きさ、色に至るまで希望通りになるので仕上がりも自然に近い感じになります。

大きい隙間もきれいに埋められる上に、セラミックは他の素材に比べると丈夫で耐久性にも優れ、劣化しにくいという特徴もあります。

そして、セラミッククラウンにはセラミックのベースにセラミックを焼き付けるオールセラミックや、人工ダイヤであるジルコニアのベースにセラミックを焼き付けるジルコニアセラミックなど色々な方法があります。

審美性や耐久性、奥歯や前歯などの適応部位などにも多少違いがあり、費用も異なってくるので特徴を知った上で、クリニックで相談してみましょう。

歯の隙間が大きくなるのは、加齢や歯周病などが要因とされています


歯の隙間が以前よりも大きく感じるのは、加齢による歯茎の衰えも原因の一つとされています。

歯茎にはコラーゲンが多く含まれますが、年齢と共にコラーゲンは減ってしまうので歯茎の弾力が失われ、下に下がることで歯の隙間が大きくなってしまうのです。

さらに、歯と歯の間に詰まった食べかすが、歯磨きでしっかり除去できていないとそれをエサにして細菌が繁殖し、歯垢を作ります。

歯垢には歯周病菌も含まれており、歯茎と歯の間の歯周ポケットに溜まり、歯茎を下げるので隙間が広がります。

また、硬い歯ブラシを使って強い力で歯を磨いていると、歯茎が傷ついて下がり、歯と歯の隙間が大きくなる要因となるのです。

ほかにも、重たいものを運んだり引っ張ったりする際に歯を強く噛みしめる癖や、寝ている間の歯ぎしりなどは、歯や歯茎の圧力が継続してかかるため、歯が自然に動いて隙間が生じ、どんどん大きくなる場合もあります。

そして、虫歯の施術で歯を削り、詰め物をした場合噛み合わせが以前とは変わってしまうと、噛みやすい位置に歯が移動することで隙間が大きくなるケースもあるでしょう。

歯の隙間を大きくしないためには、正しい口腔ケアや歯周病ケアが大事です

歯の隙間を大きくしないためには、毎日歯磨きを正しい方法で行うことが大事です。

まず、柔らか目の毛先でヘッドが小さい歯ブラシを使い、小刻みに動かして力を入れすぎず、優しく歯磨きを行うようにしましょう。

歯と歯の間は食べかすが詰まりやすいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかり汚れを除去する必要もあります。

また、歯茎が下がって隙間が広がり、歯が長く見えたり、歯茎の出血や腫れなどが気になったりする場合は歯周病にかかっている可能性があります。

軽度の場合は、歯周病対策用の歯磨き粉を使い丁寧にブラッシングをすれば収まることもあります。

もし、改善されない場合はクリニックを受診して、歯のクリーニングや歯周病対策ケアを受けましょう。

歯垢が唾液に含まれたカルシウムと結合して石灰化し、硬くなった歯石が付着するとセルフケアで除去するのはかなり難しいと言えます。

クリニックで専用器具を使って、プロの手でしっかり除去してもらい、歯周病菌を殺菌するケアを受けることで下がった歯茎を改善してみましょう。

(まとめ)歯の隙間が大きい場合の治し方とは?

1.歯の隙間が大きい場合は、セラミッククラウンが良いとされています

歯の隙間を改善するには、セラミック製の人工歯をはめ込むセラミッククラウンが見た目にもきれいに効果的だとされています。

加齢や生活習慣などにより歯の隙間は広がっていくので、早めに改善することをおすすめします。

2.セラミッククラウンは、丈夫で耐久性があり、審美性にも優れた隙間を埋めるための施術法です

歯の隙間をきれいに埋めるには、セラミック製の人工歯を削った自分の歯に被せるセラミッククラウンが良いとされています。

セラミッククラウンには、様々な種類があるのでそれぞれの特徴を知って、ベストなものを選びましょう。

3.歯の隙間が大きくなるのは、加齢や歯周病などが要因とされています

加齢や歯周病、間違った歯磨きによる歯茎へのダメージが原因で、歯の隙間が前と比べると大きく広がることがあります。

さらに、歯を食いしばる癖や虫歯処置の際の被せものによる不具合などが原因で隙間が大きくなってしまう場合もあるのです。

4.歯の隙間を大きくしないためには、正しい口腔ケアや歯周病ケアが大事です

歯の隙間を埋めても、また隙間ができる可能性があるのできちんと正しい口腔ケアを続けることが大事です。

また、定期的にクリニックで歯のクリーニングと歯茎、歯のチェックを行えば口腔内の健康が保てます。

424
Return Top