湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間掃除を上手に行うには?

歯の隙間掃除は、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使うときれいにできます


歯の隙間に溜まった汚れは、歯ブラシではなかなか届かず残ってしまいがちです。

そのため、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使うことで、隙間に入った落としにくい食べかすなどをきれいに掃除することができます。

ただ、細菌の塊である歯垢が石灰化して固まった歯石が隙間に付着すると、セルフケアでは落とすのは困難です。

専門のクリニックで、定期的に歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

デンタルフロスや歯間ブラシを正しく使って、こまめに隙間掃除をしましょう

毎食後に歯磨きをしても、歯と歯の隙間に溜まった食べかすをきれいに掃除するのは難しいものです。

歯の隙間掃除には、デンタルフロスや歯間ブラシを使うのが効果的です。

歯間ブラシは歯の隙間が広い部位に、デンタルフロスは歯の隙間が狭い部位に適しています。

歯間ブラシは隙間の広さに合ったものを選ぶ必要がありますが、まずは細めのタイプを使ってみましょう。

また、I字型ものは前歯用にL字型のものは奥歯用に、と形状ごとに使い分けると汚れが落としやすくなります。

歯と歯の間に入れて前後やゆっくり往復させ、歯茎を傷つけないように注意して使います。

そして、デンタルフロスには持ち手付きタイプと、糸巻きタイプがあるので使いやすいほうを選びましょう。

糸巻きタイプは、30㎝位でカットして両サイドを中指で巻き付けて、親指と人差し指で糸をつまみ、優しく歯と歯の間に差し込んで使います。

デンタルフロスも、歯の隙間に入れたフロスを前後に優しく動かしながら、上下にも移動させて汚れを擦り落とします。

歯間ブラシやデンタルフロスを使っていて、歯茎から出血するのは歯茎が炎症を起こしている可能性があります。

そのまま使い続けて収まれば良いのですが、あまりに続くようならクリニックの受診も検討してみましょう。

歯石の除去には、クリニックで定期的に歯のクリーニングを受けましょう


歯と歯の隙間掃除を行っても、食べかすや細菌の塊である歯垢などが除去しきれない場合もあります。

さらに、歯垢が口腔内のカルシウムなどと結びついて石灰化し、カチコチになってしまった歯石が付着すると、もはや自力では落とせないレベルになります。

歯の汚れをきちんと落とし、さらに歯や歯茎の状態をチェックしてもらうためにも、定期的に専門のクリニックで歯のクリーニングを受けたほうが良いでしょう。

歯のクリーニングは、専用の器具を使って歯の隙間についた汚れを除去しながら、水で洗い流して掃除します。

さらに、歯茎の中の見えない部分にこびりついた歯石を擦り落としていきます。

また、歯の裏側などに付着したステインと呼ばれる着色汚れもきれいに落とし、最後に電動ブラシや研磨剤を使って、仕上げを行います。

最後に消毒をして終了というような流れになっています。

歯のクリーニング後は口臭がなくなったり、歯の表面がつるつるになって口の中がすっきりとしたりするでしょう。

さらに定期的に歯や歯茎の点検をしてもらうことで、歯周病や虫歯、詰め物の不具合などが早期に発見でき、ケアしてもらえるので口腔内の健康が保てるというメリットがあるのです。

歯の隙間汚れを放置すると、歯周病や虫歯などの原因となります

そんなに気にならないから大丈夫と歯の隙間汚れを放置すると、口腔内や体の健康が損なわれるリスクが高まります。

歯の隙間に溜まった食べかすをエサに、細菌が繁殖して歯垢となってどんどん蓄積していきます。

やがて、細菌が石灰化して歯石となると、周囲の歯や歯茎に細菌が繁殖していくのです。

細菌の中には、虫歯菌や歯周病菌なども含まれているため、虫歯や歯周病が知らないうちに悪化することがあります。

歯が溶かされて痛み、神経までダメージを受けることもあります。

すると、歯茎から出血したり、膿んで口臭がきつくなったり、歯茎が侵されて歯がぐらつき、最悪歯を失う可能性もあるのです。

また、歯周病の炎症により生成されるサイトカインという物質の一部が、血管を通じて体内に入り込み、インスリンの作用を妨げることもあるので糖尿病を悪化させるリスクが高まります。

さらに、血管内の細菌が塊を作り、血流を妨げることで心疾患を発症する可能性もあるとされています。

このように歯の隙間掃除ができず、歯垢や歯石を放置すると最悪命に関わる場合もありますから、しっかりとケアすることが大事と言えるでしょう。

(まとめ)歯の隙間掃除を上手に行うには?

1.歯の隙間掃除は、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使うときれいにできます

歯の隙間汚れは歯ブラシのみでしっかり落とすことは難しいので、デンタルフロスや歯間ブラシなどを併用するのが効果的です。

セルフケアでは落としにくい歯石汚れなどは、クリニックで歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

2.デンタルフロスや歯間ブラシを正しく使って、こまめに隙間掃除をしましょう

デンタルフロスや歯間ブラシは、大きさや形状など種類がいくつかあるので自分の歯に合ったものを選びましょう。

力を入れてこすったり、無理に隙間に入れ込んだりすると歯茎を傷つけるので気を付けて正しく使うことが大事です。

3.歯石の除去には、クリニックで定期的に歯のクリーニングを受けましょう

歯医者で歯のクリーニングを受ければ、硬くなった歯石などのセルフケアでは落としきれない歯の隙間汚れもきれいになります。

また、歯や歯茎の状態のチェックもしてもらえるので、虫歯や歯周病が早期発見、ケアできるというメリットもあります。

4.歯の隙間汚れを放置すると、歯周病や虫歯などの原因となります

歯の隙間は汚れが溜まりやすく、歯垢や歯石が付着して歯周病や虫歯を招きます。

さらに、歯周病菌が血液を通じて体内を巡ることもあるので、インスリンの働きを阻害したり、心疾患を発症するリスクも高まります。

793
Return Top